データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【壊れたパソコンからデータを取り出すのに掛かる予算は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


壊れたパソコンからデータを取り出すのに掛かる予算は?
お使いのデスクトップ型パソコン、もしくはノート型パソコンの一台が故障して
完全にOS画面やBIOSが起動できなくなってしまうと、
内蔵のハードディスクにあるデータもそのままでは読み込みが出来なくなります。

特にマザーボードや電源ユニットなど、どこか重要なパーツが壊れていたりすると、
そのパーツを丸ごと交換する、等の手間や修理費用がどうしてもかかりやすいですね。

そんな時に、自分自身で先に、内蔵されたハードディスクドライブを
パソコン本体から取り外して、何とか中身のファイルやフォルダを取り出したい、
という際には、実行するのにどれくらいの予算がかかる?という疑問について。


[カスタマーサポートへの送付]

まず、最も基本的な解決手段としましてはやはり、
購入したPCのメーカー先か販売店の[カスタマーサポート]のサービスのコール先に
電話等で問い合わせをして、壊れたパソコンの修理の申し込みをする事ですね。

長期保証サポートの期間内なら、
軽度の障害くらいなら特に料金がかからずに直してもらえる場合も多いです。

ですが、状態次第では例えばマザーボードの交換などの作業に
1万円~2万円、時にはそれ以上かかる事もあります。

また、宅配便で送付先に送る時にかかる郵送の費用も、
パソコン本体ケースの大きさや重量、自宅・自社からの距離によって、
1000円~3000円くらいの範囲で予算が別に掛かります。

保証サポートの適用範囲内の期間中でも、購入した時の金額以内での
PCの修理費用がある程度かかるケースはよくあります。




ここで、まず一つの注意として、多くのメーカー製の保証サポートでは
「データの復旧やバックアップ」の作業までは請け負われていない場合も多いです。

パソコンを修理してもらう場合には故障した部品の交換や
ハードディスクのリカバリーによる初期化作業が行われるため、
今までの保存データを引き出す作業がなく、そのまま消去されてしまう場合があります。

そのため、OSに問題があったためにリカバリーが必要、と報告を受けた場合は、
貴重なデータを引き出ししたい際には一旦、返却をしてもらいましょう。


カスタマーサポートのお預かり期間が長くて、修理に出す前にすぐにでも
HDDの中身のファイルを読み込んで復帰させたい、という際には、

「他の正常に動かせるパソコン」が一台と、
また時には「外付けハードディスクケース」か「HDD変換アダプター」が必要になります。

安いパソコン本体は3万円くらい、高いものでは5万円~10万円、
更にはもっとハイスペックなら20万円、30万円以上、となりますね。

ですがこれまでにも別にPC本体を購入した方があって
まだそれをお持ちで、なおかつ正常にOSが起動できる状態であれば、
そちらの予備の方のパソコン本体を使ってみましょう。

または一時的に知人からノートパソコンを借りたり、
知人の家に行ってデータの読み込みのために少し使わせてもらうのでも良いですね。

デスクトップPCであれば、余っているIDEケーブルかSATAケーブルを繋げて、
一時的にHDDを増設する形で、デバイスに認識させる事もできます。


HDDの専用の読み取り装置を使って開く手段の場合は、
次に、内蔵されたハードディスクを壊れたパソコン本体から取り外します。

外付けハードディスクケースの方は、安いものなら1000円以下、
高いもので6000円くらいの間の予算内で購入できます。

外付けHDDケース


HDD変換アダプター(USB変換ユニット)は2000円~5000円ほどの予算で購入できます。

ハードディスク変換アダプタ

(※普通の電気店では専門的な機材が販売されていない事もあります。)

注意点として、PCのハードディスクには「IDE転送方式」と「SATA転送方式」、
デスクトップパソコンに使われている「3.5インチサイズ」と
ノートパソコンに使われている「2.5インチサイズ」、と4つほどの種類があり、
そのうちのどれか一つにしか対応されていないケースやアダプターも多いです。

なので、これから先も色々な種類のハードディスクドライブを
外付けHDDとして読み込む予定があれば、
マルチな方式やサイズのHDDに対応できる製品を選んで購入されるのをお薦めします。

後は、ネジの形に合った小さめのプラスドライバーがあれば、
ハードディスクの取り外しや付け直しがいつでもすぐにできます。

普通にハードディスクの中身をUSBメモリや外付けHDDにバックアップして
復元するだけなら、DVDディスクの読み込みなどは特には必要ないので、
DVDドライブが搭載されていないネットブックやMacbook Airでも大丈夫です。

(ただし機材同士の相性やOSの違いで外部デバイスが正常に認識しない事もあります。)


ハードディスクを自分で取り外すのに上手くできるかどうか抵抗感があったり、
やはりより確実にデータを引き出ししたい、という際には、
専門的な「データリカバリーサービス」の業者に
電話かメール、持ち込みで、HDDからの引き出しの注文をされてみてください。

パソコン修理とデータの回収を兼任されている業者であれば、
本体のOSの差リカバリーや壊れた部品の交換、そしてデータの復旧作業を
パソコン本体丸ごとの送付でまとめて行ってもらえます。

その際にかかる費用は、OSも本体も故障していないハードディスクドライブなら
最も予算もかからず、外付けHDDケースなどの読み取り装置から
すぐにデータを引き出してバックアップを取ってもらえます。

ですがオペレーティングシステムに障害があって正常に開けない時は、
OSの回復作業も含めての注文なら、少し料金が上乗せになります。

これらは「論理障害」という軽い症状の部類に当たるので、
数千円から2万~3万円くらいの料金の場合が多いですね。

ですが、ハードディスクドライブがヘッド吸着(クラッシュ)や老朽化により
物理的の故障する特に重度の「物理障害」が起きていた場合は、
データ復旧の予算は数万円~数十万円の金額で設定されています。

なお、HDDの最大容量が1TB、2TB~と大きな規格のものであるほど、
復旧にかかる料金もその分高額になっていきます。

逆に最大容量の低いデータ記憶メディアは、費用が安価になっていきます。

データの復旧の注文に費やせる予算の範囲と、
読み込めずに失ったファイルの重要性との対比を考慮して、
初期診断を受けた後あたりの時に、注文を出すかどうかを決められてみてください。

 






修復料金・価格 | パソコン修理・サポート
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-946.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.