データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【データ紛失に遭った後に復元する対処法】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


データ紛失に遭った後に復元する対処法
近年では誰でもコンピューター上でデータを取り扱う機会があり、
デスクトップパソコンだけでなく外付けHDDやUSBメモリなどの外部記録メディア
OSやアプリケーションごと、ファイルを持ち出して使ていく習慣も付いてきました。

紛失しやすい携帯機器

小型のノートパソコンやデジタルカメラ、デジタルビデオカメラなどの電子機器を
外に持っていつでもコンテンツを簡単に楽しめる大変便利な生活になってきたのですが、
しかしその分、機材ごとデータを紛失してしまう危険も高まっている注意点もあります。

落とす事故の割合が多い電子機器
  • ノートパソコン
  • ネットブック
  • 外付けハードディスクドライブケース
  • デジタルカメラ
  • デジタルビデオカメラ
  • USBメモリ
  • SDメモリーカード
  • CD-R
  • DVD-R
  • BD-RE
  • メモリースティック
  • xDピクチャーカード
  • コンパクトフラッシュ


よくある喪失トラブルの例としては、

・どこかにUSBフラッシュメモリなどを置き忘れてしまった。

・USBメモリやSDカードを店内の読み取り装置に差しっぱなしにしたまま店を出てしまった。

・小型のコンピューター端末をポケットから落としてしまった。

・ロッカーの中にうっかり鍵をかけずに入れたら無くなってしまった。

・電子機器を収納した鞄ごと紛失または盗難に遭ってしまった。

・うっかり機材から手を放して川や海の底など回収できない場所に落ちてしまった。


他にもシステム的なトラブルとして、

・PC作業中に「遅延書き込みデータの紛失」などの急なエラーが出た影響で消失した。
・保持したはずのファイルの場所を見失ってわからなくなった。

・データ記録メディアを長年使っていなかったら電子の自然なすり抜けによる
 トンネル効果でファイルが消えたり、機器の老朽化などにより読み込めなくなった。


などの事例が挙げられます。




無くした直後の対処法


もしもこれらのコンピューター機器を紛失してしまった時は、まずはやはりその日のうちに
来ていた場所に戻って置き忘れたり落としていそうな場所を一通り見まわって探してみましょう。

途中の道のりでポケットやバッグの中から落としてしまった可能性がありそうなら、
進んできた道を全く同じコースで戻りながら、足元付近を中心に注意して探してみてください。

しかし稼働中のノートパソコンなどの重要な機器を紛失した場合は、
場合によってはすぐにインターネットサービスプロバイダなどに連絡をして、
ネットワーク回線を遮断してもらうように問い合わせて、
ある程度安全な状態にしてから探してみてください。

どこを見回してもなかなか見つからない時には紛失した場所の店や施設のカウンターや
交番に行って、紛失・盗難届けを出しておく事も忘れないように行いましょう。


事前のバックアップが必須


ファイルやアプリを保存していたコンピューター装置の本体ごとデータ紛失をしてしまうと、
肝心の記録メディア自体が手元にないために、なかなか通常の方法では
ファイルの復元や回収の作業が難しくなってしまいます。

なので、パソコンなどの機器などで作成・保管したデータはなるべく日ごろからこまめに、
パソコン等を使って外付けハードディスクやDVD-R、RAID、NASといった記憶メディアに
バックアップを取って、いつでもファイルを引き出して復元できるようにする事が重要です。

PCを経由してバックアップする作業でなくても、近年ではネットワークを通して
外部のサーバーにデータを送信してバックアップ分のデーターを預ける事が出来る
クラウドコンピューティング」のサービスも数多くの企業で実施されています。

電話の連絡帳や送受信した電子メール、カメラ機能で取った写真画像などのデータを、
インターネットからクラウドサービスにアクセスして送っておく事で、
もしコンピューターの端末を紛失しても、そこから後で新しい機種の方に復活できます。


コンピューター上でファイルの場所を見失った場合は、Windowsの
スタートメニューやタブにある検索枠にファイルの名前や特徴を入力したり、
コンピューターのフォルダを一つずつ見て、探して対処してみましょう。

ですが、経年劣化によるトンネル効果などで拡張子が消えていたり破損して
開けなくなっていたり、あるいは機器そのものが物理的に壊れていた場合は、
個人ではなかなか修復するのが難しく、逆に悪化してしまうおそれもありますので、
専門の[データ復旧サービスセンター]に診てもらい復元してもらう事を推奨します。

 






データ復旧とは? | 初心者のために・・・
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-901.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.