データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Windows8のファイル履歴でデータを復元する手順】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Windows8のファイル履歴でデータを復元する手順
Microsoftから新しく提供・販売されたオペレーティングシステムの
「Windows 8」(ウィンドウズ・エイト)には、
「ファイル履歴」というデータの自動更新バックアップ機能が標準で搭載されています。

Windows 7やWindows Vistaに搭載されている[シャドウコピー]の機能が
更に改良されたツールで、特定のフォルダに保存されたファイルを
定期的に時間の差分で更新バックアップをする事ができます。

ファイル履歴でバックアップする対象のフォルダは
Cドライブのパブリック(Public)とユーザー名フォルダにある
  • アドレス帳
  • デスクトップ
  • お気に入り
  • ドキュメント
  • ピクチャ
  • ビデオ
  • ミュージック
です。

※Windows8のコンピューター(OS)の状態といったデータの方に問題が出た時は
「システムの復元」(回復)などの別の機能を使って元に戻します。


設定の仕方


まずはスタート画面からコントロールパネルのアイコンを押します。

表示方法を「大きいアイコン」にして
コンピューターの設定を調整します」の一覧を開き、「ファイル履歴」をクリックします。

ファイル履歴

「ファイルの履歴を保存する」という画面が出てきます。


最初の設定では「ファイル履歴はオフになっています」と表示されていますので、
まず、データをバックアップする外部記録メディアをパソコンに接続します。

※外付けハードディスクドライブやCD-RW、DVD-RW、USBメモリ、SDカード、
同期できるモバイルコンピューターなど、大抵のデータ記録媒体が選択できるのですが、
バックアップにはDVDのディスクや外付けHDDなどが特に向いています。

保存左の項目にある「ドライブの選択」を押して、一覧から該当の保存先の
リムーバブルディスクを選択します。

前の画面に戻って「オンにする」のボタンを押すと、
自動更新バックアップの指定がセットされます。




指定の更新間隔の時間になると自動的にデータが媒体に書き込まれます。

「今すぐ実行」を押すと、すぐに記憶メディア内にデータが保存できます。

新しくリムーバブルディスクに「FileHistory」という名称のフォルダが作成され、
その中にライブラリ(ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージック)や
アドレス帳、お気に入り、デスクトップなど各フォルダのファイルが保管されています。

バックアップ先フォルダの更に奥の正確な位置は、
ユーザー名⇒ユーザー名-PC⇒Data⇒C⇒Users⇒Public、ユーザー名の場所です。

新規データの差分が更新バックアップされた場所はフォルダの日付が更新されているので、
特定のファイルを探す際にはその日付とフォルダ名を参考にして下さい。

更新ごとの時間の間隔は、既定値では一時間ごとの書き込みとなっています。

変更する場合には左側のメニューの「詳細設定」で頻度を変える事もできます。

詳細設定


後に何かのトラブルでデータを失ってしまった場合に
ファイル履歴から内蔵ハードディスクに書き込み直すには、
左側メニューの「個人用ファイルの復元」をクリックします。

個人用ファイルの復元

アドレス帳、デスクトップ、お気に入り、ライブラリの各フォルダが表示されます。

この中から復旧したいフォルダを選択して、ウィンドウの下部にある緑の矢印アイコンを
押すと、元の場所に復元します。

手動で特定のファイルのみを選択してコピーペーストで復元する方法でも大丈夫です。


※この機能は初期設定ではオフになっているため、Windows 8のOSを使い始めたら
 外部のデータ記録メディアを接続して、設定をオンにする必要があります。

ファイル履歴で貴重なデータをバックアップする際には、最初のオン設定を
忘れずに実行されておかれるようにご注意ください。


またライブラリやお気に入り、アドレス帳、デスクトップ以外の別のフォルダや
Dドライブの中などに保存しているファイルや、アプリケーションの状態等のデータは
この「ファイル履歴」の機能では(一部例外を除いて)バックアップされません。

そのため、他のフォルダにあるデータは手動でバックアップを行ってください。

もしファイル履歴がオフのままになっていたり、対象外のフォルダにあったデータを
失ってしまった場合は、各地の「データ復旧サービスセンター」に
内蔵のHDDを出して復元作業を行ってもらう、など別の方法での修復を試みてください。

 






ウィンドウズ7・8・10 | Windows8
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-903.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.