データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【USBハブからの接続でパソコンに正常に認識しないエラー】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


USBハブからの接続でパソコンに正常に認識しないエラー
まざーぼーどやハードディスク、電源ユニットなどのパーツを埃や衝撃から保護するための
「PCケース」が小さめなサイズのデスクトップパソコンやノートパソコン、NASなどの
コンピューター機器では、
USBポートの数が少なくてコネクタが一度に多く差し込めない場合が多いです。

マウスやキーボード、USBメモリ、プリンターといったおなじみの周辺機器だけでなく、
近年だとデジタルカメラやビデオカメラ、USB無線LANカード、外付けHDD、
またRAIDケースやLinkStation、TeraStation、Landiskといったファイルサーバーなど

USBコネクタからケーブルで接続するタイプの
[デバイス](device:コンピューターが認識するすべての外部周辺機器)が
非常に数多く登場してきています。

パソコンのUSBポートの数が少ないと、差し替えの手間がいつも少し大変ですね。

そこで、最近では補助装置の「USBハブ」(こちらの写真の機種はBUFFARO製)を使って
各ポータブルデバイスの接続をお手軽にできるように使用しています。

USBハブ

USBポートの数が4個~7個の製品が一つあれば、
コネクタの数に非常に余裕が持たせられてとても助かりますね。

また、デスクトップパソコンから離れた位置に置いてある機材はUSB延長コードを
専用コードとコネクタの間に経由して接続したりもしています。

しかし時々、USBハブや延長のケーブルを経由して接続すると
パソコンにデバイスが認識しないエラーのトラブルが出てしまう事もよくありました。




古いUSBハブでは時々起こりやすい接続エラーのトラブルなのですが、
大抵の場合は別のコネクタにすぐに差し替えたり、一度パソコンを閉じて再起動してから
もう一度試してみると認識しない状態から自動的に回復して開けるようになりました。

最近購入した新しいUSBハブなら、急な認識エラーの発生も更に少なくて済みます。


ですが、キーボードやマウスなど、常に入力操作を繰り返して頻繁に使用するタイプの
周辺機器だと以前、入力の指示が遅くなって鈍ってしまう場合もよくありました。

ワイヤレスキーボードやワイヤレスマウス、ペンタブレットも、
製品によってはやはり入力時の反応が鈍くなるケースも出てきますね。

これらの周辺機器の場合はUSBハブを通さずに、
直接パソコン本体のUSBポートに接続した方が良いでしょう。


プリンター(複合機)や無線LANカードなど
いつでもすぐ使えるようにしたい機材も、転送速度の事も考えて
本体のUSBポートに常にUSBコネクタを差し込んでも良いでしょう。

データのバックアップ用に使う外付けハードディスクやドライブステーション、ランディスク、
ファイルの持ち運び用に使うUSBメモリ、専用のコネクタでPCに繋げるデジタルカメラなどは、
頻繁にデータの書き込みをしなければ、USBハブに差し込むのが良いと思います。


一昔前のパソコンはエラーが多かったため、USBコネクタで接続する装置は
OSをシャットダウンして電源を切るたびに全て取り外した方が安全な一面もありました。

ですが最近の安定したオペレーティングシステムで性能の高いPCなら、
それほど気にせずにある程度の数のコネクタならそのまま
常に差し込みをしていても大丈夫で、安心して使用できます。

でも[USBメモリ]や[外付けHDD]などの記憶装置は、
PC本体やUSBハブに差し込んだままコンピューターを再起動させると
BIOSで内蔵ハードディスクのかわりにそちらの方が優先して認識されて、
OSが開けなくなるエラーが出る事があるので一応の注意が必要ですね。

最近の新しいOSやパーツのパソコンならUSBメモリを差し込んだまま起動しても
正常にデスクトップ画面が開けるマシンも多いです。

しかしOSの立ち上げにかかる時間が若干遅くなったりもするので、
やはりUSBハブに機器を差し込んだままにせずにその都度、取り外した方が安全です。


もしUSBハブとPC本体のUSBポートのどちらからも認識しないトラブルが出た時は、
コントロールパネルの[デバイスマネージャー]を開いて状態を確認してみましょう。

デバイス一覧


対象の機器の項目に黄色いエラーマークが付いていたら
デバイスを「削除」して、再度コネクタを接続し直してください。

それでもパソコンに認識ができない場合は、付属の取扱説明書やヘルプを見て
接続やインストールの手順にミスがないか、確かめて復旧を試みてみましょう。

USBハブにカードリーダー/ライターを差し込みして
SDカードやメモリースティックを読み込みするのにうまくいかない場合は、
ハブとカードリーダーの機器の相性が良くない可能性もあるので
パソコン本体の方のコネクタに別々に差し込みして、復旧させてみてください。

USBハブやカードリーダーが古い型番だと、新しい周辺機器やメモリーカードには対応されずに
デバイスや内部データの認識ができない事もよくあります。

もしUSBメモリや外付けHDDなどのデータ記録装置がどうしても認識できず、
回線や回路が故障していると思われる場合は、
各地の[データ救出サービス]の業者に問い合わせをして、
アドバイザーの方に詳しく伝えて、状態を診てもらってみてください。

 






デバイスに認識しない |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-936.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.