データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ホームページのプログラムが破損してログインできない時の復旧手段】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ホームページのプログラムが破損してログインできない時の復旧手段
インターネット上でアップロードするホームページを作成・編集する時に、
「html」や「php」、「cgi」、「css」などのページを構成するファイルが
ソースをうっかり書き間違えたために破損してしまった、という場合について。

例えば「Wordpress」(ワードプレス)といったプログラムで多く使われる
PHP Hypertext Preprocessor」(ハイパーテキスト・プリプロセッサー)の
拡張子の内容は、ひとつ誤字や脱字をしてしまうだけでも大変な事があります。

【主なトラブル例】

・ソースのタグ(変数・関数)の記入ミスが原因でページが真っ白になった。
・インターネット上でURLページを見たらページが文字化けしていた。
・大事なプログラムの拡張子をまちがえて削除や上書きをしてしまった。
・レンタルサーバー上のデータベースが損傷して正常に使えなくなった。
・更新中に原因不明の障害が突然発生して管理者ページにログインできなくなった。


よくある事例で、編集した後で画面が真っ白になったりエラー発生の文字が出て、
HTMLのソースがエラーページの表示用の簡易的なコードのものに入れ替わり、
正しくページが映らなくなるトラブルが非常に起こりやすいですね。

エラーコード

ディレクトリの構成やシステムの稼働に重要なPHPファイルなどをカスタマイズする時に間違えて
記入ミスをしたまま保存をすると、動的なページ生成のためのプログラムは静的な固定ページと違い、
ホームページやブログ全体が管理画面ごと見れなくなるケースが出てきます。

公開用ページのみが一時的に開けなくなっただけならまだすぐに表記を間違えた
特定のテーマ(テンプレート)を管理画面から以前の状態に戻して保存をし直せば、
また正常な公開の状態に戻ります。

しかし、レンタルサーバー上にアップロードしたプログラム全体に
影響が出るようなファイルのソースコードをうっかり崩して保存してしまい、
編集画面にログインできなくなると、同じ手順では元に戻せなくなってきます。




ウェブサイトが破損してしまうと、アップロードして表示されているページが訪問者の方々が
閲覧できなくなってしまうおそれもあるため、エラーの状況次第では
早めに問題を解決して復旧する必要も出てきます。

エラーページ

そんな時、まず契約されているレンタルサーバーのサービスやホームページレンタルスペースにある
ユーザー用の管理画面の方から「コントロールパネル」(ファイル管理)の画面にログインしてみます。

「ファイルマネージャー」の画面を開いて下層ディレクトリに入り、
ソースの表記を崩してしまったphpなどの拡張子をパソコンに保存します。

または文字コードをプログラムから開いて内容を全選択⇒コピーペーストで保存します。

そして、変更する前の元の状態に修正する形でソースを書き直してから、
同名のファイルで上書きする形でアップロードします。

FTP画面

また、WordPressやMovable Type、Xoopsなどのソフトウェアをお使いの際には、
ウェブレンタルサーバー上にップロードする前にパソコンのフォルダに保存して
保存している初期状態のファイルを、上書きしてアップロードし直す方法もあります。

「FFFTP」などのFTPソフトを使ってレンタルサーバのHOSTに接続すれば、
ファイルマネージャーにアップロードしたすべてのディレクトリとファイルが読み込めて、
アップロードやインストールの操作もより簡単に行えます。

保存

データベースを使用されている場合には、「MySQL」などの専用のページへ
ログインしてデータベースの状態を編集する、という手法もあります。

(難しくて複雑なプログラムをカスタマイズして書き換えると
うっかりまた別のミスをしてかえって破損がひどくなってさらに復旧しにくくなる
場合も多いため、トラブルが起きても焦らずに、冷静な対処を行ってください。)

パソコン上に同じプログラムのファイルがない場合には、同じソースの見本例をインターネットから
探して参考にしてみたり、または配布ページからデータを保存する、といった解決手段もあります。

お使いのプログラムがウェブサービス限定で配布されていないもので、
インターネットからも参照になるソースの見本が見つからない場合は、
配信しているサービスの連絡先に問い合わせをして修復するべき箇所を訊いてみます。

または専用の「フォーラム」があればそちらで改善のためのQ&Aページを探してみましょう。
(ユーザーアカウントのサインアップとサインインが必要になる事もあります。)

しかし、修正しようにも見本となるソースがなかったり、または自分で完全に書き換えた
独自のコードのファイルが破損してどうしても元通りに直せない場合は、データベースを削除してから
もう一度インストールをし直して作り直す手段を視野に入れる必要も出てきます。

または、TypePadやWordなどのテキストエディタに破損したファイルのソースコードを残していれば、
プロのWEBプログラマーの方に依頼をして、HTMLやphp、CSSなどのデータを
正しい表記に書き換えて修正してもらう、という解決方法もおすすめです。

インターネットからバックアップを取っていなかった場合は、
上記のような方法による壊れたプログラムの復旧手段が非常に助かります。

ですが、やはり編集中にいつ表記を間違えて取り返しがつかない損失を被ってしまうかわからないので、
FTP機能やエクスポート機能を使って必ず定期的に全データをパソコンにバックアップする事も重要です。

データベース

パソコン上でまだアップロードして使っていない作成・編集中の一個しかない重要なphpファイルなどを
うっかり削除したり破損させてしまった、という場合には、専門のデータリカバリーサービスに
問い合わせてハードディスクからの復元の代行作業を注文されることをおすすめします。

 





データベース | PHP
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-980.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.