データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【MacパソコンでiCloudを設定してデータバックアップ】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


MacパソコンでiCloudを設定してデータバックアップ
アップル社から提供されているクラウドサービスの
「iCloud」(アイクラウド)は、コンピューター上のデータを
ネットワーク上でバックアップができるオンラインストレージです。

iCloudはアップルより開発されているオペレーティングシステム「Mac OS X」の搭載された
MacintoshのデスクトップパソコンやiMac、Macbook Air/Proのノートパソコンからも
Apple IDを管理して使う事が出来ます。

特に、最近の[Mac OS X Lion v10.7]や[v10.8]といった新しいバージョンの
MacのOSでは、PCを購入した時の最初の段階で
iCloudがすでにインストールされているので初心者の方も使いやすいです。

(もしiCloudがWindowsなど、お使いのパソコンのOSになかった場合は、
iCloudのソフトを新しくダウンロードしてインストールする必要があります。)


使い方としてまずMacパソコンの電源を起動して、デスクトップ画面を開きます。

Dockメニューの「システム環境設定」で銀色の雲のマークをした
iCloudのアイコンをクリックします。

システム環境設定

iCloudのウィンドウに変わったら、次に「Apple IDでiCloudを設定」の項目に、
事前に作成したApple IDとパスワードを入力してサインインをします。

Apple IDはMac OS Xのパソコンを購入した時に新しく、システム環境設定の
「メール/連絡先/カレンダー」⇒「アカウントを追加」の操作で新規作成できます。




データのバックアップに使用するiCloudのIDを入力して「サインイン」を押します。

Apple ID

次の画面で上の[iCloudで連絡先、カレンダー、およびブックマークを使用]
にチェックを入れて(「Macを探す」の方は任意で)「次へ」をクリック。

次の設定画面で「メールとメモ」「連絡先」「カレンダー」「ブックマーク」「書類とデータ」
のうち使用しているツールの項目にチェックを入れます。

iCloud

(写真管理ソフトをすでに購入してお使いであれば「フォトストリーム」の項目にチェックを付けて、
デジタルカメラなどから取り込みした写真画像をフォトストリームにドラッグするか、
メモリーカードやカメラのデバイスを読み込んで写真をダウンロードします。)

これでApple IDとの同期が行われて、定期的にデータのバックアップが行われます。

オンラインストレージ上に保存されたバックアップデータを確認したり管理を行うには
iCloudのサイト(https://www.icloud.com/)にアクセスします。

iCloudページ

ここでもApple IDとパスワードを入力してサインインします。

メール、コンタクト、カレンダーのそれぞれのアイコンを見て、
それぞれのデータがバックアップされているかをチェックします。

(「iWork」の項目は、Mac OS Xのバージョンがv10.7.4 以上であり
iTunes StoreからKeynoteかPages、Numbersの仕事効率化ソフトウェアを購入して、
書類のデータを転送できるようにする必要があります。

iTunesを起動してApple IDとパスワードを入力してまたサインインし、
App Storeから上記の仕事効率化ソフトのどれかをオンライン購入して
ダウンロード、セットアップを行って下さい。)

また、他のコンピューターで以前にサインアップして使っているApple IDを
Macパソコンからサインインして、他のコンピューターのバックアップしたデータを
オンラインストレージジサービスの管理画面から開いて閲覧する事もできます。


iCloudのストレージで一つのアカウントで使用できる最大容量は
初期状態で5GBまでに標準で設定されています。

容量を増やしたい時は、iCloudを起動⇒「管理」⇒「ストレージプランを変更」の
ストレージ購入で年間10GB、20GB、50GBの有料プランに変更する事もできます。

しかし、iCloudではMac OS XなどのIT環境で使用する特定のファイルを
Finderから選んで任意で自由にバックアップを取る事は出来ず、
メールや連絡先、メモ帳など特定のデータしか基本的には保存が出来ません。

MacintoshパソコンやMacBook、iMacの中の大事なデータを一通り
バックアップしたい時には、TimeMachine(タイムマシン)などの機能を使ったり、
手動で外付けHDDやDVD-Rなどにコピーペーストで保存される事をお薦めします。

 






クラウドストレージ | macユーザー
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-958.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.