データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【壊れた外付けハードディスクのカートリッジからデータ取り出し】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


壊れた外付けハードディスクのカートリッジからデータ取り出し
USBポートのインターフェースから外部デバイスとしてパソコンなどの機器に接続する
外付けハードディスクドライブ」(external hard disk)の端末本体のカートリッジが、
内部のコントローラーボードやスイッチなどの破損・経年劣化で故障してしまった場合、
中身のハードディスクにあるデータはどうすれば読み込みできる?という疑問について。

(※誠におそれながら、ページの内容を変更させていただきました。)

External HDD

HDDを覆うカートリッジ部分が外的・内的要因で故障してしまうと
パソコンなどに接続してもデバイスが正常に認識されず、
内部のディスクに保存した写真やテキスト、メールなどの大事なファイルが
アクセスできずに閉じ込められて開けなくなってしまいます。

RAIDやDVD-R、クラウドストレージなどに予備のバックアップを取っていなかった場合は、
何とかその外付けハードディスクからデータを取り出ししなければならなくなります。

外付けHDDが使えなくなる原因とトラブル例
  • 高い場所から落として床や地面に激突してカートリッジ本体が大破。
  • 持ち運び中に強い圧迫を与えたり、壁や柱にぶつけてしまった。
  • 電源スイッチの部分が凹んだり折れてしまった。
  • うっかり足で踏んでケースを割ってしまった。
  • 水濡れして暫く経ったら錆付いて動かなくなった。
  • 水没した影響で製品の基盤が腐食した。
  • 過熱の影響で機器が熱暴走を起こして壊れた。
  • 落雷によりで電圧の負荷がかかり破損した。
  • うっかり変なシステム設定をした影響でそのPCから読み込めなくなった。
  • 長期間の使用で老朽化して故障した。


まず、外付けハードディスク(リムーバブルディスク)もまとめて別のRAIDなどの
他の大容量データ記憶装置にパソコンごと自動更新バックアップを実行するように
オペレーティングシステムの標準機能かバックアップソフトウェアで設定していたら、
そちらからその分のファイルを回収できる見込みがあるので先に一度チェックしてください。

バックアップが取れていなかった場合は、内蔵された外付けハードディスク本体の
中身のドライブ装置を取り出ししてデータを読み込む必要が出てきます。


機器本体の状態をチェック


電源コードの部分が破損している場合、ACアダプターで本体からプラグが取り外せるなら
新しいACアダプターを製造メーカー先から同じものを取り寄せすればまた使用が出来ます。

接触不良で差込みできなくなっている場合は、
コードを一度外して付け直してみたり、新品の物に交換をすれば
外付けハードディスクの電源が再び入る可能性もあります。

部品がカートリッジ本体と一体化している所が壊れた場合は、ジャンクショップなどの場に
もし同じパーツが出品されていればそちらを購入してパーツを交換して直す方法もあります。

スイッチボタンなどが折れそうなほどに力強く押したり引っかけてしまって
電源が入らなくなったり、中身のコントローラーなどの回路やボタン部分が破壊されていて
アクセスランプが点灯しない場合は、上記の方法ではデータを取り出しできない割合も高いです。

ですが、電源が入らないだけで内蔵のHDDに破損がない状態であれば、まだ安心です。




(※ここから先の作業は、外付けHDDのカートリッジを分解する作業などを記載いたします。
 
 製品の修理保証期間がまだ残っている場合は製作会社のカスタマーサポートに
 問い合わせてメーカー製品の機種・各世代の名称・損傷具合を報告して、
 トラブル解決のサ―ビスで修理作業の代行を行ってもらう事をおすすめします。)

 こちらの一例では、BUFFALOの「USB Flash Disk USB Device:HD-EBU2」を分解して
 ハードディスクと中身のデータを取り出しする作業について解説いたします。)


ケースの分解


まず、カートリッジの固定ネジをドライバーで回して取り外します。

外付けハードディスクケース

次に、ケースの蓋を順に外して分解し、中身のハードディスクを剥き出しにします。

分解

内部で固定されたネジも外して、ボードのコネクタからインターフェースを
逆方向にスライドさせるようにHDDを取り出しします。

カートリッジのパーツ

次に、デスクトップパソコンを一台お持ちであれば、まずPCケースのカバーを開けます。

ドライブベイのスペースが一つ以上空いていましたら、
そこにハードディスクを設置して、電源ケーブルのコネクタを差し込みます。

次に予備のSerial ATA転送方式のケーブル(IDE方式の場合はUltra ATAケーブル)を
取り出して、マザーボードとHDDのインターフェースに差し込みして接続します。

HDDの増設

(ノートパソコンのみお持ちの場合は、外付けHDDケースに差し込みして
USBコネクタからリムーバブルディスクとして接続してください。)

パソコンの電源を入れてスタート画面、またはデスクトップ画面を立ち上げたら、
Windowsのエクスプローラー(Mac OS Xの場合はFinder)を開きます。

新しくローカルディスクのドライブアイコンが追加されていれば、デバイスの認識に成功です。

あとはそのアイコンを開いてフォルダーを確信して、順にバックアップを取っていきましょう。

ローカルディスク

作業が終わったら電源を閉じて元の配置に戻し、これでデータ復旧の手順はは完了です。


※何も表示されていない場合はコントロールパネルのデバイスマネージャーを表示して、
  ディスクドライブの項目にエラーマークが出ていないか確かめてください。

 なお、事前にお使いのパソコンのOSと互換性のないフォーマットを掛けていた場合は、
 エクスプローラー画面でアクセスできない事があります。



注意として、外付けHDDのカートリッジ部分ではなく、中身のハードディスク自体が
ヘッドクラッシュ障害などの影響で故障していると、増設や別のケースを使っても
中身のファイルはほぼ読み込みができなくなります。

その場合には、ハードディスクの内部データ取り出しの専門技術と設備を備えていて
復元サービスのプランを実施されている、日本全国各地の[データ復旧センター]の店舗に、
持ち込みか郵送受付で出してみる方法が頼りになります。

壊れた外付けハードディスクを開いて分解してもらい、別のデータ記憶メディアの方に
必要な保存ファイルを抽出して移し変えてもらわれる事をおすすめします。

 






外付けHDD | HDDについて
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-898.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.