データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【MOV(QuickTime)の動画ファイルを削除後に修復】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


MOV(QuickTime)の動画ファイルを削除後に修復
ビデオカメラやデジタルカメラ等で撮影したムービーの保存形式の
「.mov」(エムオーブイ )は、主にアップル社より開発された
「QuickTime」(クイックタイム)で映像や音楽を再生するための、
数ある映像コンテンツ用の拡張子の一つとして使用されています。

またWindows Media Playerなど、他のアプリケーションでも
互換性があって同じように視聴する事ができます。

近年では企業だけでなく一般家庭でもデジタルビデオカメラやデジカメ、
またカメラ機能のあるモバイルコンピューターの端末が普及して、
誰でも簡単に動画の撮影・作成・編集ができるようになりました。

しかしその分、うっかり間違えて自身で撮って作成していた
.movなどの拡張子を、カメラの一括消去やフォーマットの機能などで
バックアップを取らないうちに削除してしまうトラブルもよく起こりえます。

そこで「.mov」(QuickTime)の拡張子で作られた動画データも、
他の種類のファイルやフォルダと同じように後から修復するには
どうすればいい?という疑問について、お答えいたします。


まず、パソコンの内蔵ハードディスクかSSDにすでに動画ファイルを
ビデオカメラやデジタルカメラからすでに移し替えていて、
CドライブやDドライブの中で削除してしまった場合なら、

OSに標準搭載されている自動バックアップ機能や
オンラインストレージサービスを「オン」の状態にしていれば多くの場合、
すぐにバックアップ先のフォルダを読み取る事で元に戻せます。

・MicrosoftのWindowsなら[システムの復元]や[ファイル履歴]、
・AppleのMac OS Xなら[Time Machine]や[iCloud]など。

しかしSDカードやCF、xDピクチャーカードなどのメモリーカードに
まだmovファイルが残ったままパソコンに移し替えず、誤って削除した場合、
PCのローカルディスクの外部領域なのでこれらの標準機能では
外部ボリュームの拡張子までは記録されず元に戻す事ができません。

メモリーカード

(また内蔵HDDの内部でも、バックアップ機能をオフ状態にしていたら
同様にファイルが自動的に外付けメディアに保存されません。)


先に、メモリーカード等に新しく別の写真や動画を上書きしてしまうと、
まだ残っている可能性の高い前の拡張子の痕跡が消えてしまいやすいため、
ひとまずは回復の作業を始めるまでそれ以上、使わないようにして下さい。

最初に、SDカードなどの記録装置をデジタルカメ本体差し込んだまま
専用のUSBケーブルを繋げてパソコンに接続するか、
またはUSBカードリーダー/ライターに挿入してPCにデバイス認識させます。




※ここから先の説明は、消去したファイルを復活させる機能を持つ
「データ復元ソフト」を使っての解説になります。

この説明文では[QueTek]の『File Scanvenger』(ファイル・スキャベンジャー)
というデータリカバリーツールをWindows 8のOSのパソコンにセットアップして、
デジカメのSDHCカードを読み込んで検出した場合の実例を掲載いたします。

このソフトウェアの場合、先に試供品のデモ版をダウンロードして、
まずは対象のハードウェアのボリューム内のスキャンだけ行って
失ったファイルが回復できるかをチェックする事が可能です。

そして後から料金を支払ってユーザーのライセンス番号を取得し、
そこで初めてファイルの回復を実行する、という手順での使い方もできます。


File Scanvengerの操作手順


パソコンにインストール・セットアップした[File Scanvenger]を起動します。

最初に「ステップ1:検索」の「検索場所(L):」の参照コマンドで
対象の論理ボリューム(movファイルを失ったデータ記録装置)を選択して、
[クイック]のモードに合わせたまま「検索(S)」のボタンをクリックします。

論理ボリューム

(※DVD-RWやBD-REなどのディスクからファイルを削除して失った場合は
[完全]のモードで時間をかけてスキャンをして下さい。)


ボリューム内に残ったデータの痕跡のスキャンが開始され、
その次に出る「表示のヒント」のウィンドウではそのままOKを押します。

スキャン結果で復元が可能な拡張子の一覧が表示されます。

その中から、修復したい.MOVのファイルを探して順にチェックを入れていきます。

File Scavenger

(※状態が「不良」と表示されている事もあるのですが、
拡張子の種類とサイズのデータが問題なければそのまま続行して下さい。)

次にウィンドウ内の左上の「ステップ2:回復」をクリックして、
保存先の枠の下にある「参照(B)」をクリックします。

そしてパソコンのHDDかリムーバブルディスク内の元に戻したい
フォルダの場所を選択して、OKボタンを押します。

ファイル・スキャベンジャー

「回復(S)」のボタンをクリックすると、復元が開始されます。

保存先フォルダに既に何かのファイルが存在している場合は
上書きモードの選択画面が出てきますので、
ここでは[別のファイル名を与える]を選んで「OK」を押します。

回復

(※.movの動画ファイルのサイズが数GBと大きかったり
 ムービーの拡張子の数が多い場合は少し時間がかかります。)

データ復元の自動作業がトラブルなく無事に完了すると、
「ファイルの回復に成功しました。
ただし、必ず回復されたファイルの整合性を検証してから使用してください。」

とメッセージが表示されるので、最後にまた「OK」ボタンを押します。

回復済み


そして保存先のフォルダをエクスプローラで開き、
.MOV(QuickTime)の映像ファイルがしっかりと作られているかを確認します。

mov拡張子

念のために一つずつWindows Media Playerなどの再生ツールで開き、
正常にムービーが映って流れているかチェックしてください。


全てのmovファイルに破損が見られず正常に再生できる事を確認したら、
[File Scanvenger]を終了して閉じます。

しかしリムーバブルディスクのスキャンをかけても復元させたいムービーのファイルが
一覧に出てこない場合は、すでにデータの痕跡が上書きされて消えてしまったり、
拡張子が破損していて回復できない場合があります。

一般個人だけではやはり完全には元に戻せない場合もあるので、
なるべく成功率が高く より確実に失ったファイルを取り戻したい時には、
全国各地やオンライン・リモートで受付が行われています
[データ復旧業者]のサービスに注文して復元してもらう事をお薦めいたします。

 






ビデオカメラ動画の回復 | 拡張子
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-966.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.