データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【PCのハードディスクを取り外してデータを抽出】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


PCのハードディスクを取り外してデータを抽出
先日、10年近く前に買って当時だいぶ使用してから今はもう使っていない
Windows XPの古いパソコン本体に搭載されている内蔵ハードディスクドライブを、
久々に読み込みして中身の状態を見直してみました。

今はほとんどがS-ATAに移行してすでにメインでない「IDE方式」の規格で、
データの最大容量も数十GBほどのHDDなので、今のパソコン本体のプライマリとして
メインで使っていくのはもう向いていないですね。

ですがHDDはその他にもファイルのバックアップ用など様々な使い道があり、
古い製品でもまだまだ活用ができます。


しかしこのIDEのHDDを搭載していたデスクトップパソコンの本体が
Windows XPの起動中にOSの不具合が起きたり、パーツの一部が外れて破損していたり、
何より読み込みの速度がかなり遅かったりと中々スムーズに作業が進みませんでした。

やはりメモリの容量やCPUの性能が今のPCよりだいぶ低く、
しかも以前にOSの破損寸前まで使い続けた後ずっと使わなかったため、
あちこちの面で起動や読み出しに不具合が起きていました。

Windows XPの調子に問題が出てもOSのリカバリーなどを行えば直るのですが、
再セットアップまで必要となると初期化の際に他のデータが削除されてしまいます。

その古いPC本体ではWindows XPを再び使用する事は今後なさそうだったので、
そこで別のWindowsパソコンから外付けでIDEのハードディスクを接続して、
内部のデータのバックアップを取ってからフォーマットを行う事にしました。


LinuxのKnoppix(クノーピクス)やUbuntu(ウブンツ)など、
別のOSをCDブートで読み込んでパソコンを開き直す方法も使えるのですが、
メモリやCPU、マザーボードの性能がやはり低くて読み込み速度が遅いので、
今回はIDE方式対応の「USB変換ユニット」を使ってファイルの抽出を実践します。

IDE方式のHDD

まずはデスクトップパソコンの本体を倉庫から出して、埃を拭き取ります。

事前にさっと掃除をしたルーム内のデスクの上、または平面の床の上にシートを敷いて、
その上に置いて、蓋を取り外します。

内蔵されたハードディスクに付いたベイの固定ネジや
IDEケーブル、電源ケーブルを外して、PC本体から引き出します。


別の新しいパソコンを起動して、同じく別のバックアップ用の
別の外付けハードディスクの電源を入れて、USBケーブルを通して接続しておきます。

取り出したハードディスクをUSB変換ユニット(HDD変換アダプター)に
IDE方式のコネクタとIDE用の電源ケーブルを差し込みします。

USB変換ユニットの電源スイッチを入れるとPC上のマイコンピューターに
新しいリムーバブルディスクが表示されます。

エクスプローラー画面からリムーバブルディスクのアイコンを選択して中身を開き、
フォルダやその中のファイルを確認します。




次に、このIDEハードディスク全体の使用領域は12GBほどで
今の1TB、2TBある外付けハードディスクなら十分に余裕でコピーできるので
新しいフォルダを作って、その中に手動で一度丸ごとコピーを取りました。

バックアップ先フォルダー


今回は更に、このHDDの中で以前に何か削除してしまった重要なファイルが
もしかすると残っていたりしないかどうかを確かめるため、データ復元ソフトの
「ファイナルデータ」を起動して、一度スキャンを掛けてみました。

起動画面から「ファイルの復元」⇒「ゴミ箱から削除した場合」と進み、
対象の「リムーバブルディスク」を選択して、スキャンを始めます。

ファイルを復元

検出の自動作業が終わると、まだ残っているデータの痕跡から復元が可能な、
抽出に成功した拡張子の一覧が表示されます。

そして一覧リストの中から何か抽出する必要がありそうなファイルを
拡張子の種類や名前を元にチェックして、
パソコンまたは別の外付けHDDの領域を指定してファイルの復元を行います。



[全ての選択]等でのバックアップによるデータの抽出作業が完了したら、
今度はエクスプローラー上で対象のローカルディスク(古い方のHDD)を選択して、
右クリックをして「フォーマット」の項目を押します。

「クイックフォーマット」の項目にチェックが入っているのを確認したら
「開始」のボタンをクリックすると、HDDの初期化が行われます。

クイックフォーマット

これでこのハードディスクは空の状態になりますので、全ての領域をフルに使って
別のデータバックアップ用ドライブなどの他の様々な用途にも使用できます。

空のディスク


注意として、もしも取り出した古いハードディスクを起動しようとした時に
カタカタ…、カコンカコン…といった不自然で変な音が鳴り出したら、
内部の回路で「ヘッドクラッシュ」の物理障害が出ている危険があります。

そのままリムーバブルディスクでの読み込みができたら、
最優先ですぐにデータを別の記憶装置にバックアップして、
その後は使わずに完全削除の廃棄処分サービスに出す事を推奨します。

しかしデバイスマネージャに認識されずデータの読み込みが出来なかったら、
破損の悪化を防ぐためにすぐに作業を中断してUSBケーブルを抜き、
外付けHDDケースまたは変換ユニットの電源をオフにしてください。

もし、カタカタ音の鳴る物理障害が出たと思われるハードディスクに
大事なデータがまだ残っていて 何とかして抽出したい場合には、
全国各地のプロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
郵送か持ち込みで提出して、中身のファイルの抽出を行ってもらいましょう。

 






Dataの取り出しの案内 | HDDについて
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-970.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.