データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【CD-RWを初期化した後に書き込みデータを復元】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


CD-RWを初期化した後に書き込みデータを復元
データの書き換えが可能な650MB、700MBのディスクメディア
「CD-RW」 (シーディーアールダブリュー/Compact Disc-ReWritable) は、
最大容量の範囲内で何度でもファイルを書き込みしたり削除する事ができます。

CD-RW

しかし注意として、コンピューターの外部の記憶メディアであるため
「消去」したファイルはパソコンのハードディスクのようにゴミ箱に移動せず、
自動バックアップ機能にも記録されずに、そのままなくなってしまいます。

また『クイックフォーマット』をかけて初期化すると、他の記憶メディアと同じく
それまでに記録していたファイルやフォルダが全て消去されてしまいます。


もしもうっかりCD-RWに書き込みしていた重要なデーターを、
間違った削除や初期化によって失ってしまった場合は
後から復活させる事はできる?という疑問について。

まず、CD-RWやDVD-RW、USBメモリなどのリムーバブル記憶域のデバイスに
保存されている拡張子をパソコンのウィンドウ上で消去する場合、

例えばWindowsのエクスプローラーでは「このファイルを完全に削除しますか?」
という確認メッセージが表示されて、「はい」を押すと媒体から抹消されます。


ですがHDDやフラッシュメモリ型のメモリーカードと同じく、クイックフォーマットを掛けた後も
実際には「記憶域から削除した」という指示をディスクに与えているだけで、
すぐには完全になくならず、拡張子の「足跡」がまだ残っています。




そこから新しいファイルの上書きをするたびに徐々に初期化後に残ったデータの痕跡も
塗りつぶされて消えていくのですが、削除してすぐの段階であれば
適切な処置を行えば高い割合で失った拡張子の修復ができます。

フォーマット

(それまではCD-RWに新しいファイルを何も書き込みしないようにしてください。)

削除

そのためには、専門のデータ復旧の専門業者に注文する方法と、
自分自身でデータ復元のユーティリティーを入手して作業する方法があります。

このたびの実例では、「QueTek」の[FileScavenger] (ファイルスキャベンジャー)
という日本語ソフトウェアを使用した実践例を解説いたします。


まずは初期化してしまったCD-RWの光ディスクをパソコンの内蔵DVDドライブ、
または外付けDVDドライブのトレイに挿入して、デバイスへの読み込みを始めます。

[FileScavenger] を起動して、ステップ1の設定を始めます。

検索場所の指定で「E:」などDVDドライブにあたるアルファベット番号を選択します。

(一種類の拡張子のみで修復したい時は、
「検索対象」の項目で一覧から特定の拡張子を指定します。)

検索モードを「クイック」から「完全」に指定して、「検索(S)」のボタンを押します。

「いいえ。削除されたファイルを表示」のボタンを押して、DISCからの検出を開始します。

検出

一覧に削除されたファイル名がずらっと表示されたら、
「OK」を押して、ステップ2のタブに切替えをします。

(フォーマットして消えた分だけでなく、これまでに普通に削除した
 ファイルの方もスキャンの対象になって表示されます。)

「参照」のボタンで保存先のフォルダを指定します。

ファイル一覧の中から、復元させたいデータの名称を探します。

(元の名前と変わって表示されている物もありますので注意してください。
 拡張子の種類によって見分けて、まとめてチェックするのも一つの手法です。)

サイズが0バイトになっていたり、状態が「良好」ではなく「失敗」となっている
ファイルも中には含まれている事があるのですが、
ひとまずそれらにもチェックを入れて「回復」を押します。


パソコンに複数のハードディスクやSSDを増設したりいくつかのパーティション分割をしていた場合、
「所属ボリュームまたはパーティション」のウィンドウが出現します。

ここでは「File Scavengerに所属ボリュームを判定させる」にチェックを入れたまま「OK」を押します。

「上書きモード」のウィンドウで『日付の新しいファイルを使用する』か
『別のファイル名を与える』を選択して「OK」を押します。

回復するファイル

ファイルの書き込みが始まり、回復に成功して完了したメッセージが出たら「OK」を押します。

最後に指定先のフォルダで対象のデータを探して、正常に開けるか
一つずつ確認して、無事に復旧に成功していれば作業完了です。


もし画像の一部が白くかすれていたり、テキストの文字化け起きたりして
破損した状態でファイルが作られていた場合は、
もう一度スキャンし直して、同じ手順で復元を繰り返し試みる事もできます。

ですが、最初に失敗してしまったファイルはそのデータ復元ツールでは
修復しきれない場合も多いです。

より性能の高い市販のデータ復元ソフトウェアでなら直る可能性も
少しあるのですが、ファイルの痕跡を拾って直す原理としてはどのソフトでも
基本的にほぼ同じで、痕跡が正常に残っていなければ回復が難しい場合が多いです。

もしご自身でファイルの復元ツールを使っても修復できなかった場合は、
全国各地で営業されていますプロの「データ復旧サービス」にディスクを
持ち込みか宅配で提出して、修復してもらわれる事をおすすめします。

 






CD-R/RW | リムーバブルディスク
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-975.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.