データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Safariのブックマークと履歴をバックアップして復元】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Safariのブックマークと履歴をバックアップして復元
Mac OS X(マック・オーエス・テン)のオペレーティングシステムが入った
Mac ProやMacbook Pro/Air、iMacなどのパソコンやiOSのモバイル機器では、
Apple社から提供されているウェブブラウザの「Safari」(サファリ)
最初からセットアップされていてすぐにインターネットの閲覧に使えるようになっています。

このSafariを使ってインターネットを見ていくと、
ブックマーク(お気に入り)や履歴(キャッシュ)のデータが
IEやGoogle Chromeと同じようにだんだん増えていきやすいです。

ブックマークや履歴は以前に開いたページにアクセスするのに便利ですが、
これらはMac OS Xのシステムが破損したり、再インストールして初期化したり、
間違えて削除してしまうと、コンピューター上からよくデータを失ってしまいます。

そこで、後で何かトラブルがあった時に備えて
Safariのブックマークや履歴もバックアップを取っておくと安全です。

Safariブックマーク

SafariはMac OS X v10.5以降のバックアップツール「Time Machine」や
クラウドサービスの「iCloud」の機能をオンにして正しく設定すれば、
自動的に外付けHDDやオンラインストレージ上にバックアップが保存されます。

そして、外付け記憶メディアに書き込まれた「Backups.backupdb」のフォルダーや
復元機能、もしくはiCloudから引き出して元に戻す事ができます。

ですが、これらの機能が何か理由があって使えない、もしくは使いたくない、
という場合には、手動でSafariのバックアップを取る手法もいくつか使えます。



まずパソコンを起動してデスクトップ画面が開いてからSafariのブラウザを開きます。

上部にあるメニューバーの「ブックマーク」で「すべてのブックマークを表示」の
項目をクリックすると、「コレクション」の一覧リストが開きます。

その中の「ブックマークバー」を選択すると、お気に入りページの一覧が
表示されますので、この中から必要なページすべてを選択します。

そして、先ほど外部の記憶メディアの中に作成したフォルダーに、
コピー&ペーストかドラッグ&ドロップで保存してファイルをバックアップします。




データを書き込みした後、念のために保管先のフォルダーをFinderやエクスプローラーで
開いてしっかりとお気に入りページが揃っているか確認します。

ブックマーク一覧

同じように、「ブックマークメニュー」と「履歴」の一覧にあるファイルも保存します。

履歴の一覧

これで、手動でのバックアップは完了です。


後々、もし別のMacパソコンやリカバリーして初期化したMac OS Xの上に
Safariのブックマークや履歴を復元したい時は上記の手順でコレクションのメニューを開き直します。

そして今度はバックアップしたフォルダーの方から必要なファイルを
以前のブックマークバーなどの位置に貼り付けします。

これで、Safariを見直すと、お気に入りページや履歴の一覧が復活しています。



また、ブックマークの一覧のバックアップをすぐに作成する方法として、

Safariのメニューの「ファイル」にある「ブックマークを書き出す」を選択すると、
「Safari のブックマーク」というhtmlのファイルが作成できます。

safariの保存

これを開くとお気に入り登録した全ページの一覧リンクのページが
ウェブブラウザ上で表示されます。

後にこれらのページの一覧リストをSafariで復元させたい時は、
同じく「ファイル」の項目にある「ブックマークを書き出す」の項目を選択します。

ブックマークを読み込む

そして、「ブックマークを書き出す」のツールで作成したhtmlファイルを選択して
「読み込む」のボタンを押すと、以前と同じブックマークの状態に修復できます。



また、ブックマークの保存ファイルは[Macintosh HD]のディレクトリにあたる
Finder→ユーザー→ライブラリ→Safariのフォルダにある
「Bookmarks.plist」(property list/プロパティリスト)のファイルに保管されています。

これをコピーして外付け記憶メディアの保存しておけば、
後にブックマークを失って元に戻したい時に、
同じ[Safari]のフォルダー内に貼り付けて上書きすれば元に戻ります。



Windows版Safariのブックマークをバックアップする場合は、
まずブラウザの右上にある設定アイコンを開いて「メニューバーを表示」の項目をクリックします。

そこから先はMac版と同じくメニューバーの「ブックマーク」で
「すべてのブックマークを表示」で開いてコピー&ペーストをしてください。

または「ファイル」の項目の「ブックマークをエクスポート」で保存して、
後に「ブックマークをインポート」でhtmlファイルを読み込んで復元します。

Windows版Safari


しかし、もしSafariのバックアップを手動で行っていなくて
Time Machine(タイムマシン)やiCloud(アイクラウド)の設定も
オンにしていない状態でパソコン本体やMac OS Xが破損してしまうと、
ブックマークが読み取れなくなってしまう可能性が高いです。

そんな時には、パソコンからハードディスクまたはSSDを取り出して、
外付けHDDケースやUSB変換ユニットに接続して、
別のMacやWindowsパソコンからリムーバブルディスクとしてコンピューターに読み込みます。

そして各ドライブの中身のフォルダから必要なファイルをバックアップしてください。

自身でSafariのブックマークや履歴を取り出したり復元するのが難しそうな場合は、
Macに対応された専門の[データ復旧サービスセンター]に問い合わせて、
パソコンの内部ファイルの抽出の作業を行ってもらう事をおすすめします。

 






インターネットトラブル | Safari
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-982.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.