データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【フォーマットした外付けハードディスクのデータを復元】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


フォーマットした外付けハードディスクのデータを復元
外付け用に使っているリムーバブル・ハードディスクなどに
誤ってフォーマットをかけてボリュームを初期化してしまった場合には、
どうすれば消えたデータを元に戻せる?という疑問について。

ディスクのフォーマット

例えばWindowsのパソコンなどに専用の外付けカートリッジを通して
USBでの接続をした時に、

「フォーマットしますか?」といったメッセージが出てきて
うっかりよくわからずに勢いで「はい」や「OK」を選んでしまい、
ドライブをリセットしてしまうミスなどがよく起こりえます。

また、エクスプローラーやディスク管理の画面で間違えて
別のドライブを選択してしまった、というトラブルもありますね。

ですが、HDDがフォーマッティングで区分けし直された直後の段階であれば、
まだ『表示上ではファイルが見えなくなっているだけ』で、
セクタにあるデータの消去はまだ完全には実行されていない状態です。

残った「痕跡」からサルベージする形で元に戻せる見込みが十分にあります。



[作業前の注意点]

「フォーマッティング」とはデータ記憶メディアを初期状態に戻す事なのですが、
正確には記録形式の再構成が行われた「初期化済みディスク」(formatted disk)
として新たに区分けした状態に変更されます。

例えばWindowsの場合はプロパティ画面にある
「クイックフォーマット」をはじめとする、
「初期化」(イニシャライズ・initialization)の動作を実行するための
「フォーマッタ」(formatter)の標準機能などで処理が行われます。

外付けハードディスクや単品の二次記憶装置の製品を購入する前の
まだ一回もフォーマットがされていないブランクディスクの状態ではなく、

初期化の作業を行ったオペレーティングシステムに合わせたフォーマットに
データの初期設定になる書き換えが、一回以上行われている状態になります。

※なので、Windowsパソコン以外のコンピューターのシステムを使って
 外付けハードディスクの初期化を行った場合、
 その機器に対応された互換性のないフォーマットに変わってしまい
 Windowsで正常に読み込めなくなる、といった可能性もあります。

その場合は、専門のデータ復旧サービス業者の方で診てもらってください。

新しくセクタを作成する物理フォーマットよりも
新しくファイルシステムを作成する論理フォーマットの事例がほとんどなので、
こちらの参考例ではそちらの状況からの救出の手順について、説明を記述します。




こちらのページの一例では、株式会社インターコムから販売されている
Superファイル復活4」のデータ復元ソフトウェアを使って復旧する方法を
手順に沿って解説していきます。

Superファイル復活4

まず、誤ってクイックフォーマットした外付けハードディスクを
外付けHDDケースかUSB変換ユニットに取り付けます。

外付けHDD

またはデスクトップパソコンをお持ちであれば、
PCケースを開けて、余ったドライブベイに増設する形でも良いです。

※一応エクスプローラーなどでHDDを読み込みできるかどうか、
 フォルダーの画面を開いて確認します。

※新しいファイルを一回でもディスクに書き込みすると
 上書きされて痕跡がどんどん消えていくので、
 復元作業の前にデータを保存しないように注意してください。



「Superファイル復活4」を起動します。

最初の画面で右側にある「ドライブスキャン」をマウスで選択して
「次へ」を押して進みます。

Windowsに現在認識されているドライブの型番とアルファベットが
デバイスのラベル一覧に表示されます。

その中からデータを復活させたいドライブを選択して、「次へ」を押します。

「標準ドライブスキャン(推奨)」を選択して、「開始」を押すと
消失したパーティションとファイルの検出の作業が始まります。

しばらく待つと後ろに出ている大きな方のサイズの画面に
データアクセスの結果が表示されます。

(ハードディスクの場合、OSをインストールして使っていた物は
 大量のファイルが入っていたために 数時間ほど時間がかかります。)


「検索が完了しました。」とメッセージが出たら「OK」を押します。

痕跡からサルベージができた大量のファイルがスキャン結果に表示されます。

画面の左のサイドバーの上部にある「ファイルの種類」を選ぶと、
それぞれの拡張子おきに区分けして出てきます。

例えば「JPG」の項目をクリックすると、
右側のプレビューの枠にjpgファイルの一覧リストが表示されます。

「フォルダー」のタブの方を開いて「NTFS類似パーティション」などの
項目の「+」のマークを開くと、
前にインストールしていたWindows XPや7などの構成のフォルダーが
ほぼそのままの形で一覧に表示されます。

これらのどれかの子ディレクトリを選択すると、
フォルダの中にあったファイルが
同じように右側のウィンドウに一覧として出てきます。

これらの中から復活させたいファイルに順にチェックを入れて選択します。

(フォルダ名のすぐ左にあるボックスに四角い緑の印が入った状態にすると、
フォルダの中にあるファイルがすべて選択されます。

最初はすべてのフォルダが選択された状態なので、
HDDを完全に丸ごと復旧させずに個別のファイルのみを修復したい時は、
一番上の階層の親ディレクトリのチェックを先に外して、
それからフォルダごとにそれぞれのファイルを選んでいきます。)


次に、ウィンドウの上の方にある「ファイルの復活」のボタンを押します。

「~個のファイルを復活します。(合計サイズ~KB)」というバルーンの
「復活先」の入力欄で「参照」ボタンを押して、
別のデータ記憶メディア内のフォルダを選択して、「OK」を押します。

「ファイルを復活しました」と表示されますので、
概要の状況を確認して、「OK」を押します。



保存先の場所をエクスプローラーで開いてみると、
新しく「ハードディスク2」→「NTFS類似パーティション」といったフォルダが
できています。

NTFS類似パーティション

それを開いて、データが復元できた状態で内部に入っているか確認します。

ここでまた注意点なのですが、プレビューアイコンが映っていないファイルは
「ファイルが破損しているか、大きすぎる可能性があります。」と表示されて
正常に痕跡から復元できなかったために開けない場合があります。

ファイルが破損

スキャンに引っかかって検出できたファイルが必ずしも全て復元できるとは限らず、
失敗してしまうものも少なくないのであらかじめご了解ください。


もっとさらに確実に消えたファイルを取り戻したい、という際には、
全国各地のプロの「データ復旧業者」の方に注文をして、
外付けハードディスクを出して診断してもらわれる事をおすすめします。

 






初期化・フォーマット後 | フォーマット
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-998.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.