データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【クイックフォーマットによるファイル消失のミス】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


クイックフォーマットによるファイル消失のミス
パソコンの二次記憶装置や外付けの記憶媒体として使う
「ハードディスク」の値段は、時期によって一気に高騰する事も多いですね。

メーカー先は、東芝製、SEAGATE製、WD製、日立製、I-O-DATA製と数多くあり、
最大容量が500GBで5000円、1TBで7000円、2TBで11000円、3TBで14000円、
という具合に、製品の種類にもよるのですが容量が大きいほど値段も高くなります。

HDD

大量のデーターを運用して使うには複数のHDDがあると大変便利なので、
筆者も数多くのハードディスクを購入して様々な用途で使っています。

ですが時には、急に大容量のファイルを保存できる媒体が新しく必要になり、
しかし事情でHDD等をすぐ補充するのが難しい、というパターンも起こりえます。

そんな時には、古くなった容量の低い方のハードディスクや
USBメモリ、SSDなど別の記憶メディアに[クイックフォーマット]をかけて、
出荷時のほぼ白紙の状態に初期化させて使い直す、という手法も役立ちます。

しかし二次記憶装置の初期化にはいつくかの注意点もありまして、
そのあたりの部分も踏まえて一通り、作業の手順を解説いたします。




クイックフォーマットの仕方自体はわりと簡単で、すぐに実行できます。

まず、あまり使わなくなって容量の低い、古い方のハードディスクなどを
今まで使ってきたパソコン等の機器から取り外します。

次に、デスクトップパソコン内部のスペースが余っているドライブベイに
取り付けて増設したり、外付けハードディスクケースやUSE変換ユニットなどの
外部装置にSATA/IDEのコネクタを差し込んで、PCに接続させます。

デバイスマネージャーにドライブが正常に認識されると、
マイコンピューターの一覧とエクスプローラーのメニューに
リムーバブルディスク(I:)といった表示が出てきます。

(RAIDやNASに使っていた物やパーティション分けしていた物は、
複数のリムーバブルディスクとして分類されて表示される事があります。)

(もちろんUSBメモリやSDカードを使うのでも大丈夫です。)


フォーマットをする前に必ず中身のディレクトリを開いて、
大事なデータがないかどうか確認して、バックアップを行います。

データの保存が終わったらリムーバブルディスクをマウスで右クリックして、
「フォーマット」の項目を選択します。

フォーマット

次のウィンドウの下の方にある「クイックフォーマット」にチェックを行って、
「開始」を押します。

「警告:フォーマットをするとこのディスクのすべてのデータが消去されます。
ディスクをフォーマットするには[OK]を、終了する場合は[キャンセル]を…」


というバルーンが出てきますので、最終確認をして、OKを押します。

最大容量が大きくてたくさんのデータが入っていたら少し時間がかかるのですが、
大抵はすぐに初期化作業が完了します。

そして、もう一度リムーバブルディスクを開くと
「このフォルダーは空です。」と出て、何も入っていない状態から使い直せます。



しかし、作業ミスによって深刻なアクシデントが出てしまう事例もあります。

まず、フォーマットで消失したデータは、ごみ箱など一時的な自動保存機能に残らず
普通にフォルダから削除した時よりも元に戻すのが難しくなりやすい点もあります。

なので、うっかり焦ってハードディスクに残っていたデータを確認せずに
そのままフォーマットしてしまわないようにご注意下さい。

「うっかり間違えて別のHDDやメモリーカードを読み込んで初期化してしまった」、
というトラブルも可能性として十分にありますのでご注意下さい。

一台のパーティション領域等が複数に分かれている物は、
必ずすべてのリムーバブルディスクを開いて一通りチェックしましょう。

間違えて違う領域をフォーマットしてしまったり、
あまり構成をよく知らずに全部まとめて順に初期化させたら、
元々使っていたハードウェアの動作に不具合をきたすおそれもあります。

特に、他の人が使っているパソコンのHDDのフォーマットを頼まれた時や、
誰かから譲り受けたハードディスクやSSDを初期化させる時は
慎重に中身の状態をお互い確認してから、作業を行うようにしましょう。

他に、新しいデバイスを検出した時に「フォーマットしてください」「フォーマットしますか?」
というメッセージが出てくる事があります。

その時に「はい」と選択してそのまま勢いで初期化してしまうと
中に入っていたデータが消去されてしまうため、ご注意ください。

必ず「いいえ」や「キャンセル」を選択して、
一度デバイスを取り外してからもう一度コンピューターに繋げ直してください。


またクイックフォーマットを行っても
ハードディスク自体にかかっている物理的な摩耗までは元に戻りません。

かなり使い込んでいてエラーチェックを行うごとにたびたび問題が
検出されている物は、ファイルを消去しても引き続き
細かな不具合の兆候が出てくる事もあります。

なので、クイックフォーマットをした後でもなお不調の傾向がそのまま
続いていたら、そのHDDは一度メーカー先に出して検査をしてもらうか、
または使用するのをやめて、別の新品を購入される事をお薦めします。


もしも必要なファイルやシステムが入ったままバックアップを取らずに
クイックフォーマットをかけて消失させてしまった時は、
空の状態のディスクに新しくデータを上書きすると、痕跡が消える危険があります。

そのためそれ以上の読み込みや書き出しは極力行わずにすぐに取り外して、
専門のデータレスキューサービス業者に出して、復旧を施してもらって下さい。

 






初期化・フォーマット後 | フォーマット
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-949.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.