データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【フォーマットしたUSBメモリの削除データを復旧するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


フォーマットしたUSBメモリの削除データを復旧するには?
コンピューターにUSB接続して電子データの読み込みや書き換えができる
USBフラッシュ・メモリ』(USB Flash memory)を使用している最中に、
誤ってメモリーカードの「フォーマット」を実行してしまった場合について。

USBフラッシュ・メモリ

何かのアプリケーションや記憶装置のバックアップ機能などの設定中に、
パソコンで読み込んで認識させているドライブのアルファベット記号を
間違えて選択してデータをすべて消去してしまった、というミスや、

デバイスのエラーや破損のトラブルが発生してUSBメモリが急に使えなくなり、
仕方なく一回、クイックフォーマット(初期化)を行なった、といった場合に、

書き込んでいた大事なファイルを後から復元させてもらうことはできる?
という疑問について解説していきます。


まず、USBメモリに誤ってクイックフォーマットをかける選択で「はい」を選んだり、
ディスク管理などの画面でうっかり初期化して全データ削除の操作を行ってしまっても、
抹消した直後の時点なら、また完全に無くなったわけではありません。

100%の状態で残っているとは限らないのですが、まだ前に書き込まれた
拡張子のプログラムの「痕跡」の電子データは消えていない状態です。

ハードディスクやSSD上でゴミ箱から削除してしまったファイルと同じく
USBメモリからもその痕跡を読み取って検出する事で復活ができます。




下記の一例では、Microsoft Windows 8 Pro(ウィンドウズ8)のOSのパソコンで
有償のデータ復元ユーティリティー「File Scavenger」(ファイルスキャベンジャー )を
パソコンにセットアップして使用し、復旧させる場合での手順を紹介いたします。

クイックフォーマット


まず、File Scavengerをデスクトップか専用フォルダのアイコンから起動します。

最初の「ステップ1」のタブで、
検索場所の項目からUSBメモリにあたる記号のドライブを選択します。

検索モードを「完全」に合わせて、隣の「検索(S)」のボタンを押します。

次のバルーンで「いいえ。削除されたファイルを表示」のアイコンを押します。

削除表示

スキャンが始まり、痕跡から検知できたデータが[ファイル名]の項目に並びます。

その中から修復したいファイルの名称を探して順にチェックを入れていきます。

選択画面

「ステップ2」のタブをクリックして、「参照」ボタンで
復旧させるファイルの保存先にするフォルダーを選択します。

そして「回復(S)」のボタンを押すと、ファイルが修復されて保存されます。

※「所属ボリュームまたはパーティション」の確認画面が出た場合は、
[File Scavengerに所属ボリュームを判定させる]
チェックを合わせたままて「OK」を押します。

所属ボリューム

『ファイルの回復に成功しました。
ただし、必ず回復されたファイルの整合性を検証してから使用してください。』

というメッセージが出たら、再び「OK」を押します。

回復成功通知


保存先のフォルダを開いて、ファイルが正常に修復されているか
念のために専用のアプリケーションなどで開いて確認します。

(破損した状態で保存されている事もあるので必ずチェックをしてください。)



他に、AOSテクノロジーズの「ファイナルデータシリーズ」や
株式会社ジャングルの「完全データ復元PRO13」でも勿論ファイルの回復作業を行う事ができます。

ドライブをフォーマットしてしまった場合は、
フォーマットから回復させる専用の機能を優先して使用してください。

フォーマットからの回復

もちろんUSBメモリのドライブの認識が正常にできていれば
「ゴミ箱から削除した場合」などのツールでもスキャンをかける事は可能なので、
他の機能で復旧できなかったら、それらの機能も試してみましょう。

ですが、一般の個人ではそれでもうまくいかない可能性もあるので
最初からできるだけ復旧したい、とお考えの場合は
確実にデータ復旧業者の方で行ってもらう事をおすすめします。


しかし、USBメモリがパソコンのデバイスマネージャーに正常に認識できず、
デバイスの削除と再読み込みを繰り返したり別のOSのパソコンに差し込みしても
なぜか開けないという場合は、
初期化した時や抜き差しをした時に重要な回路が破損したおそれがあります。

また、一定の割合でデータ復元の検知ができてもで削除した必要なファイルが
検出できなかったり破損した状態でしか保存できない場合は、
一般個人で修復させるのは厳しくなってしまいます。

その際には、USBメモリからのサルベージに対応されています
日本全国各地の「データ復旧サービス業者」をチェックして、
USBメモリから消したファイルの復元の作業を注文されてみてください。

 






USBフラッシュメモリ | フォーマット
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-983.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.