データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【外付けハードディスクケースからHDDのデータ復旧を実践】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


外付けハードディスクケースからHDDのデータ復旧を実践
ハードディスクを取り外してコンピューターの外部から読み出ししたい時に大変便利な
外付けハードディスクドライブケース』は、
保存していたファイルを失った時に、内部データの回収を行うのにも役立ちます。

今回は論理障害が起きた時の簡単なデータ復旧の作業をいくつかの手順で実践しました。

まず、所持している3.5インチのSATAハードディスクに書き込んでいたデータの中で
フォルダから削除してしまった分のファイルを復元するために、
外付けハードディスクケースに差し込んでパソコンでの読み取りを行いました。

元々PC関連のパーツとして使っていたハードディスクなら
デスクトップパソコンに直接、増設する形で内蔵してもいいのですが、
外付けの専用ケースが一台あれば外部からすぐ簡単に読み取りができて助かります。

外付けハードディスクケースの製品は大体1000円~4000円くらいの安価で購入できます。

こちらの写真は3.5インチのSATAハードディスク対応の
「デジ蔵」(Princeton:プリンストン製)という周辺機器です。

デジ蔵

別のコンピューター装置から取り外した3.5インチのSATA-HDDを
カセットテープやSDカードを入れ替えするような感覚で、
簡単にケースに入れたり、取り出したりする事ができます。

そして後部に同梱のACアダプターとUSBケーブルを取り付けて、
それぞれ電源コンセントとパソコンのUSBポートに差し込みます。

ケース後部の電源スイッチをオンにすると、新しい「リムーバブルディスク」として
マイコンピューターやエクスプローラーに表示されます。




※注1:IDEのハードディスクや2.5インチのポータブルHDDは
    コネクタの形やサイズが3.5インチのSATA製と違います。

データ復旧を行いたい対象のハードディスクドライブの種類に対応された
外付けHDDケースを店舗で選んで、お間違えの無いように購入して下さい。


元々ハードディスクを内蔵して使っていたパソコンやサーバ、NAS、
レコーダー、ビデオカメラといったコンピューター機器が
ある日急に故障してしまった時などにも非常に役立ちます。

壊れた部品の交換や修理がすぐにできそうにない時には、
コンピューターの内部からハードディスクドライブを取り外せる機材であれば、
種類に対応した外付けHDDケースに移し替えてパソコンから読み出します。

外付けハードディスクケース

そして大事なファイルをPCのC/DドライブやDVD-RWなどの媒体に
バックアップを手動で行う形で、簡単なデータ回収の作業にも実践する事ができます。


※注2:RAIDやNAS(ネットワークアタッチストレージ)等で使うハードディスクの場合、
パソコンからリムーバブルディスクとして読み出そうとすると
[ファイルシステム]が認識されない物もあります。

【場所が利用できません】「 J:¥にアクセスできません。
このボリュームは認識可能なファイル システムではありません。
必要なファイル システム ドライバーが読み込まれているか、
ボリュームが壊れていないか確認してください。」


というメッセージや、「フォーマットしますか?」という選択ウィンドウが出てきます。

ここでクイックフォーマットを行ってしまうと
それまでにHDDに書き込んでいたデータが消去されてしまいます。

試しに一度NASとRAID1を兼用した機器で使っているHDDを一台、
外付けハードディスクケースに移し替えてフォーマットしてから、
データ復元ソフトウェアの一つで「フォーマットからの復元機能」を使ってみました。

しかし残念ながらその場合、以前の保存データは検出できませんでした。

専門の復元ツールでも必ず元の状態に修復できるとは限らないので、
うっかりクイックフォーマットをしてしまわないように注意して下さい。



リムーバブルディスクとしてPC上で認識できるハードディスクは、
多くのデータ復元ソフトウェアの機能で読み込む事もできます。

例として、AOSテクノロジーズの「ファイナルデータ」での場合。

ソフトを起動して[高度な復元]ボタン→[ドライブの選択ウィンドウ]を開きます。

論理ドライブのタブの外付けハードディスクケースに入れた
リムーバブルディスクのアルファベット記号の項目を選択して、
「OK」→[キャンセル]と進み、ルートディレクトリ画面を開きます。

復旧させたいデータが保存されていたフォルダを選択して、
次に保存先のフォルダを選択して「復元」をクリックして実行します。

ファイル復元の実行

最後に保存先のフォルダから復旧したデータを確認して、作業完了です。


ですが、だいぶ前に消去していた拡張子の痕跡がセクタ上で
新しいデータに上書きされたり、ファイルの一部が破損している事もあります。

また上記の通り、通常のアクセス方法ではファイルシステムが認識できず
一般個人ではなかなか外付けハードディスクケースで開けないように
システムが設定されているハードディスクもあります。

取り外したHDD自体が物理障害で故障していた場合は、
やはり同様に外付けケースから読み込み事が出来ません。

これらのトラブルの場合には、全国各地にあります「専門業者のデータ復旧サービス」で、
PCから読み込めない、またはファイルを復元できないハードディスクを診断してもらい、
中身のデータの抽出の作業を行ってもらう事をおすすめします。

 






外付けHDD | HDDについて
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-938.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.