データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【OSが破損したHDDのデータを、増設したドライブから救出】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


OSが破損したHDDのデータを、増設したドライブから救出
デスクトップパソコンの内蔵ハードディスク(またはSSD)にインストールして使用している
オペレーティングシステム」が、ある時何かのシステム障害で
破損してしまうと、デスクトップ画面の立ち上げができなくなる事があります。

セーフモードやシステムの復元、スタートアップ修復などの回復機能を
ひととおり試してみて、もしそれでもOSが立ち上がらなかったら
基本ソフト(OS)の再インストール(リカバリー)が必要になる場合もあります。

しかし再インストールをすると今度はCドライブが丸ごと初期化されてしまいます。

もしハードディスクの中にバックアップしていないデータが取り残されたままで
その前にもう一度開き直すには、どうすればいい?という疑問について。

一般個人で行う簡単な方法として、別の正常に起動できるオペレーティングシステムを使って
ハードディスクドライブを開き、ドキュメントなどのフォルダーを開いてファイルを救出する手法、
またその代行作業を実施されているレスキューサービスがあります。

HDDとSSD

別のドライブでOSを起動するには、以下のような方法があります。

・新品のハードディスクやSSDを増設して、 Windowsの起動ディスクから新しくインストールする。
・事前にパーティションの分割をしていて別の領域に違うOSを
デュアルでセットアップしていたら、そちらから起動してみる。
・前のパソコンで使っていたHDDを一時的に交換して開く。
・ハードディスクを取り外して別のPCに増設する。
・LinuxディストリビューションのOSをCDブートで起動する。
・ノートパソコンの場合は一度2.5インチHDDを取り外して、
 外付けHDDケースやUSB変換ユニットに繋げて別のPCで読み込む。
(※メモリやCPU、マザーボード等の動作環境を満たしている事が必須です。)

※今回の説明では、[Windows 8 ProのOSをインストールしたSSD]をデスクトップPCに
新しく増設してCドライブに設定して、前のハードディスクをDドライブにして読み込む手順を解説いたします。

まず、シャットダウンしてあるデスクトップパソコンのケースから
電源ケーブルやUSBケーブルをすべて取り外します。

ケースの固定ネジを外して蓋を開けて、
3.5インチのドライブベイのスペースが一台分余っているかをご確認ください。

2.5インチサイズのハードディスクやSSDを増設する場合は、
製品に付属された[3.5インチ変換マウンタ]にはめ込んでネジで固定します。

デスクトップパソコンのドライブベイにHDDまたはSSDを差し込み増設の作業を始めます。

お持ちのパソコン本体の構造によって作業を行うのが難しそう、という時のために、
プロのデータ復旧サービスで、分解とデータの取り出しの措置を行ってもらうこともできます。




この際、予備で一本、シリアルATAケーブル(またはIDEケーブル)を購入する必要があります。

増設

「SATAケーブル」をハードディスクまたはSSDのコネクタと
マザーボードにあるL字型のシリアルATAケーブルコネクタの空きポートに配線します。

次に、デスクトップPCにすでに付いている電源ケーブルの中で
余った部分のコネクタをハードディスクまたはSSDのコネクタに接続します。

SATAケーブル接続

※ドライブベイが余っていなかったり3.5インチ変換マウンタが無くても、
 一時的に接続するだけならPCケースの蓋を外したまま机やテーブルに
ドライブを置いて、直接ケーブルを繋げるだけでもPCの起動は可能です。


[パソコンを起動して読み込み開始]

パソコン本体に電源コードとモニタのコード、キーボード、マウスのUSBコネクタなどを取り付けます。

本体の電源ユニットのスイッチをオンにして、起動ボタンを押します。

最初にロゴ画面が表示されたところで
DeleteキーかF2キーを数回押して、『BIOSの設定画面』を起動します。

新しく取り付けて正常なOSがインストールされているHDDかSSDの
名前を探して、別のドライブよりも優先的に起動されるように設定します。
(※BIOS画面はマザーボードによって表示のレイアウトが異なります。)

完了したら再びロゴ画面に戻り、Windowsが起動します。

スタート画面からエクスプローラーを開いて、マイコンピューターのメニューから
Dドライブ(ローカルディスクD)等のディスクアイコンをクリックします。

ローカルディスク

(HDDがパーティション分けされている場合は、E,F,G~などの
別の仮想ドライブが以前のCドライブの位置になっている事があります。)


「マイドキュメント」など必要なファイルが収納されているフォルダを開きます。

ドライブG

大事なデータが見つかりましたらコピー&ペーストなどで、
今現在のCドライブの中か、別の外付けHDDやRAID、NAS、DVD-RW、USBメモリ
といった記憶媒体にデータのバックアップを取ります。

これで、OSの破損して開けなくなったドライブからのデータ救出は完了です。

バックアップが終わったら、リカバリー等の作業を行ってOSを修復します。

※注意として[コンピューターウイルス]が感染してシステムが破壊された場合は、
迂闊にHDDを接続するとかえって中身のデータを破損させてしまったり、
もう一台のHDDのOSにまで感染が広がるおそれがあります。

どこまでが有害ファームウェアに侵食されていて 復元や抽出が可能か、パソコン修理サポート業者や
データ復旧サービスセンターにハードディスクを提出して、内部の診断をしてもらうことをおすすめします。

 





デスクトップパソコン | PCパーツ

 
 ※問題解決のご質問、訂正の箇所、新規掲載のご要望等は、トップページの概要事項の項目の、
 メッセージの投稿用フォームにて幅広く受け付けています。









URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-971.html
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.