データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【画像ファイルを多く開くと重さでウィンドウが閉じてしまう?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


画像ファイルを多く開くと重さでウィンドウが閉じてしまう?
パソコン上で写真やグラフィックの画像といった容量が重くなりやすいファイルを
PhotoshopやIllustratorをはじめとする画像作成・編集ソフトで開く時や、
インターネットのブラウザでウェブページ作成等のために加工する時には、
あまりたくさんのファイルを一度に開きすぎると、一つのトラブルが起こりやすくなります。

元々サイズや解像度などで容量が大きいpsdやbmpといった拡張子ファイルは
コンピューターのメインメモリの使用量やCPUの処理能力を消費しやすく、
特にレイヤが多い編集中の画像では入力の処理に負担がかかりやすい点があります。

そのため、一度に10枚、20枚、とたくさんのファイルを開きすぎると、
アプリケーションがフリーズしたり、エラーが出て強制的に閉じてしまう事もあります。

複数展開


パソコンに負担がかかるパターン


・写真を一枚ずつ加工していたら、保存が終わった分を閉じていくのを忘れていて
 いつに間にか20枚くらいの枚数を同時に開いていた。

・数千×数千ピクセルの大型サイズの画像に数十~100枚以上のレイヤを重ねていて、
 一回の動作指示のたびに処理のスピードが遅くなってきた。

・いろいろなアプリケーションを経由してファイルを加工するために
 同時に複数のソフトウェアのウィンドウで別々の画像を開いている。

・インターネット上でアップロードする予定のウェブページを作っている時に、
 jpgやgif、png、動画ファイルなどが複数枚、簡易プレビュー画面に
 常に表示される状態にしたまま編集していって、キーやマウス入力のたびに
 プレビュー画面が頻繁に更新されて、ページ上で負担が掛かっている。

・Adobe AcrobatやPowerPointなど、画像ファイルを少しでも取り扱う
 アプリケーションで、機能やスペック以上の使い方をしてしまっている。

・動作環境が満たされていないパソコン本体に高性能のアプリケーションを
 インストールして使っている。

特に、パーツの性能があまり高くなく容量も抑え気味の古いパソコン本体の場合は、
次第に動作が重くなってきてウィンドウが突然フリーズしたり、
エラー、強制終了といったトラブルが起きやすいので注意が必要です。




ウィンドウが突然強制的に閉じたりOSがフリーズして止まってしまって
編集中の内容が消えてしまった場合は、自動保存機能がなければ多くの場合、
前回保存した時の段階から再度作業を行わなければならない事も多いです。

それを防ぐ対処法としては、まず一度に多くの写真やグラフィック画像を加工する時に、
編集が完了して「名前を付けて保存」するのを終えたら、
一枚~数枚ずつこまめにデータを閉じるように気をつけていけば大丈夫です。

psdファイルなどで「レイヤ」が増えてきたら、結合しても後で困らなさそうな部分を
結合したり、使わなくなったレイヤを削除していけば軽くなります。

複雑なフィルタや選択範囲を指定している時はウィンドウが重くなりやすいので、
メモリに余裕がない場合は十分慎重に作業を行って下さい。

他にもサイズや解像度の数値を最初から抑えておくと、編集中も作業が軽くなります。

アプリケーションソフトも同時にあまりたくさん開きすぎず、
またメモリやCPUに負荷がかかりやすい画像編集の作業中は
他のウェブブラウザなどのウィンドウはなるべく閉じておいた方が安全です。

インターネット上ではjpgやgifの軽い拡張子でも、大きなサイズの画像を複数開くと
展開のスピードが遅くなりやすいので、簡易プレビュー機能は表示の確認の時以外は
オフにして使っていくようにしましょう。

またメモリやハードディスクを容量の高い製品に交換・増設をしたり、
CPUやマザーボードを性能の高い新製品に交換するとパソコンに掛かる負担を減らせます。


もしフリーズやエラーでウィンドウが閉じてしまった影響で
対象の拡張子ファイルが破損してしまったり、OSやハードディスクに
深刻な障害が出て故障してしまった場合は、無理に開こうと動作を繰り返すのは控えて、
各地にあります[データ復旧サービス業者]にて救出してもらう事を推奨します。

 






ファイルの破損・エラー | パソコン操作の基礎知識
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-892.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.