データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【TeraStationでデータ破損を回避・保護できる?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


TeraStationでデータ破損を回避・保護できる?
TeraStation(テラステーション)とはBUFFALOから販売されている1000GB以上
(1テラバイト)のレベルの大容量な外付けLANハードディスクの名称を指します。

メモリの大規模な容量に高速処理ができるCPUなども搭載されています。
値段はおおよそ8万~15万くらいです。

ネットワークドライブ

メーカー製品一例

・『BUFFALO TeraStation LAN接続HDDTS-H2.0TGL/R5』
・『BUFFALO NASTeraStationPRO RAID対応4.0TB TS-H4.0TGL/R5』
・『BUFFALO テラステーション高速/耐障害RAID対応NAS TS-X6.0TL/R5』
・『BUFFALO TeraStationLivingNAS DLNA対応ホームサーバ2.0TB HS-DH2.0TGL/R5』
・『BUFFALO Link StationRAID機能省エネネットワーク対応HDD1TB LS-WH1.0TGL/R1』


データ破損耐性を持つ機能



TeraStationは容量が大きいだけでなく保存データの安全性も高い、
安心して使える外付け媒体です。

パソコンの自動バックアップ機能や転送データを保護する「XFS」という
ジャーナリングファイルシステムという機能があります。

さらにデータ障害がもし起こったときにすぐに復旧ができるための
『RAID1』(ミラーリング)  『RAID5』(パリティ付ストライピング)という
二種類の保護機能が搭載されています。




また、TeraStationやLinkStationには「ゴミ箱」(トラッシュボックス)という機能も備わっています。

もしある時の操作中にうっかり共有フォルダーなどに保管されている必要なデータを
誤って削除してしまっても、自動的に作成される「trashbox」のフォルダーを開くと、
データがそちらに移動していますので、損失を回避できます。

また、複数のHDDに分散してファイルを保存することも可能です。

しかし、重度のシステムエラーなどの論理障害でファイルが消えたり、
外部的な強い衝撃や水害、落雷などの物理障害は防ぎ切れない事があります。

なのでこれらのアクシデント対策のための設置環境の整備は
しっかりと施しておかれた方がやはり安全です。

もしテラステーションのハードディスク自体が災害の影響などで
全て物理的に故障してRAID機能でも中身のファイルを修復できない場合や、
システム面でのデータ破損のアクシデントが起こってしまった場合は、

それ以上は使用せずに、全国各地域の専門のデータ復旧サービスセンター
TeraStationを出して、内部ファイルの修復を行ってもらわれる事をおすすめいたします。

 





TeraStation | パソコン・周辺機器の紹介をします。
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-89.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.