データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【フォーマットしたコンパクトフラッシュの写真を復活させる手順】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


フォーマットしたコンパクトフラッシュの写真を復活させる手順
デジタルカメラで使用する画像の記録媒体の一つ
【コンパクトフラッシュメモリーカード】(CF,compact flash)は、
現在デジタル一眼レフカメラ等の機材で使用されています。

CFカードの主なメーカー
  • Sandisk Extreme (サンディスク・エクストリーム)
  • Transcend(トランセンド)
  • SILICONPOWER(シリコンパワー)
  • GREEN HOUSE(グリーンハウス)
  • BUFFALO(バッファロー)


このコンパクトフラッシュカードは他のデジカメのSDカード等と同じく
日々カメラを使っているうちに、常に大量の写真や動画のファイルが作成されて、
容量が一杯になって削除、という動作を繰り返していく使い方が多いですね。

transcendフォルダ

しかしある時にうっかりデジタルカメラの機能で間違えて
CFカード全体の『フォーマット』(初期化)の指示を出してしまい、
大事な写真やビデオムービーのデータが丸ごと消えてしまった、
という事態になってしまうトラブルが稀に起こってしまうケースもあります。

または、パソコンにUSBケーブルでの接続でCFを認識させている時に、
指示のミスでリムーバブルディスクの「クイックフォーマット」を
かけて消去してしまったため、すぐに復活させたい、という場合について。


まず、カメラやPCの機能からフォーマットの入力をして初期化すると
文字通りそれまでのデータがすべて削除された、という指示を
メモリーカード内に出すことになります。

ですがフォーマットして直後の段階であれば、
まだ以前に書き込まれた拡張子のデータそのものは、フォルダの表示上では
見えないのですが、大抵の場合は「痕跡」がまだ残っています。

特にコンパクトフラッシュのように小型のフラッシュ・メモリーカードなら
最大容量も低く、ディレクトリ全体のスキャンにも時間がかからないので
消えた写真や動画をご自身で復活させる作業もある程度行いやすいです。

ひとまずそれ以上はそのフォーマットさせたコンパクトフラッシュを使って
写真を新しく撮らないようにして下さい。

もしパソコンをご自身で一台お持ちであれば、
以下のような作業の例でCFの写真を元に戻す手順を試みる事が出来ます。


まずはデジタルカメラに付属しているUSBケーブルを取り出して
コンパクトフラッシュを挿入したデジタルカメラとパソコンを繋げて
リムーバブルディスクとしてデバイスに認識させます。

または『USBカードリーダー/ライター』にCFカードを差し込んで、
パソコンにUSBコネクタに繋げて読み込みます。




※ここから先の作業は、パソコンの内蔵ハードディスクの外部で接続している
リムーバブルディスクを読み込んで検出できて、かつ、間違えてフォーマットした場合の
回復機能が搭載された「データ復元ソフトウェア」をインストールして使う必要があります。

CFカード

こちらの実例の解説では、パソコンからクイックフォーマットした
Transcend製の8GBコンパクトフラッシュを、AOSテクノロジーズのソフトウェア
『ファイナルデータ9.0 復元+Office修復』を使用して復元します。


まずは、PCショップかオンラインで購入したファイナルデータのソフトウェアを
パソコンにインストール・セットアップして起動します。

「ファイルの復元」⇒「フォーマットをした場合」を選択します。

ファイナルデータ9.0

左側の一覧画面からコンパクトフラッシュのアイコンを探してドライブを選択したら、「検索」を押します。

フォーマットで失われたデータの検知が始まります。

※ディスクのサイズ(最大容量)が大きいと少し時間がかかります。

フォーマットの復元中

スキャンが無事に完了すると「リストからファイルを選択してください。」という画面に切り替わります。

ここで一覧リストの中に、元に戻したい写真のデータが含まれていたら、
その項目のフォルダを選び、「選択したファイルを復元」のボタンを押します。

ディレクトリ

次の画面で、「フォルダーの参照」の項目で
復活させる写真や動画の保存先のフォルダを一覧から選んで「OK」を選択します。

※拡張子のサイズが「0bytes」で更新日時がかなり古い表示になっている
場合もあるのですが、その際には気にされずにそのまま作業を続行してください。

そして最後に指定先フォルダを確認して、以前に失われた写真のファイルが見つかり、
アプリケーションで画像が正常に開ければ、データ復活に成功です。

修復したファイル


しかし、データ復元ソフトウェアの性能や拡張子の損傷の具合によっては
上下左右のどちらか半分くらいが白色や灰色に変わっていたり、
縦線、横線が入っていて一部が破損した状態で修復される事もあります。

また、写真画像ファイルの痕跡がすでに別のJPGの拡張子などで
上書きされてしまい、スキャンしてもリストに表示されない可能性もあります。

痕跡が正常に残っているか不安なのでなるべく確実に元に戻したい、
という際には、全国各地にあります「データ復旧サービスセンター」に
CFカードを出して、修復が可能かどうかの診断を受けてみてください。

 






メモリーカード | フォーマット
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-965.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.