データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【DVD-Rをフォーマットした後でファイルを復旧するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


DVD-Rをフォーマットした後でファイルを復旧するには?
パソコンの用データの記録用メディアとしても使用されている
『DVD-R』(Digital Versatile Disk Recordable、
(デジタル・ヴァーサタイル・ディスク・レコーダブル)
は、
ディスクに最大容量の範囲内で一度だけ書き込みができる媒体です。

DVD-R


設定された容量の最大値である片面1層:4.7GB、片面2層:8.5GB、
あるいは両面各1層:9.4GBの範囲内であれば、
小さい容量のファイル群などを繰り返して何度か書き込みもできます。

一回保存をした分の容量は差し引かれてもう元には戻らないのですが、
しかしDVD-RやCD-R、BD-Rでもディスクの[フォーマット]を行うと、
一度記録したファイルを普通に削除する事ならできます。

しかし「自分で消去ができる」、という点で逆に間違えやすいトラブルとして、
DVD-R等に書き込まれていた替えのない大事なファイルなどを
うっかり初期化して削除してしまったら、少し困った事になる場合もあります。

そんな時に、すぐに元に戻せる方法はある?という疑問について。


まず、DVD-Rはパソコン本体の内蔵ドライブの領域の外側の媒体なので、
Windowsの[システムの復元]やMac OS Xの[Time Machine]等の標準機能では
自動的なデータのバックアップが基本的に行われません。

DVDのフォーマット(初期化)をしてしまうとDISCにあった
全ての拡張子やフォルダは、表示上ではひとまず削除されてしまい、
「このフォルダは空です。」といった一文が出てくるだけになります。

ですがこの段階ならあくまで「DVD-Rを初期化させて消去した」、
という命令をディスク媒体に書き込んだだけの状態です。

DVD-RWやCD-RW、BD-REと違い、DVD-Rは初期化させても
最大容量はフォーマット直前の時のまま差し引かれた状態なのですが、
以前に記録していたファイルの[痕跡]の方ならすぐには消えていません。

そこからまだ何も新しいファイルを書き込んでいなければ、
見えない部分にデータの痕跡が高い割合で残っています。




一般個人でDVD-RやCD-Rからフォーマットで消えたデータを復旧させるには、
DVDやCD、BDなどのディスクメディアをスキャンできる機能を備えた
より専門的な[データ復元ソフトウェア]を入手する必要があります。

ここの解説ではDVDの検知が可能な、[QueTek]から販売されています
File Scanvenger】(ファイル・スキャベンジャー)という
アプリケーションソフトをWindows8のPCで使用して、実践例の手順を記述いたします。



まずDVD-Rのディスクを、パソコンに内蔵されたDVDドライブの
トレイに挿入して、OSにデバイスを読み込ませます。

(※DVDが読み込めるBDドライブや外付けのDVDドライブでも大丈夫です。)

[FileScavenger4.1]をパソコンにインストールして、
Program Filesまたはデスクトップアイコンから開きます。

ウィンドウ画面の最初の「ステップ1」の項目で「検索場所」の矢印を押して、
DVDドライブまたはBDドライブの[論理ボリューム]を選択します。

ボリュームの読み込み

(復旧させたい拡張子の種類が少なくすでに決まっている場合は、
「検索対象」の項目でチェックを付けて限定しておく事もできます。)

最初に合わせてある「クイック」のモードのままでは
「ブートセクタが見つかりません。/ファイルが見つかりませんでした。」
と出てスキャンできないので、「完全」のモードに合わせて「検索」を実行します。

次の選択肢で「いいえ。削除されたファイルを表示」を選びます。

大体の場合は時間がかからず、すぐにディスクのスキャンが終わります。

その次に「表示のヒント」というバルーンで「OK」を押します。

ファイル名の一覧リストに検知できた消去データが表示されます。

スキャン結果

この中から、復元させたい必要なファイルを選んでチェックを入れます。

※ファイル名が元のデータの名前と変わっていて
どれかわからない時はひとまず全て選択して修復するか、
変更日時やサイズ、種類などの項目で判別を行って下さい。

データの検出

タブを「ステップ2」に合わせて、今度は「保存先」の項目で
「参照」ボタンをクリックして、ファイルを保管したい場所を指定します。

file scavenger

ローカルディスクや外付けHDDなどのフォルダを指定して、
「回復」のボタンを押すと、ファイルの書き込みが行われます。

ファイルの回復に成功しました。」とバルーンが表示されたら[OK]を押します。

一覧の表示が変わり、この中で状態が「良好」か「回復済み」と
表示された拡張子は、正常な復元に成功しています。

しかし「失敗」と出ている拡張子は、ファイルが破損した状態で
保存先に新しく作られたフォルダの中に作成されている事があります。

(※失敗と表示されていても普通に復元に成功している場合もあります。)

ファイルの回復に失敗

もう一度「ステップ1」に戻り再度「検索」を押すと前回の検出結果をクリアして、
再びDVD-RやDVD-RW等から失ったデータの検出と回復を行う事もできます。


ですが「失敗」と結果が出て実際に破損していたファイルは、
フォーマット以降の操作やデータ復元ソフトごとの性能にもよるのですが
複数回のスキャンをかけても元に戻せる確率が低いです。

逆にかえって拡張子の痕跡を更に破損させてしまうおそれもあります。

(※特にディスクの媒体はデリケートなので取り扱いに注意が必要です。)

ご自身でアプリケーションを使用しても元に戻せなかった場合には、
全国各地にて営業されています「データ救出サービス」の
受付サポートに問い合わせをしてみてください。

DVD-RやCD-R、BD-Rなどのフォーマットしてしまったディスクを郵送か持込みで
提出して、プロのスタッフに専門の設備にて復旧してもらわれる事を推奨します。

 






DVD-RAM/RW | DVD-Rなどの光学メディア
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-967.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.