データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【外付けハードディスクの寿命は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


外付けハードディスクの寿命は?
パソコンやサーバ、レコーダーなどの電子機器に内蔵されていない、
外部の接続端子から繋げて使用する「外付け」(external)のハードディスクは、
購入して使い始めてからどれくらいの寿命がある?という疑問について。

外付けハードディスク

まず、単純に製品としては平均的におおよそ5年くらいの寿命を目安に見て、
次に外付けハードディスクをどのように使っていくか、
また使用環境や製品の違い、運などの要素によって大きく使用期間の長さが違ってきます。

近年のハードディスクは最大容量が大きい上に日々壊れにくいように
頑丈に作られてきているため、以前より安心して使用できます。

しかしそれでもあくまでHDDはどちらかといえば消耗品であるため、
いつヘッドクラッシュやショート、外的な衝撃など物理障害が出て
急に壊れてしまってもおかしくありません。

24時間365日連続で電源を付けて常時モーターを回転させていると
その分、プラッタやスイングアームといった回路の摩耗も早まります。

しかし逆に長期間使わずに外付けHDDを放置していると
今度は内部に湿気や静電気などが溜まって破損の原因になるおそれもあります。

10年以上問題なく使える事もあれば、数か月以内に故障するケースもあります。

寿命は3年~10年以上、短いと1年以内、くらいが一つの総合評価的な基準ですね。




外的トラブルでの故障


デスクトップパソコンの内蔵ハードディスクはしっかりと固定されていて
物理的に動かす機会はほとんどないのですが、稼働時間は長くなりやすいです。

逆に、外付けHDDはバックアップ用に使う事が多いため稼働時間は短めになりやすいですが、
持ち歩きや室内・室外での出し入れなどで動かす事も多めになります。

電源を入れて稼働させている時にうっかり横に倒して壊れてしまったり、
パソコンラックから床に落としてしまうようなトラブルも注意しなければ起こりやすいです。

他に、湿度の高い所や気温差の激しくなる所、日光や電磁波の浴びやすい位置に
普段置いていると寿命が縮まりやすいので、配置場所にも注意が必要です。


外付けドライブ・ケース」(external drive case)からディスクの取り外しが可能な
[リムーバブル・ハードディスク]の場合、電源回路やコード、スイッチ、ランプが
もし故障しても、ケースだけ交換してインターフェース部分はそのまま
別のケースかコンピューター装置に移し替えて使い続ける事が出来ます。

しかしディスクとケースが一体化していて、ケースの側面や取扱説明書に
本体のカバーを開けないでください。」と書かれているハードウェア製品だと、
電源回路などが破損するとそのままでは読み込みが出来なくなってしまいます。

その際には製造メーカーのカスタマーサポートに問い合わせをして一度提出して、
ケース部分の交換や修理作業を行ってもらいましょう。

またはメーカー先の保証サポートか、データ復旧サービス業者の方で
中身のファイルを別の記録メディアに移し替えてもらって、
後日、新しく購入した外付けハードディスク等に移し替えてください。


ミラーリングによる保護


Buffaro製の『ドライブステーション』や『リンクステーション』、
I-O DATA製の『RAID対応USBハードディスク』といった製品の場合は
ハードディスクがケースの中に2個以上搭載されているものもあります。

データを2基以上のハードディスクに同時に多重化して書き込みする
RAID0やRAID1、RAID5(ミラーリング)という保護機能が搭載されているものなら、

例え一台のHDDが寿命やクラッシュで故障しても、もう一台がまだ壊れず無事であれば
そこから保管したデータを読み出して、後で壊れたHDDを新品に交換して
データ保護システムのリビルド(再構築)を施す事で状態を元に戻せます。

このように、一つの記録装置としての外付けハードディスクの寿命は
ある程度限りがあり、急な故障が起きる可能性が確かに常に存在します。

ですが二つ以上の記録メディアへのデータの保存や、多重化のRAIDシステムの実装、
といった方法でしっかりと安全にファイルやシステム状態を保管していく事が可能です。

しかし、もしも落雷によるショートや火災、地震、洪水、といた災害で
RAIDが丸ごと破損してしまったり、外付けハードディスク以外にバックアップを
取っていなくてその一台が寿命が来て壊れてしまった、という場合には、

専門業者の「データ復旧サービス」に外付けHDDを出して、
回路の分解と抽出による内部ファイルの救出を行ってもらう事をおすすめします。

 






外付けHDD |
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-926.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.