データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Wordの上書きしたファイルを復元するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Wordの上書きしたファイルを復元するには?
Microsoft Officeシリーズのアプリケーションのひとつである
文章作成のオフィススイート「Word」(マイクロソフト・ワード)では、
他のプログラムと同様にテキストなどをデータ化してコンピューター上に保存ができます。

Wordを操作して文書を作っている最中には、何かのトラブルで書き換えのデータを
保存する前にウィンドウの画面やOSが閉じてしまうような事態を防ぐために、
こまめにファイルの『上書き保存』をしていく事も大切です。

しかし、間違えて文章を大幅に削除してしまったり内容を書き換えてしまった後で
うっかり元の状態を取っておかないまま上書きしてしまう、というミスの事例もあります。

また、保存するフォルダ先に同じ名前のファイル名で同じ種類の拡張子
  • .doc
  • .dot
  • .rtf
  • .html
  • .mht

等があった時に名称を変えずに保存してうっかり必要なファイルに上書きしてしまった、
といった場合に、どうすれば元通りにWordのデータを復元できる?という疑問について。


元に戻す機能で修復


まず、今現在で作りかけのコンテンツを作成段階ごとにいくつかのファイルに分けて
保存する予定が、上書きのミスをしてしまい過程の分を消してしまった、という場合、
勢いでWord(と対象のファイル)のウィンドウ画面を閉じないようにご注意下さい。

間違えて上書きしても、その文章ファイルをまだ閉じていない状態なら
パソコンの「メモリ」には一時的に工程の履歴分(キャッシュ)が蓄積されています。

メニューバーの「編集タブ」にある「元に戻す」(Clrlキー+Zキー)を押すと
入力作業の一回分ごとに遡る形で、Wordのテキストデータを元に戻していけます。

マイクロソフト・ワードでは「元に戻す」(アンドゥ)の機能に回数制限はないため
何度でも作業工程の段階を遡って巻き戻せます。

(しかしPCのメモリの使用量の限界分までしか戻せないので、
 基本的にメモリの容量が大きいほど元に戻せる回数の上限も上がります。)

取っておきたい段階まで元に戻して文章の状態を一時的に復元したら別名で保存します。

前の上書きした分のWordで作ったファイルとともに、名称や拡張子で別に保存して
テキストを複数の作成段階に分ける事で改めて保管できます。




バックアップファイルで開く


しかし、「元に戻す」を使う前にWordのアプリケーション画面や
展開したファイルのウィンドウを閉じてしまうと、履歴がメモリから消えてしまいます。
(急にエラーやフリーズが元でパソコンの電源が落ちてしまったりした時も同様です。)

この場合は、バックアップファイルが自動的に保存されるように設定されていれば、
更新状態によっても変わりやすいのですが、そこから復旧できる可能性があります。

まず、Wordで書いているデータを保存しているフォルダに「.wbk 」という拡張子が
あるかどうかを開いて確認します。(またはスタートメニューから「.wbk 」と検索。)

収納先のフォルダ内に「.wbk」の拡張子で同じ名前のファイルが見つかったら、
拡張子を「.doc」「.dot」「.rtf」「.html」「.mht」など元のファイルと同じ
名称に変更します。

それをWordで開くと、自動バックアップされていた段階の状態で文書が開けます。

バックアップファイルは、Word画面のメニューバーのツール⇒オプション⇒保存のタブで
『バックアップ ファイルを保存する』の項目にチェックを入れて、
また「自動バックアップ」の項目にもチェックを入れて「OK」を押すと設定できます。

Wordオプション

Microsoft Office Word 2007の場合は「Wordのオプション」⇒「詳細設定」
⇒「保存」のセクションを開いて、設定します。

これらの設定がオフになっていたり、もし上手く保存できていなかった場合は、
Windowsの「システムの復元」やMacの「Time Machine」、「バックアップソフト」
といった、OSに搭載された[自動バックアップポイントの設定機能]を開いてみてください。

前回の復元ポイントの更新が行われた時刻が、[失った履歴分を最後に保存した時間]~
[間違えて上書き保存してしまった時間]の間ならタイミングが合っているので
OSの状態を全体ごとその時間に巻き戻す形でWordのファイルの状態も復元できます。

そのタイミングでもうまく合わなかった場合は、ひとまず上書き前のデータの状態の
痕跡分や一時的な履歴などが消えてしまうのを防ぐために、
パソコンとWordの画面、開いた文章ファイルの状態を一旦そのままにしておきます。

最寄り、またはオンライン受付が実施されている各地の
[データ復旧サービスセンター]に問い合わせをして、上書きミスの状況を詳しく伝えて
対象のファイルを元通りに復元してもらう事が可能かどうか、お尋ねしてみてください。

 






Excel・Word Office | WORD
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-897.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.