データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【レンタルサーバーのディレクトリ内のバックアップ】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


レンタルサーバーのディレクトリ内のバックアップ
ネットワーク上からWEBサーバーのディスク領域にあるディレクトリのスペースを借りて顧客側が
使用することができる『レンタルサーバー』(rentel server)のサービスは
現在、インターネット上の様々な部分で使う機会があります。

まず例として、新しく開設するホームページのアップロード先に使うホスティングサーバーの
ウェブディレクトリや、ブログ、掲示板、SNSなどのログデータがこれらに当てはまりますね。

他にも電子メールの受信箱や送信箱、下書きやごみ箱ボックスの中身や、
写真画像や文書の公開先ページ等も、レンタルサーバーの中に保存されています。

また近年では[オンラインストレージ](クラウドコンピューティング)の
バックアップ用サービスも多くのIT企業にて実施されています。

これらのレンタルサーバーはLinkstationやTeraStationなどのNASや自前の運用サーバと違い
ご自身で丸ごとシステムを構築せずとも、顧客側はサービスのアカウントを取得して使用するだけで
良い点が強みです。

ディレクトリの構成は最初から設定されているプログラムで自動的に特定の構造に
設定できるものが多く、変更した状態の保存とシステムの管理も運営サービスの方で行ってもらえます。

しかし一つの注意点として、インターネット上で作成したコンテンツは
定期的にバックアップを行っていく事が非常に大切です。




パソコン上で保存する時との違い


ホームページのホスティングサーバー上にアップロードしたHTMLのページや画像ファイル、
mp3ファイル等の場合は、ホームページビルダー等のソフトウェアを使用してパソコン上で
構築していれば、丸ごとHPのデータやbakファイルがCドライブ等のフォルダ内に保存されています。

投稿した写真画像や動画なども多くの場合はパソコンやモバイル機器から
編集加工や取り込みで保存して、そこからアップロードする事が多いですね。

ですが、直接インターネット上から作成したり受信したコンテンツの場合、
基本的に最初はレンタルサーバー上でのみデータが存在する形になります。

そのため、もし操作ミスでファイルを削除してしまったり同名の拡張子の上書きによるアップロードを
行ってしまうと、一つしかない貴重なデータがそのままネット上から消えてしまう事になります。


[レンタルサーバスペース内の保管データの一例]

・ブログの記事ページやカスタマイズしたテンプレート、CSS、プラグイン。
・SNSに書き込みした日記やコメント、作成したフォーラムのコーナー。
・掲示板に書き込みしだスレッドやレスのテキスト。
・Movable Type(ムーバブル・タイプ)のディレクトリの設定。
・電子メールサービス内の受信箱、送信箱、下書き、ゴミ箱BOX。
・データの統計関連サービスの過去ログ一覧。
・アップロード時にサイズや解像度が自動的に変更されたファイル。
・ウェブアプリケーションの個人アカウントの設定。
・プロフィールページで書いた記入事項。
・ファイルマネージャ上で作成したフォルダの構成。


ある時、サーバ障害が起こりレンタルサーバー先のディレクトリが破損したり、最新日の付近の
新しいログが消えてしまうシステム障害が突然発生して唐突にインターネット上のデータが
失われることも珍しくありません。

また、小規模なレンタルサービスであるほど、
突然提供サービスが予告なしに閉鎖されてしまう事もよくあります。

事前にレンタルサービスの終了のお知らせメールが届いていても、うっかり長期間チェックしていなくて
読むのを見逃してしまったり、受信の不具合でメールが届かなかった、というケースもよく起こります。

筆者もこれまでに、間違えて削除や上書きアップロードをしてしまったり、いつの間にか
レンタルサーバー先のサービスが終了してメールやテキスト等を一部失ってしまうことも度々ありました。

それらの急なデータ損失のトラブルを避けるためには、自宅/自社のパソコンのハードディスク
またはSSDを通さずに直接ネットワーク上で作成したレンタルサーバー上にしかないデータをよく見て、
必ず構築した直後か、一定期間ごとにまとめてバックアップを取って下さい。

ブログサービスではエディタの形式で今までのログを一括で保存できる
エクスポート』(export)の機能が設置されている所が多いです。

エクスポート

同じサービスであれば、もし間違えてデータを削除してしまっても、
「インポート」(inport)の機能を使ってバックアップ分を同じ形で復元できます。

統計データなども、Execl用のCSVのFileやドキュメントとして
期間を決めた分だけ一覧リストを保存できるサービスも多いです。

エクスポート機能がない掲示板やSNS、メール、アップローダの場合は、【ファイルマネージャー】の
画面にユーザーがアクセスできる仕様であれば、そこからディレクトリのエリアに入って、
ファイルをパソコンや外付けHDD、RAID、NASといったデータ記憶メディアに保存してください。

ファイルマネージャーの画面にログインできないサービスの時は、テキストの場合はページを開いて
文書のコピーペーストで、メモ帳やWord、Excel、一太郎などのワークシートに保存します。

画像ファイルの場合は右クリックで「名前を付けて保存」を行います。

名前を付けて保存

[FFFTP]などのFTPソフトでホスティングサーバーのディレクトリに接続できるサービスであれば
簡単に外付けハードディスクやRAID、NAS、個人用サーバなどにファイルを保存するなどで、
後に何かの削除ミスが出た時に復旧するためのバックアップを手軽に行えます。

FFFTP

オンラインバックアップのサービスに保存しているデータも、
念のために外付けHDDやDVD-RWにコピーを取って保存する事を推奨します。

レンタルサーバー上で提供されているユーザー専用のディレクトリに顧客がどのようにしてアクセスして
ファイルを管理できるかどうか、各サービスごとにヘルプコーナー等で操作方法の確認をして、
定期的にオンライン上のデータのバックアップを行って行きましょう。

 





バックアップ保存の手順 | レンタルサーバー
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-955.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.