データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ノートパソコンの2.5インチHDDを取り外してデータ復活】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ノートパソコンの2.5インチHDDを取り外してデータ復活
ある日、お使いのノートパソコンで急にオペレーティングシステムの障害や
電源ユニット、マザーボード、起動ボタン、メモリ、CPU等のパーツの故障が発生すると、
やはり中身のデータが開けなくなってしまう事も多いですね。

そんな時に、故障の診断や修理のためにパソコンサポートに出す前に
すぐに必要になるファイルを何とかして取り出したい、という際に、
ノートパソコンに内蔵されている2.5インチ(inch)のサイズの
ハードディスクドライブを取り外してデータ復活を行う工程について、解説いたします。

HDDの取り外し

今回はWindows7が搭載されたacer製(エイサー)の「ASPIRE5750」シリーズの、
15.6インチのノートパソコンから内蔵HDDハードディスクを取り外して、
別のデスクトップパソコンに外付けHDDとして接続する方法を実践しました。

ノートパソコンのメーカーの種類や製品の年代によっては、
2.5インチのハードディスクがそれぞれ異なる箇所に収納されていて、
どのようにすれば取り外せるかは大きく違う場合があるので事前にご確認ください。




[HDD取り出しの手順]

1. (Acerの「ASPIRE5750」の場合、)まずはノートパソコン本体を裏返しにして、
下側部分にある[acer]と書かれたシールが貼ってある蓋を確認します。


2. 蓋の上下に付いている二つのネジを、少し小さめの+ドライバーで取り外します。


3. シールを剥がして、次に蓋を指でスライドさせるように取り外します。


4. 右側にメモリ、左側に2.5インチのハードディスクドライブが配置されています。

ここで少しややこしいのですが、先ほど本体から外したネジによって
内蔵ハードディスクがノートパソコン本体に固定されていたので、
後は指で左側に少しずつずらすようにHDDを押すと、SATAのコネクタから取り外せます。

最初は少し接続が固くてなかなか取り外せない事もあるので、
うっかり強く押してコネクタが割れたりしないように、丁寧にゆっくりと引き出します。

ネジの部分に両面テープが付いていたりして少し固定されていたら、
場合によってはこれを剥がしてからHDDを取り外します。


5. 次に、2.5インチのハードディスクドライブの読み込みに対応されている
外付けHDDケースか、USB変換ユニット(HDD変換アダプター)が
必要になりますので、そのどちらかを購入して揃えて下さい。

※3.5インチサイズ対応の外付けハードディスクケースでは
ノートパソコンに使われている2.5inchの小型のHDDは読み込みできません。

また、内蔵HDDがSATA方式かIDE方式かで接続ケーブルとコネクタが異なるので、
それぞれに対応されている外付けケースかHDD変換アダプターを用意して下さい。


6. USB変換ユニットを使う場合、この写真のように2.5インチのハードディスクを
専用のコネクタに差し込みます。(こちらはSATA方式のHDDの場合。)

2.5inchハードディスク

ステンレスの固定器具が付いていてコネクタへの接続の時に引っかかる場合は
その部分を留めているネジも一時的に取り外します。


[別のパソコンからファイルフォルダーを読み込み]

7. そして外付けハードディスクケース、またはUSB変換ユニットの電源を入れて、
別のデスクトップパソコンかノートパソコンのUSBコネクタに差し込むと、
「リムーバブルディスク」としてデバイスに認識されて読み込まれます。


8. もしWindowsなどのオペレーティングシステムが破損していたとしても、
ノートパソコンの内蔵HDDに記録された[ファイルフォルダー]は開く事ができます。

acerのフォルダ

(※ユーザー名のフォルダは最初、アクセスが拒否されたら
「続行」のボタンを押すと、多くの場合でフォルダが開けます。)

そして、後は手動でパソコンのCドライブやDドライブ、
または別の外付けHDDやDVD-RW、USBメモリ等のデータ記憶媒体に、
必要なファイルやフォルダをコピーペーストしてバックアップします。

ファイルフォルダー


9. また、外付けの媒体として接続したハードディスクも通常、
USBメモリやSDカードと同じくリムーバブルディスクとして認識されるので、

もし、これまでに間違えて削除してしまったデータ等があれば、
外付けのデータ記憶メディア(リムーバブルディスク)に対応できる
データ復元ツールの機能でスキャンして、ファイルの復活を試みる事もできます。


これで、2.5inchの内蔵HDDの取り外しによるデータの復活作業は完了です。


10. 作業が終わったら、USBポートからコネクタを外して
外付けHDDケース、または変換アダプターの電源をオフにします。

2.5インチハードディスクを取り外して、今度は前と逆の作業で
ノートパソコン本体のコネクタに元通りに取り付け直します。

コネクタへの接続がずれたりネジや蓋に緩みがないようにしっかりと固定させてください。


注意点として、自分でノートパソコンを一部でも分解した事があると、
メーカーや購入店での長期保証サービスが適用されない場合があります。

その場合にはノートパソコンの修理費用を全額、
有料で支払わなければならなくなる可能性があるので、
念のため事前にパソコンのカスタマーサポートに訊かれてみてください。

もう一つの注意点として、モニタやCPUなどの別の部品ではなく
2.5インチのハードディスクの方がヘッドクラッシュなどの物理障害で
故障していると、外付け機器による読み込みでのデータ復活の手順も行えなくなります。

もしもハードディスクがどのコンピューターでも認識できない時は、
各地の専門の[データ復旧サービス]の方に、
取り外したHDD(またはノートパソコンの本体ごと)を送付して、
中身の大事なデータの抽出による復活の作業を行ってもらってください。

 






ノートパソコン | ノートPC
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-943.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.