データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ウィンドウズ8で回復ドライブを作成してリカバリー】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ウィンドウズ8で回復ドライブを作成してリカバリー
マイクロソフト社の新しいオペレーティングシステムである
Microsoft Windows 8」(ウィンドウズ8)は、
今までのWindows 7以前のOSと比べて多くの仕様が新しくなっています。

ウィンドウズ8

このウィンドウズ8でもやはり時には、アップデート時のミスや
アプリケーションをインストールした時の影響といった
何かのトラブルでOSが不調をきたしてしまう可能性もあります。

その発生した問題により、もしもスタート画面やデスクトップ画面が開けなくなって
PCの中身のファイルがユーティリティーが使えなくなると大変ですね。

そんな時のためにOSの外部の外付け記憶メディアの方に、
「回復ドライブ」というシステム修復ディスクを作成して、
いざという時にそちらからブートで開いてOSをリカバリーさせる事ができます。


まずは今、使っていないUSBメモリやSDカード、
または最大容量の少ない外付けHDDなどの媒体を探して接続します。

※(回復ドライブに使用するデータ記憶装置は一度フォーマットされて
すべてのファイルやフォルダが消去されるので、使用の前に必ず、
重要なデータが書き込まれていないか念のためにチェックして下さい。)

[ディスクの書き込み]の画面で「USBフラッシュドライブと同じように使用する」に
チェックを入れたまま、「次」へをクリックします。

リムーバブルディスクのフォーマットが開始されて作業が完了したら、
フォルダ画面が表示されるのですがそのウィンドウは一旦置いておくか、閉じます。


[コントロールパネルでの作成の手順]

ウィンドウズ8のデスクトップかスタートからコントロールパネルを開き、
カテゴリ表示に切り替えて「回復」の項目を開きます。

[高度な回復ツール]の一番上の項目にある「回復ドライブの作成」をクリックします。

ユーザーアカウント制御のバルーンが出たら「はい」を選択します。

回復メディア作成ツール

回復ドライブの作成の画面が表示されたら「次へ」⇒「作成」を押します。

次の[USBフラッシュドライブの選択]の画面で使用可能なドライブの中から
使用していないSDカードやUSBメモリ、外付けHDDなどを、
パソコン本体のUSBポートかカードリーダーに差した状態で表示して選択します。

メモリを選択して「次へ」を押して進みます。

(bootの保存に必要な空き容量が256MB以上~数百MBほどなので、
 小さめな容量のメモリーカードなどでも大丈夫です。

 回復パーティションを一緒にコピーする部分にチェックを入れる場合には
 4GB以上の記憶領域を持つドライブが必要になります。)




書き込み作業が始まり、少し時間が経ったら
「回復ドライブの準備ができました。」の画面で「完了」を押して作業終了です。

回復ドライブ

最後にリムーバブルディスクをエクスプローラーで開き、
ブート(boot)のファイルやフォルダが正常に書き込まれているか確認します。

ブートフォルダ

これで急なトラブル時にOSをリカバリーするための回復ドライブができましたので、
Windows8のPCからハードウェアを安全に取り外して、保管しておきます。



実際に何かウィンドウズ8のシステムに深刻なトラブルが起きてしまい
セーフモードなどで開けないほどのエラーや破損が出ていしまい、
回復ドライブ(システム修復ディスク)からコンピューターを開く時は、

USBポートなどに回復ドライブを作成したメディアを差し込んで
Windows8のパソコンの電源ボタンを押して起動すると、
自動的にリカバリー作業用の青い画面が開きます。


まずは言語の選択画面が出るので「その他のキーボードレイアウトを表示」を
数回押し続けて、「日本語」の文字が出てきたらこれをクリックします。

オプションの選択画面で「トラブルシューティング」を押して進み、
PCをリフレッシュするか初期状態に戻すか、などのリカバリーツールを
ウィンドウズ8で発生した問題の状態に合わせて使用してください。

「詳細オプション」の項目では、「システムの復元」 「イメージでシステムを回復」 「自動修復」
といった機能を選んで使う事もできます。


※注意として、もしハードディスクそのものを[初期状態に戻す]場合は、
OSの初期化と同時に中身の大事なデータは削除されてしまいます。

事前に必ずLinux OSのKnoppixやUbuntuで開いてバックアップを取るか、
パソコンからHDDを取り外してUSB変換ユニットで読み込んでコピーをするか、
またはデータ復旧会社といった専門業者に注文して
ファイルのサルベージをしてもらってから、ハードウェアの初期化を行ってください。

 






ウィンドウズ7・8・10 | Windows8
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-968.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.