データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【HDD変換アダプターでハードディスクのデータ救出】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


HDD変換アダプターでハードディスクのデータ救出
先日、室内を整理したら かなり前に購入したデスクトップパソコンのうち
Windows XPのOSに不具合が起きてデスクトップ画面が開けなくなって
ずっと故障したままのマシンが、まだ一台残っていました。

そのパソコンに内蔵された「IDEのハードディスクドライブ」自体は
まだWindows XPが開かないだけで、正常に回転して作動できました。

そこで中身のファイルだけを確認して別の新しいパソコンの方に
バックアップを施す、データ救出(復旧)の作業を行いました。

今回はPCで使っていたハードディスクのデータ読み込みをするために
『玄人志向』製の「HDD変換アダプター」(USB変換ユニット)の
KRHC-SATA2+IDE/U2」という接続機器を使用します。

USB変換ユニット

主にデスクトップパソコン等で使う3.5インチのハードディスクや
ノートパソコン等で使う2.5インチのハードディスクに対応できる、
USBコネクタでデバイスの読み込みを行うための装置です。

3.5インチのサイズと2.5インチのサイズ、またIDE方式とSATA方式、
そして最大4GBのあらゆる多数のHDDをUSB2.0ケーブルから繋げて
データの読み込みができる、とても幅広く便利な周辺機器です。




今回接続をしたハードディスクは少し昔のIDE方式の製品で、
この写真のようにアダプターのコネクタにまず取り付けて、
次に付属のIDE用電源ケーブルを取り付けました。

HDD変換アダプター

Windowws XPのパソコンのCドライブと同じように、

「Dccuments and Setting」「WINDOWS」「Program Files」「MyWorks」

といったおなじみのディレクトリや、個別に作成したフォルダが
一通り表示されて、復旧したいデータの一覧を開けます。

そして、そこからDドライブや別の外付けHDD、DVD-RWなどの媒体に
必要なファイルをバックアップして、データ救出の作業を行います。


※しかし「ユーザー名」のフォルダだけは、開こうとすると
このフォルダにアクセスする許可がありません」とメッセージが出てきます。

「続行」のボタンを押して進んでも、「My Documents」(マイドキュメント)の
フォルダを開こうとすると再び同じメッセージが表示されます。

そこでさらに「続行」をクリックすると今度は
このフォルダーへアクセスするアクセス許可が拒否されています。
というメッセージが表示されて、そこから先には通常の方法では進めません。

ユーザー名フォルダの中のファイルを何とか開きたい時は、
正常に動作するパソコン本体にハードディスクをプライマリの設定で開き、
WindowsのOSを「システムの復元」などの措置を行って回復してみて下さい。


USB変換ユニットを使って読み込んだハードディスクは、
リムーバブルディスクの読み込みに対応できるデータ復元ツールで
以前に削除したファイルをスキャンして修復させる事もできます。

もしずっと前に消去してしまったデータがあって元に戻したい場合には、
消えたファイル拡張子の復元を一度、実行してみるのも良いでしょう。


注意として、外付けハードディスクケースと違ってHDD変換アダプターは
読み込み中にハードディスクがカバーに保護されず剥き出しの状態になります。

電源をオンにしている最中にうっかり指で触れて感電したりしないように、
指が触れにくいなるべく安全な位置に置いて使用して下さい。

また、データの読み込み中(ハードディスクの回転中)は
アダプターごとHDDを移動したり、コードをうっかり引っ張ったりすると
故障してしまうおそれがあるので、決して動かさないように気を付けて下さい。

ドライブが剥き出しになっているので、
小さなゴミや水滴が付着しないように注意する事も大切です。

HDD変換アダプターを使用してハードディスクを認識させる方法で
データ救出を実践する際には必ず自己責任の下で、丁寧に取り扱って下さい。

USB変換アダプターで接続してリムーバブルディスクの表示は出るのに、
肝心の中身が開けない場合、普通の外付けドライブとして認識可能ではない
「ファイルシステム」としてボリュームが設定されている場合があります。

また、マイコンピューターやデバイスマネージャーに表示されず
認識自体が出来ない場合は、アダプターの接続の手順にミスがあるか、
もしくはアダプターかハードディスクが故障している可能性があります。


USB変換ユニット、外付けHDDケース、パソコン内部への増設といった手段で
いずれもそのハードディスクドライブだけがデバイスに認識しない場合は、
ヘッドクラッシュや老朽化による物理障害で壊れているのかもしれません。

その際には全国各地のプロの「データ復旧サービス業者」に
ハードディスクを出して、内部データを救出してもらわれる事をお薦めします。

 






外付けHDD | USB機器
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-940.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.