データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【MacでWindowsパソコンのHDDを読み込み】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


MacでWindowsパソコンのHDDを読み込み
アップル製のMacintosh(Mac OS X)のパソコンからWindowsのOSのパソコンに入れている
ハードディスクを繋げて中身のデータを読み込みする事はできる?という疑問について。

アップルのMac OS XとMicrosoftのWindowsは開発元の会社やコンピューターの中身が
システムで違うだけでなく、対応されているアプリケーションソフトウェアも大きく異なります。

例えば同じ制作元から開発・発売されているユーティリティーでもWindows用とMac用で
分かれていたり、どちらか片方しかリリースされていない事がほとんどですね。

ですが、「ファイル」の拡張子や「フォルダ」(ディレクトリ)は
ほとんどが両方のOSで共通して読み込みを行う事ができます。

Windowsで保存しているデータをUSBメモリやDVD-RWなどにコピーして
Macパソコンに差し替えて開く、といった事もできます。

例として、Windowsのパソコン本体が故障したりOSが破損して開けなくなり、
ご自身で所持している中で正常に起動できるPCが
Mac OS Xのパソコンのみになってしまったとします。

そんな時にWindowsパソコンの方で保管していたデータを緊急時のトラブル対処として
Macの方で読み込みしたい時にハードディスクを開く際には、いくつかの方法があります。


まず、Mac Proなどのデスクトップパソコンをお使いの場合は、
「増設」の形でWindowsのハードディスクを本体から取り出して、
空いているドライブベイに設置する方法が使えます。

ですが内蔵して増設する方法は、ハードディスクが今のSATA方式ではなく
少し前のIDE方式のHDDやノートパソコン用の2.5インチ型ハードディスクの場合、
うまく設置できない事が多いです。

またMacbook Air/ProやiMac、Mac miniをお使いの場合、
PC本体にHDDを増設する事ができません。

これらの理由のため、多くの場合ではより簡単に接続ができる
「外付けハードディスクケース」か「USB変換ユニット」を
別途に購入して、外部接続の形での読み込みを実行されるのをお薦めします。

USB外付けハードディスクケースをお使いの場合は、読み取りをしたいWindowsパソコンの
HDDのサイズが3.5インチか2.5インチか、またSATA方式かIDE方式かで
対応できるケースの製品が異なります。

購入される前に必ずWindowsパソコンの蓋を開けて、
内蔵されているハードディスクの種類を確認してください。




手順はまず、PCケースの蓋を開けて、ドライブベイからネジを外してハードディスクを取り外します。

次に外付けHDDケースの蓋を開けて、ハードディスクを
正しい方向で収納して、しっかりはまったら蓋を閉めて固定します。

Macパソコンを起動し、USBポートにUSBコネクタを差し込んで、
外付けHDDケースの電源を入れます。

アクセスランプが正常に光って正常に回転音が鳴るのを確認したら、
デスクトップ画面下のDockの左側にあるFinderを開きます。

ハードディスクケース

メニューの「デバイス」の項目に「Unititled」という名称が表示されたら、
これを選択して開くとハードディスクの中のフォルダやファイルの一覧が表示されます。

Unititled

後は、必要な分のファイルをコピーしてバックアップを取ったり、
特定の拡張子を開いてMac用のアプリケーションで編集を行います。

(※注意として、Windowsにダウンロードしているソフトウェアは
 ショートカットアイコンを探してクリックしてもMacで開けない場合が多いです。)

(※ハードディスクがデフォルトでは読み取り専用になっていて、
 新しいデータの書き込みができないようになっている場合があります。)



もう一つのUSB変換ユニット(HDD変換アダプター)はSATAとIDE両方の端子に対応された
二つのコネクタが付いた製品なら、SATAとIDE、2.5インチ、3.5インチの
全てのハードディスクに対応できるので汎用性ではこちらの方が便利です。

一時的に読み込みするだけで、長期間外付けHDDとして使用するわけでなければ
外部の保護をする必要性が少ないので、USB変換ユニットを購入されても良いでしょう。

接続の方法は、対応されたコネクタに差し込みをして、
USBケーブルをパソコンに差して電源を入れるだけでOKです。
(IDE方式の場合はパラレルコネクタと電源コネクタを差し込みます。)

USB変換ユニット

そして外付けHDDケースと同じようにFinderを開いて新しいデバイス(Unititled)を展開して確認します。


もしHDDが正常に認識しない場合は、接続が正常にできているか一度確認をして、
USBコネクタを一回パソコンから抜いてMac OS Xを再起動し、再度繋げてみてください。

もしもハードディスクの本体自体が物理的に故障していると思われる場合は、
各地の専門のデータ復旧サービスセンターの方に出して、見てもらってください。

 






Macintosh | ハードディスク
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-962.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.