データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【PDAのデータを復元するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


PDAのデータを復元するには?
PDA(Personal Digital Assistant:パーソナル・デジタル・アシスタント)は
インターネット接続や音楽・動画再生、電子手帳といった、
パソコンと同じような機能が一部使用できる小型の『携帯情報端末』を指します。

携帯電話としての機能はなく、現在では薄型・小型のノートブック型パソコンや
音楽再生機器のデジタルオーディオプレーヤー、平板上のモバイルコンピューターである
タブレット端末、といった機器に移り変わりつつあるのですが、
今も販売されていて、多くのユーザーにより使用されています。

主なPDA製品の一覧
  • Newton (Apple)
  • カシオペア(カシオ計算機)
  • Palm (パーム)
  • PalmTop (SONY)
  • Possible (日立製作所)
  • iPAQ (hp)
  • Refalo (京セラ)
  • Axim (Dell)
  • AIノート (Canon)
  • Massif (オムロン)
  • Rupo XTEND (TOSHIBA)
  • Brain Pad TiPO (セイコーインスツル)
  • Telios (SHARP)
  • WILLCOM NS (ウィルコム)
  • 文豪アルデータ (NEC)
  • Locatio (セイコーエプソン)
  • PC-EPHONE (サイバーバンク)
  • exire (NTTドコモ)
  • INTERTOP (富士通)
  • ChipCard (IBM)

PDAもパソコンやタブレットPCと同じく、ファイルやアプリケーションなどの
様々なデータを取り扱う事が出来る精密な電子機器です。

特にMicrosoftのWindows Mobile(またはPocket PC、Windows Embedded CE)
といった複雑で多彩な機能を持つオペレーティングシステムが導入されたPDAでは、
多くのツールで多数のデータを作成・取り込みする事が多いです。

その分、時には書きかけの文書やダウンロードしたアプリ、カメラ機能で撮影した写真
といった各種のファイルを過て削除してしまったり、上書き保存ミスなどの原因で
拡張子が破損してしまうケースも起こりえます。

また、PDAの端末本体のシステムに不具合が発生したり物理的に故障してしまうと
液晶画面が開かなくなって中身のデータの閲覧や展開が出来なくなる場合もあります。




メモリーカードでのバックアップ


これらのトラブルを未然に防ぐためにはまず、SDカードなどのメモリーカードが
端末本体に差込みできるPDAなら、記録カードを2枚以上購入する事を推奨します。

各製品それぞれの取扱説明書やヘルプに従って、2枚のカード、
または本体の内蔵メモリと外付けのメモリーカードにバックアップ用に複製して
予備のデータを保存すれば、どちらか片方の分を失っても、いつでも復元ができます。

または、PDA本体を定期的にUSBケーブルを通してお手持ちのパソコンに接続して、
フォルダを読み込んでデバイスに認識させて、CドライブやDドライブの内部、
または外付けHDDなどの外部メディアにバックアップを取っておいて下さい。

データの誤った削除などのミスだけでなく、PDA本体の破損や紛失といった
その他の予期せぬトラブルの時にも後で別の本体にすぐ修復できて、大変助かります。

PDAは携帯電話やノートパソコンのように外部ネットワークのストレージに
自動更新でデータをバックアップするためのクラウドサービスがなかなか標準では
設定されていないのですが、インターネットからアクセスしてご自身でどこかの
クラウド・コンピューティングのサービスを利用してバックアップする方法もあります。


Windows Embedded CEなどのOSでアプリケーションのインストールや
定期的なアップデートやをした時に不具合を起こして正常に起動できなくなった場合は
[フルリセット](初期化)実行する事で、工場出荷前の状態に元通りに復元できます。

しかしそれまでにPocket PCなどに保管していたデータも消えてしまうので、
バックアップを取っていなかったら先に「データ復旧サービス」の方で
初期化の作業をする前に必要なファイルの抽出をしてもらいましょう。

PDAの液晶画面が割れてしまったり、ボタンが反応しなくなり操作不能になった場合、
まだ電源自体が起動できるなら、パソコンに一度USBコードで接続してみて下さい。

PCの方からデバイスマネージャにPDFの端末、または内蔵メモリーカードが認識されて
まだフォルダとファイルを開く事ができれば、バックアップ分を取る事も出来ます。

しかし、電源の方も起動ができずPCでも認識しない、故障のひどい状態になった時は、
各モバイル製品の製造元のメーカー先で対応されているカスタマーサポートに
連絡をして、修理に出してみて下さい。

その際に、OSの初期化や本体の交換が必要になる場合は、修理に出す前に、
PDAの内部ファイルの救出サービスを実施されている専門のデータ復旧センターの方に
問い合わせをして、診てもらわれる事をおすすめします。

 






外部接続型周辺機器 | PDA
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-894.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.