データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【PHPファイルのテキストを失った時に修復するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


PHPファイルのテキストを失った時に修復するには?
「PHP」(Hypertext Preprocessor - ハイパーテキスト・プリプロセッサー)は
そのままアルファベットで「ピーエイチピー」とも呼ばれる、
動的なWEBページ用のサーバーサイド・スクリプト言語(またはファイルの名称)です。

オープンソースの「WordPress」(ワードプレス)のような
ウェブログ作成のための機能でも取り入れられていて、
パソコンの一般ユーザーにも取り扱う機会が多いテキストファイルでもあります。

HypertextPreprocessor

この[.php]の拡張子は例えばホームページやウェブログサイトでは
レンタルサーバースペースのファイルマネージャーのサービス上の領域に
FTPやアップロード機能、バックアップからのインポート機能などを用いて、
構築したデータベースやディレクトリ上に組み込むことで作動します。

しかしパソコンに圧縮形式などで保存した後のPHPのファイルは
他のデータ構成上の役割次第ではホームページやブログなどで編集画面から更新した時に、
少しずつ中身のソースの記述が書き換わる事もあります。

PHPのソースコードの表記はブログのテンプレートやCSSと同じく非常に複雑で、
少し文字の記入の修正をして誤字や脱字、配置の間違いが出ただけで
頁のレイアウトが大幅に崩れる事も少なくありません。

しかも場合によってはページな内の一区画が丸ごと消えたり、
サイト内のページが全て真っ白になってしまうエラーも起こります。

さらにひどいトラブルの場合は管理画面にまで影響して、
ホームページが表示されないどころかログインもできなくなるケースもあります。

このようなPHP上の深刻な問題が発生した時には
どのように対処して修復すればいい?という疑問について。



[ウェブサーバー上のデータが破損した場合]

まず、特によくあるトラブルの解消として、
ウェブサーバーに送信していたサイトがPHPのソースコードの崩れで
破損した場合は、ひとまず少し前の壊れる前の状態に書き換えます。

PHPを編集する前に先に、メモ帳やテキストエディタのシートに
「すべて選択⇒コピー⇒貼り付け」の手順で全部の文字を
事前に念のために簡易的にバックアップしていれば、作業は簡単です。

ホームページの管理画面が問題なく作動していれば、
それを編集画面に貼り付け直して保存すれば、ほぼ間違いなく元に戻ります。

ブログのソフトウェアをアップデートしたりアップグレードした時に
更新前の設定がカスタマイズしていたphpごと書き換わってしまった、
という場合も、やはりバックアップの分を参考にして作り直すと早いです。

前の状態のテキストをバックアップしていなかった時は、
もしWodrPressなどの有名なシステムであれば、
インターネットからソースコードの見本が飾られているページを探したり、
同じテンプレートを再度取り込みして、正常なソースを見つけ出してください。

PHPの編集に慣れていればもちろん自分自身でテキストを正確に
書き換えてもいいのですが、まだ初心者の方は、
なるべく配布されている正確なソースを使われた方が安心です。




変数の書き間違えでレイアウトや数値のバランスが崩れてしまう事もよくあるので、
編集の前にはどこかに全文をコピーして保存される事をおすすめします。

PHPファイル


しかしシステムに重要なPHPが破損して管理画面へのログイン(サインイン)が
できなくなってしまうと、そちらからでは編集ができなくなります。

(問題発生時のエラーレベルについては、白い画面に警告の一文で
 どこのディレクトリのどのファイルの何行目にどういう障害が
 発生しているかが表示されている事もあり、復旧の参考になります。)


それらの場合には「FFFTP」などのFTPアプリケーションをインストールして起動します。

そこからレンタルサーバーのウェブサービスにあるファイルマネージャーで
対象の壊れたphpがあるディレクトリを開きます。

その領域の画面内に正しいコードの「.php」の拡張子を
パソコンのフォルダ上からドラッグ&ドロップして上書きします。

FFFTPで接続

またはレンタルスペースのサービスで提供されているデータベースや
ファイルマネージャーの管理画面で、ファイルの文字が直接編集できれば、
そちらに正しいソースを貼り付けして保存する方法でも良いです。

