データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

[HDDのデータを外付けケースで取り出しする方法]のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


HDDのデータを外付けケースで取り出しする方法
パソコン本体にメインのCドライブとして使っている内蔵ハードディスクに
インストール・セットアップしているWindowsやMac OS X、LinuxなどのOSが、
ある日突然システムの障害により完全に開けなくなってしまったり、

メモリやCPU、電源ユニット、マザーボードなどのパーツが故障して
起動できなくなったため、PCの修理を行ってもらう前に
先にすぐ中身の大事なデータを取り出ししたい、という場合の措置について。

外付けHDDケース


【ストレージ(データ記憶装置)を換装するの手順】

まず、壊れたパソコン本体の他に、正常に動く別のPC本体(またはサーバ)と
外付けのハードディスクケースが一台ずつ必要になります。

PCケースを開けて、故障したOS(ローカルディスクC)の入っているHDDを、
ケーブルとインチネジを外して取り出します。

このHDDを今度は、パソコンパーツのショップや電器店、通販などの店舗で
別に購入した外部ハードディスクケースの方に入れ替える形で搭載します。

ハードディスクの入れ替え

別のパソコンを起動してデスクトップ画面まで開いたら、その外付けケースを
USBケーブルで接続して、電源をオン、またはAUTO(オート)にします。

接続音が鳴ったら、マイコンピューター(エクスプローラー)などから
リムーバブルディスクとしてフォルダが認識できているか確認します。

電源起動時のBIOS画面で読み込みの優先順位を低くした後に、
再度起動してデスクトップ画面を開きます。

これで、そのハードディスクの内部のフォルダと大事なファイルが無事に開ければ、
そのパソコンのDドライブや別のDVD-R、MO、ポータブルHDDなどの記憶装置に
バックアップを取る形でデータの取り出し作業を始めていきます。

(※)その際、両方のハードウェアのうち片方がコンピューターウィルスに
感染していると、もう片方にも感染が広がって両方ともデータが破壊されて、
取り出し作業の前に深刻なシステムダウンを起こしてしまう恐れもあリます。

なのでお使いのコンピューターには日々、セキュリティ対策を必ず十分に行って下さい。


(※)不調なパソコン本体に別のハードウェアからデータを取り出ししようとする際は、
肝心のPCのオペレーティングシステムがまともに開けないと正常な同期ができず
フォルダも開けずに、復旧作業がうまくいかない可能性もあります。

重要なファイルを一通り回収したら外付けHDDケースのコードを抜いて、
もう一度最初に搭載していたパソコンに戻します。

そして電源ボタンを押して起動して、DVDドライブのトレーOSの起動ディスク
(またはリカバリーディスク)を挿入して、再インストールを行い、
システムを初期化させる方法を用いて、修理をしていきましょう。



Windows7をはじめとするオペレーティング・システムは
コンピューターを正常に使っていく上で極めて重要なソフトウェアなので、
これが不具合を起こして破損すると、デスクトップ画面などが開かなくなる事もあります。

するとパソコンなどのコンピューター装置に搭載されている大容量データ記憶装置の
「ハードディスクドライブ」(またはSSD)に今までに保存していた
拡張子ファイルやアプリケーションも連動的に読み込みできなくなります。

特に「セーフモードからの起動」や「システムの復元」、「回復コンソール」、
「エラーチェック」、「イメージバックアップ」といった緊急用のトラブル対策機能が
使えなかった、または事前にセットしていなかった、という場合はまた困りものです。

ですが、内蔵HDD(またはSSD)の内部に以前に書き込みしていた拡張子の方は、
コンピューターウイルスによる感染被害でもなければ、
大抵はまだそのままHDDの内部に保存されて残っています。

そのため、セットアップしたOSそのものは開けなくとも、何とか別の方法で
内蔵ハードディスクドライブを開く事ができれば、USBケーブルなどを通して
別のPCなどに取り出しする形で中身のデータを回収する事もできます。



※大きめのケースのデスクトップパソコンの場合は本体のケースの蓋を開けた内部に付いている
マザーボードの空いた「SATAケーブルのコネクタ」などに差し込んで、
一時的にドライブをベイに増設する形で読み込みする方法もあります。

ハードディスクドライブの関連用語
オペレーティング・システム
[Operating System](OS)。パソコンやサーバ、ワークステーションなどのコンピューターの、あらゆる機能やデータを管理する総合的なシステムです。レジストリやシステムファイルといった重要なプログラムが破損したりすると正常に使用できなくなる危険があります。
Cドライブ
別名として「ローカルディスク(C;)」。基本的にOSがインストールされている[パーテイション](HDDの容量を分割した領域)の中でも最も重要な位置にある区画です。
外付けハードディスクケース
USBポート&ケーブルを通して、パソコンから外部のハードディスクを認識させて読み込むための装置。
システムダウン
コンピューターがエラーやバグ、過熱、ハードウェア上の故障といった理由によって機能を停止してしまう事。電源が落ちればすぐ回復する場合もあるのですが、プログラムやパーツが壊れると修復するまで元に戻らなくなってしまいます。
起動ディスク
OSを起動させるためのプログラムが書き込みされているCD/DVDデイスク。再セットアップや以前のバージョンでの復元といった機能が使えるのですが、それまでに保存していた一部~全てのデータが初期化されて消えてしまう難点もあります。
同期
シンクロナイゼーション(synchronization)。二つ以上のコンピューターの間で送信・受信を合わせて、中身の一部を共有したり通信する技術。データのバックアップなどにも使えます。
増設
パーツをコンピューターに付け加える事。HDDの場合は、PCケース内のトレーの空きスペースによって、IDEケーブルやSATAケーブルで接続して2個~5個くらい内蔵できます。



ですが、もし故障したHDDが別のPCや外付けケースでもまるで開けなかった場合は
ハードディスクの回路自体がヘッドクラッシュやアームなどの部品の磨耗で
物理障害を出して壊れている危険もあります。

物理的に壊れている可能性があると思われる場合はそれ以上の読み込みを控えて、
専門の[データ復旧サービス会社]の方で、中身の開けないデータの取り出し作業を
依頼されてみる事をお薦めします。





Dataの取り出しの案内 | ケース
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.お書き込みいただけたコメント文は、管理者の承認後に一覧に表示されます。

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できるかと思います。
















URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-896.html
Copyright (C) 2007-2014 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.