データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【WordPressをレンタルサーバー上からバックアップ】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


WordPressをレンタルサーバー上からバックアップ
現在、世界でも特に利用者数の多いオープンソースのブログ作成ツール
「WordPress」(ワードプレス)は、[MySQL]の機能などから
自分自身でレンタルサーバー上でデータベースを管理する事が出来ます。

ブログ(WEBLOG)は普通のホームページと違い
基本的にインターネット上でウェブページを作成して保存する仕組みで、
サーバー上にアップロードして使うWordPressもその点では同じです。

新しくページを作成して更新した時、PC上のフォルダ上ではなく
レンタルサーバ上のスペース(ファイルマネージャー)に保存されます。

そのため、もしも何かの操作ミスで間違えてページを消去してしまうと
レンタルサーバーをお使いの場合、簡単には元に戻せなくなってしまいます。

また、稀に管理サービス会社の方である日、突然何らかのシステム障害が起こり、
保存先のデータベースが破損してしまう、という可能性もあります。

そのため、WordPressで作成したブログのディレクトリは
もしもの事態に備えて定期的にインターネットからダウンロードする形で、
所有しているパソコン等にバックアップを取る事が非常に重要になります。


まず一つの簡単なバックアップ手順として、WordPressのダッシュボードの管理画面から
「投稿」⇒「投稿一覧」⇒各記事タイトルを順に開き、本文の文章を選択してコピーします。

記事の文章をメモ帳やWord、テキストエディタに貼り付けて名前を付けて保存します。

画像ファイルは右クリックで「名前を付けて画像を保存」で
パソコンのフォルダ上にバックアップします。

一つか二つ分の記事ページを臨時にバックアップしたい時は
この簡易的な操作でもすぐにできるのですが、
数百ページ分の日記や記事をまとめて保存する時には、以下の方法を行ってみましょう。


エクスポートで保存


まず、記事ページ等をテキストエディタ用にバックアップする際には、
WordPressの管理画面で「ツール」から「エクスポート」に入ります。

WordPress

「すべてのコンテンツ」を選択して「エクスポートファイルをダウンロード」のボタンを押して
「保存」をクリックすると、パソコンの指定のフォルダに保管されます。

[wordpress.日付.~]のダウンロードが完了しました。]
というメッセージが出たら「ファイルを開く」で内容を確認します。




後にバックアップした記事ページやカテゴリ設定などの内容を
URLアドレスの移転や再構築のためにバックアップ分から引き出す場合は、

ツール⇒インポート⇒[Movable Type and TypePad]の項目に入って
ツールをインストールします。

インポート

[自分のコンピューターからファイルを選択する: (最大サイズ: 2MB)]の
選択窓で、前にエクスポートしたテキストの拡張子をアップロードします。


これで、以前にバックアップした時と同じ状態にブログを復元できます。

別のブログサービスに移転して使う場合は、
文字化けや記事番号のずれ、余分な項目の表示などの不具合がよく出るので、
その都度、テキストエディタを使って最適な形にカスタマイズをして下さい。な


FTPソフトでサーバにアクセス


また、FTPの送信・受信ソフト『FFFTP』を使って
レンタルサーバーのディレクトリにアクセスする方法があります。

最初にFFFTPをパソコンにインストール・セットアップして開きます。

http://www.forest.impress.co.jp/library/software/ffftp/

はじめに行う「ホストの設定」でレンタルサーバーの登録時に発行された
ホストの設定名、ホスト名、ユーザー名、パスワードを入力して
「OK」→「接続」ボタンをクリックします。

ホスト設定

レンタルサーバーへの接続に成功すると、FFFTPのウィンドウの左側メニューに
ご自身のパソコンにあるFFFTPのソフトウェアのフォルダの内容、
右側にレンタルサーバー先のファイルマネージャーの一覧が表示されます。

WordPressのデータをパソコンにバックアップするには、
FFFTPの右側メニューでShiftキーやCrtlキーを使い、

「wp-admin」「wp-content」「wp-includes」のフォルダと
「.htacces」「index.php」「license.txt」「readme-ja.html」、
自身で作成したフォルダやファイルなど、WordPressの関連ファイルを全て選択します。

FFFTP

次に左側のメニューでバックアップしたいフォルダに
パソコン上のディレクトリを移動するか、新規で「フォルダ作成」を行います。

またはエクスプローラ画面を開いて、Dドライブや外付けHDDなどの
バックアップ先のフォルダを表示します。

そしてそのディレクトリに、先ほど選択したWordPress内の
ファイルやフォルダを[ドラッグ&ドロップ]でコピーします。

全ての保存が終わったらデータの確認をして、バックアップ完了です。


また、「MySQL」のデータベースで設定をバックアップしたい時は、
まず『mysqladmin』のページで管理画面にアクセスします。

サーバーにログインし、バックアップしたいデータベースの項目を
全て、もしくは個別のテンプレートごとに選択して「エクスポート」をクリックします。

MySQL

エクスポートの方法を指定して「実行」ボタンを押します。

パソコン上にデータを保存して、フォルダを確認すると、
mysqlの数百KBの「sqlファイル」が保存されています。


また他にも、WEBレンタルサーバーのサービスごとのFTP機能を使ったり、
ファイルマネージャーにログインして、アップロードしたファイルを選択して
ダウンロードする形でバックアップを取る手法など、様々な方法が活用できます。

 






データベース | Wordpress
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-961.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.