FTP管理ツール


これで、もう一度ログイン画面を開いてみて、
真っ白な状態から正常な入力画面に戻っていれば修復に無事成功です。



[パソコン上のフォルダから.phpを削除した場合]

PHPファイルはメモ帳(ノートパッド)やTeraPad(テラパッド)、
サクラエディタといった文章作成・編集エディターを使って書く事もできます。

高度なテキストエディタやホームページ作成のサービスを使って
PHPファイルを作成・編集されている場合は、
「自動保存機能」があれば必ず「オン」にして使ってみましょう。

これで、もし編集中にうっかりどこかでタグなどを記入ミスしたり
大幅にテキストを削除してしまっても、
前回に自動保存した段階のデータを後から再読み込みして修復できます。


パソコン全体に自動更新バックアップの設定を有効にして使っている場合も
一日単位で前の差分のデータが保管されていれば、
そちらで使っている外付けHDDなどから引き出して復元させてみてください。

前回までの差分バックアップのデータがない場合は、
もしすでに一回以上インターネットのファイルマネージャーの方に
ホームページのデータをアップロードしていれば、FTPでの接続などで
そちらを開いて逆に正しい記述のコードをコピーする手段もあります。

(ですが間違ったソースコードをすでにネット上で
アップロードして上書きしていたらその方法は使えないです。)

あるいは、常日頃からレンタルサーバーのファイルマネージャーの中に
別のバックアップ用ディレクトリをあらかじめ作って、
そこのフォルダの中にもう一組分、同じPHPファイルや
HTMLファイルなどの分をコピーやサルベージで保存しても良いですね。



PHPファイルの拡張子自体は、パソコン上で保存してあるフォルダから
もし間違えて「削除」してしまっても、
大抵はまだゴミ箱に残っているので後から元の位置に戻せます。

もしゴミ箱に行かずに直接消去していた場合でも、
パソコンのハードディスクやSSDの中にあったファイルであれば、
まだWindows8の「Windows7 のファイルの回復」やMac OS Xの「Time Machine」
などの修復機能を「オン」にしていれば、タイミング次第でそこから引き出せます。

また、「専門のデータ復旧サービスセンター」に依頼をすれば、
まだ時間があまり経っていなくてHDDにphpの拡張子の痕跡が残っていれば
高い確率でPHPファイルの拡張子も復元してもらえます。

(もちろんUSBメモリや外付けHDDの中の損失したファイルも一定確率で修復できます。)

・間違えて削除した時⇒ゴミ箱フォルダを見るかデータ復旧サービスの利用。
・間違って上書きした時⇒自動保存機能かシステム復元機能を使用。
 という具合で、ご自身でリカバリーする時には試してみてください。



しかし、もしどうしてもレンタルサーバースペースの管理画面や
PCのハードディスク、外部記憶メディアから「.php」が消えて、
しかもすでにどこにもバックアップや代わりのファイルがない、
または よくわからない部分が壊れて元に戻せないという場合は、

もう一度WordPressなどのウェブディレクトリをアンインストールして、
改めてインストールとセットアップをし直して、初めから構築をし直すしかなくなる場合もあります。


なのでパソコン、インターネットともに、
こまめに全体のバックアップを取っておかれる事をおすすめします。

自分で独自に作ったphpの代わりがなくて重要なファイルなので何としても修復したい、
という際には、現在起こっているトラブルの内容に合わせて

そのプログラムの開発元の業者の窓口や、レンタルサーバーのサポート、
データ復旧センターの窓口、といったそれぞれの専門業者の
受付サービスに連絡をして、復元作業の依頼の注文をされてみてください。

 






データベース | PHP
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-990.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.