データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【終了するメールサービスの受信箱のデータを転送してバックアップ】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


終了するメールサービスの受信箱のデータを転送してバックアップ
近年、livedoorメールやau-oneメール、gooメールといった
多くのポータルサービスでこれまでに提供されていたメールサービス
提供を終了していったり、有料版のみにシフトされていく事になりました。

インターネット上の数多くのポータルサービスで実施されている「電子メール」は、
メールシステム(mail system)などを導入してデータを管理しているプロバイダーサービスで
運用されている「メール・サーバー」(mail server)の中に保管されています。

自宅のパソコンのHDDの中ではなく外部サーバーのディレクトリに保存してあるため、そのサービスが
終了すると、基本的に今までに通信で取得していた「受信ボックス」や「送信ボックス」、
「下書きフォルダ」の中のメールはサインインができなくなると同時に、全て閲覧できなくなります。

「メールマガジン」(メルマガ/mail magazine)の定期的な受信なども止まります。

※場合によってはメールマガジンの定期的な送信が不可能になるとともに
 別のメールアドレスに更新しておかないと、ウェブサービスのアカウントが
 運営側の判断と利用規約に基づいて削除されてしまうケースもありえます。

他に、プロバイダーやポータルサイトのオプション機能をIDとパスワードを発行して
利用できるようになるためには、「メールアカウント」(mail account)を取得して登録します。

ですが、アカウント名やパスワードを忘れてしまった時にIDの再確認やパスワードの
再発行の通知を送信しようとしてもメールアカウントがないために結果として
自身の元に届かず、分からずじまいになってしまう事もよくあります。

また、電子メールでテキストや添付ファイルを送信・受信するための場所となる
英数字で構成された文字列「メール・アドレス」(mail address)も、
多くのウェブサービスでアカウント認証などに使えなくなります。

もちろん、ほとんどのサービスは登録していたメールアドレスのアカウントが
使えなくなった後からでも、別のメルアド先に入力し直して更新する事もできます。

しかし念のため、メールアドレスが使用できなくなる終了日の前には、
そのアドレスを使ってアカウントの登録をしていた全てのウェブサービスに
事前にログインして「変更」の手続きを行われる事をおすすめします。




事前にポータルサイトのサービスからアカウントに登録したメールの変更のお願いの通知が
届く事もありますので、期日を見て時間の空いた時にメールアドレスの変更を行ってください。

また、これまでに取っていた受信箱のメールは貴重なデータが多いので、サービス終了日までに、
他のメールサービスの方に転送してバックアップ分を取っておかれる事を強くおすすめします。

アドレス変更

例えば、livedoorメール(ライブドアメール)など複数のメールアドレスのアカウントを取得して
使っていた場合は、一括で[G-mail](ジー・メール)などにまとめて受信箱から転送をすると、
後々の管理も手間が省けて楽にできるようになります。


[G-mailでの実例の簡単な解説]

まず、提供サービスの終了が近いメールアカウントの管理画面にログインします。

受信箱に入っている数が膨大な時は、もう読み直す予定がなくていらないメールを
先に一括で100件ずつ選択するなどで削除して、整理をしておきます。

次に、Google(グーグル)のアカウントを一つ取得します。

G-mail(ジー・メール)のサービスを登録してメールアドレスを設定して、使用できるようにします。

管理画面にサインインして、右上にある歯車のマークのボタンをクリックして、「設定」を選択します。

「アカウント」のタブを選択して、「自分のPOP3メールアカウントを追加」をクリックすると、
メールアドレスを登録できるウィンドウが開きます。

メルアドの追加

そのメールサービスで設定しているパスワードと、ユーザー名(アドレスと同じ)と
POPサーバー(「pop.googlemail.com」など)を入力します。

メールアドレス追加

「セキュリティで保護された接続 (SSL) を使ってメールを取得する」に
チェックを入れて、「アカウントを追加」を押して進みます。

そして、「終了」を押すとウィンドウが閉じて、一覧にアドレスが追加されます。

メール確認中

次に、終了する間近の方のメールアドレスからの操作では、
まずアカウントにログインして、同じく管理画面の歯車のアイコンから「設定」を開きます。

G-mail

「メール転送と POP/IMAP」のタブを開きます。

「転送先アドレスを追加」のボタンをクリックして、
開いたウィンドウにG-mailのアドレスを貼り付けて「次へ」と進みます。

「続行」を押すと、そのメールに「確認コード」のメールが送信されます。

そこに書かれた確認コードを新しく表示された入力欄に貼り付けるか、
専用の確認用のURLを開くと、メールアドレスが登録されます。

「すべてのメールで POP を有効にする」にチェックを入れて、
「~のメールをアーカイブする」と選択して「変更を保存」のボタンを押します。

POP/IMAPS

しばらく待って、G-mailの受信箱に、転送元の受信箱に入っていたメールが
入り始めて受信メールの数値が増え始めてきたら設定に成功です。

数十分~数時間ほどですべての受信メールの移行が完了します。

※一部が迷惑メールのボックスに入ってしまう事があるので、必ずそちらを確認して[30日以内]に
必要なものだけ選んで「迷惑メールではない」のボタンを押して受信箱に移動してください。

他のメールサービスの場合は、G-mailへの転送にまた独自の入力設定が必要になることもあります。

転送の設定

また、G-mailで転送がうまくできない場合は、他のメールクライアントの機能の方に
転送の設定をしたり、コピーペーストでパソコンのハードディスク上にテキストのメモを取るなど
それぞれの手法で工夫をして、外付けHDDやSSD、RAID、NASへの
データのバックアップ作業を行ってみてください。

もしメールサービスの終了日が過ぎてしまうと基本的に後から復元する事は
できないのですが、期日を過ぎて一日以内くらいの時間内であれば
まだログインができる場合もあるので、念のために開いてみてください。

事前にメールのバックアップをしていなくてログインができなくなった場合は、閉鎖した直後くらいの
段階であれば、もしかすると電話やメールでカスタマーサポートに問い合わせると、
特別にデータを転送して救出してもらえるかもしれません。

ですがファイルの復帰の措置を行ってもらえるかどうかはやはり不確定で、運営側の人に
お手間も取らせてしまうので、やはり事前の転送&バックアップの作業は必ず忘れずに行ってください。

 





電子メールの復活 | Gメール
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-995.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.