データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【SSDを外付けで接続して内部ファイルを抽出するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


SSDを外付けで接続して内部ファイルを抽出するには?
フラッシュメモリを導入したデータ記憶装置の
『SSD』(Solid State Drive:ソリッドステートドライブ)を内蔵したパソコンが、
ある時、故障などの何らかの原因で正常に使用ができなくなり、
SSDが読み込みできなくなった場合に内部のディレクトリを開き直す方法について。

SSD

[主な故障の原因]

・オペレーティングシステムが破損してデスクトップが開けない。
・BIOSが損傷してSSDが認識できない。
・パソコンのマザーボードや電源ユニットが故障して起動できない。
・ノートパソコンの液晶ディスプレイが割れて画面が見れない。
・他、不明なトラブルが起きてパソコンが正常に使用できない。


まず、SSDはハードディスクドライブと同じく、
CドライブにインストールしているOSが破損したりしても、
内部のメモリーに書き込まれたファイルやフォルダーはそのまま残っています。

なので外付けで接続をしてリムーバブルディスクとして開き、抽出する事もできます。

正常に起動できる別のパソコン本体に外部からUSB接続をしたり、
あるいはドライブベイに増設して組み込む形で読み出す事も可能です。

※今回はデスクトップパソコンでWindows 8のOS用に使用している
インテル製の[INTEL SOLID-STATE DRIVE 335 SERIES]
FOR DESKTOP AND MOBILE SYSTEMS(240GB)
のSSDを、
USBケーブルから外付けでノートパソコンに接続する実践例を解説します。


まず、SSDを他のパソコンに外部から接続して読み込むには、
「S-ATA方式に対応されたUSB変換ユニット」か
「SSD向けのポータブル外付けケース」
が必要になります。

※1:外付けハードディスクケースだとサイズやコネクタの位置が
 メモリディスクの形と合わない場合があります。

※2:ハードディスク専用のUSB変換ユニットでも読み込みはできます。
 ですがなるべくならSSDに正式に対応された製品を使うのが適切です。

※3:パソコンの別のパーツが壊れただけでSSD自体に問題がなければ、
 別のコンピューターに交換か増設をして読み込む方法でも大丈夫です。




ドライブベイからの取り外し


最初にパソコン本体の電源を切って全てのコードを取り外します。

PCケースのフタを開けて、SSDのコネクタから
シリアルATAケーブルと電源ケーブルを外します。

ドライブベイから3.5インチ変換マウンタごとSSDを取り出します。

ドライブベイ

そのままUSB変換ユニットのS-ATAコネクタの接続面にSSDを差し込みます。

(ポータブル外付けケースに入れる場合は、3.5インチ変換マウンタから
ドライバーで固定ネジを外してSSDを分離させてからはめ込みます。)

別の起動中のパソコンにUSBコネクタを差し込み、
USB変換アダプターの電源スイッチをオンにすると、
新しいリムーバブルディスクがデバイスマネージャーに認識されます。

SSDを外付け

(※まだ一度も使っていなくて何も書き込まれていない新品のSSDだと、
外付けで接続してもデバイスに認識されない事があります。)

スタートメニューから[コンピューター]を開くか
デスクトップのアイコンから[エクスプローラー]の画面を開くと、
新しいドライブのアイコンが表示されます。

SSDフォルダ

その内部フォルダーのうちの[ユーザー名フォルダー]の中にある
「お気に入り」「ダウンロード」「マイドキュメント」「マイピクチャ」
「マイビデオ」「マイミュージック」「デスクトップ」といった保存先の
それぞれのファイルを開いて、バックアップを取る形で抽出する事が出来ます。

ローカルディスクF

また[Program Files]など別のフォルダに回収したいデータがある時は、
そちらを開いて復旧していくのも忘れないようにしてください。

SSDから抽出したいデータは、そのパソコンのCドライブやDドライブ、
別の外付けHDD、DVD-RWといったデータ記憶メディアに保存していきます。


しかし、SSD自体がもし物理的に故障するトラブルが原因だった場合は、
別のパソコンから読み込んでも認識できない可能性が高いです。

コネクタの差込口が割れていたり、内部の回路がショートしていたり、
書き込み回数の寿命や経年劣化などで使用できない状態になっていたら、
一般個人では中身を読み込んで抽出するのがほぼ不可能になります。

その際には製造元のメーカー先のサポートに問い合わせてみるか、
全国各地のSSDを取り扱われている[データ救出サービス]をチェックして、
ファイルの抽出が可能かどうか、故障の状態を診てもらってください。

 






SSD内部の救出 | SSD
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-972.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.