データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【自動バックアップに失敗する原因の設定ミス】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


自動バックアップに失敗する原因の設定ミス
コンピューター上で取り扱う電子データの代替の分をコピーする
バックアップ」(backup)による予備分のファイルの保管は、
パソコンを日々、取り扱う上でも非常に大切な作業になります。


不慮の事故に対応できるように定期的に手動で外付けハードディスクに
コピー&ペーストやドラッグ&ドロップでデータを複製する方法や、

OSの標準機能やデータベースサーバーの保護機能、市販の専用のユーティリティーを使った、
前回の更新処理の時の差分のみを保存したり、一定期間おきの指定時間ごとに
外付けの記憶装置に書き足す「自動更新バックアップ」などの手法があります。


しかし、この自動バックアップの設定を正しく行っていないと、
正確にデータが指定先のディレクトリに分配できずに保存されないケースが出てきます。

その事に気づかないまま放置された状態が続くと、
いつか突然、ファイルの喪失やHDDの故障、メモリーカードの紛失などの
トラブルが起きて、データを失ってしまうおそれもあります。

そういった事態を防ぐために、よくある設定ミスのパターンと
その原因・対処法について、解説していきます。



・まず、Windowsのオペレーティングシステムに標準で搭載された
 「システムの復元」や「Windows7ファイルの回復」「ファイル履歴」
 Mac OS Xの「Time Machine」、Ubuntuの「自動バックアップ」といった
 システム機能では主に、外付けHDDやRAIDなどにデータの保存を設定します。

 内蔵ハードディスクの分割した別のパーティションでは
 もしもドライブ本体が故障した場合、両方とも開けなくなるためなのですが、

 外部のHDDの場合、今度は自動バックアップを行う時は必ず
 ケースの「電源スイッチをオン」にして、
 パソコンにリムーバブルディスクとして接続している事が必須です。


 外付けHDDやRAIDをUSBコードをUSBコネクタから抜いていたり、
 しばらく電源スイッチをオフにして起動させていなかったら、

 「バックアップをしたと思っていたら実はできていなかった」
 という事態になりかねず、前回の更新バックアップの日時が数か月前のままで、
 その間にコンピューターに蓄積した新しいデータが自動的に保存されません。


・逆に、外部の記憶装置を接続している間に、
 自動バックアップシステムの設定が「オフ」や「無効」になっていたり、
 正確な初期設定ができていないと、データが自動的に保存されません。

オフ状態

 さらに、自動バックアップの保存先として使う外付け記憶装置が
 パソコンに正常に認識されていないと、データの自動書き込みもできません。

 Mac OS Xでフォーマットしていた記憶装置が
 Windowsでは正常に読み込めていなかった、といった事もありうるので、

 必ず先に、Windoesのエクスプローラーの画面や
 Mac OS XのFinder(マイファイル)でドライブが表示されていて、
 中身のフォルダもしっかりと開けるかどうかを確認してください。




・次に、指定された差分更新の時間が来て、「バックアップが進行中です…」といった
 メッセージが出ている状態でファイルの自動的な書き込みが行われている間に、

 途中でパソコンを「スリープ」にして止めると
 バックアップの作業が途中で止まって指示が無効になるおそれがあります。

バックアップ進行中

 同様に、ネットワークOSからクライアント側のあソコンのフォルダーに受信・送信される
 ファイルの書き込みの作業が最後まで作業が完了しないうちに
 シャットダウン(システム終了)や再起動、ログオフ、スリープをしないよう注意してください。

 インターフェース上で手動により大量のデータを選んで外付けHDDなどに複製する時も
 同じく、十分に待機時間の空いている時間帯を選んで、実行中はしばらく待機して行います。

 タスクバーにコントロールパネルをピン止めすればウィンドウを何度も表示して確認しなくても
 緑色のゲージなどで動作の進行度がすぐにチェックできます。

ゲージの表示



・たまに実行中に選択画面や小さなエラー画面が出てくる事があるのですが、
 ここで「キャンセル」や「スキップ」を選択して進めていると、
 一部のファイルが飛ばされて書き込まれない、という原因もあります。

 もし一部のファイルを除外して実行しなければ先に進めない時は、
 後でその分だけ、必要なデータを別に手動でバックアップします。



・外部の「クラウドサービス」にオンラインでデータを転送させる場合も、
 初期設定をする時に意外と多いミスで、
 マニュアル通りに正確に指定がしきれずに 結果として、
 自動バックアップが「無効」になっている事による原因も多いです。

 またオンラインストレージサービスの性質上、
 一部の種類のファイルや領域が保存の対象外になる場合もあります。

 なので必ず、クラウドサービスのディレクトリをインターネットから開いて
 しっかりとデータの転送が行われているか、一度は確認する事が重要です。



・小型のコンピューター端末でのバックアップ設定でも、
 SDカードにデータがバックアップできていないトラブルがよく起こります。

 「メモリーカードに自動的に保存が行われるものだと思っていたら
 本体の内蔵フラッシュメモリのみにしか保存されていなかった。」


 というミスが多いので、専用アプリをインストールして行ったり、
 手動で実行しなければならない部分を、しっかりと把握してください。



「RAIDシステム」や「記憶域プール」を構築して使っている場合、
 ハードディスクと取り換えてリビルドしたりRAID方式を再構築したりする時に、
 ドライブのフォーマットや設定の崩壊などのミスがないよう慎重に作業を行ってください。



・なお、最大容量の低いDVD-RやDVD-RW、MO、SDカード、ストリーマなどの
 記憶メディアに限界ギリギリの大容量のデータのコピーを行おうとすると、
 稀に途中で失敗したり、完全にコピーしきれないおそれもあります。

 空き容量には十分に余裕を持った製品を使われた方が安全です。



・かなり古くて長く使っているUSBメモリなどのハードウェアでは、
 何年もの長期間、コンピューターに接続せずに稼働されていないと、
 電子が自然に抜けてデータが消えてしまうケースもあります。

 時間の経過で内部に湿気や静電気が溜まり故障するおそれもあるので、
 外付けの記憶装置も定期的にパソコンに接続してファイルの書き込みを行う事も大切です。



消えたデータの復元の方法は、どのような原因で失われたかによって
異なります。(詳しくは他の各カテゴリーページを参照。)

最初からデータのそのものが存在していなかった場合は難しいのですが、
元々あったファイルを削除したり、読み込めなくなっただけでしたら、

専門のデータ復旧サービス業者に依頼をして、ファイルの修復や
壊れた記憶装置からの取り出し作業を行ってもらう事をおすすめします。

 






バックアップ保存の手順 | ハードディスクバックアップ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-996.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.