データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【セキュリティ機能を必ず有効にした後にデータを移行】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


セキュリティ機能を必ず有効にした後にデータを移行
新しくパソコン本体を購入した時はまだアプリケーションやファイルが何も入っていない
白紙の状態なので、今までの古いパソコンで使っていたデータをある程度、
バックアップ分から移行する作業がよく必要になります。

また、OSが破損してしまいリカバリーを行った後や、ハードディスクが壊れてしまい
新品のHDDに交換を行った後も同様にコンピューターが初期化状態に戻るため、
バックアップや復旧作業で取っておいたデータを移し変える機会がよくあります。

この時の注意点として、最初に新品状態のオペレーティングシステムを起動してから
セットアップを進めてデスクトップ画面を開いた時に、いきなりファイルやフォルダを
外部記録装置からコピーして書き込みのはおすすめできません。

まず、真っ先に行うべきこととしまして、コンピューターウィルスをはじめとする
PC上の脅威からマシンを守るための「セキュリティ機能」を有効にすることが重要です。

すでにファイルが消えていたり、破損した、パソコンが開けない、といった状況の場合には、
必要なファイルを復元するには、データリカバリーサービスに問い合わせて、
問題の状態を見てもらわれることを推奨します。




まずはインターネット接続を行う前に、アンチウィルスソフトをインストールして
コンピューターへのセットアップを行いましょう。

オンラインからソフトウェアの最新バージョンにする場合は
インターネットを最初に接続してから必ず一番先に作業を行ってください。

また事前にパソコンのデータを外付けハードディスク・SSDやRAID、NASなどへバックアップして
いつでもデータ復旧の作業ができるようにしておきます。

主なアンチウィルスソフトには、ノートン・インターネットセキュリティ、
トレンドマイクロ・ウイルスバスター、マカフィー・インターネットセキュリティ、
ESETSmartSecurity、ウイルスセキュリティZEROなどがあります。

※Windowsパソコンだけでなく、Mac OS XやLinuxのパソコンでも安全のために、
 セキュリティソフトは必ずインストールして有効にしてください。

コンピューターウィルス対策ソフトを内蔵ハードディスクにセットアップしたら
すぐにプログラムのアップデートをして、最新の状態に更新します。

※もし書き出しエラーやフリーズ、動作の遅延などが発生してパソコンに不具合が起きたら、
 場合によってはアンインストールをして、もっと軽いソフトウェアに変更してください。

そして、第三者からのコンピューターへの不正な侵入を防ぐ『ファイヤーウォール』が
有効になっているかどうかも確認して下さい。

(もしパソコンのセキュリティ上に問題がある場合はOSからの警告文が表示されるので、
 指示のメッセージに従ってパソコンのセキュリティを有効にして下さい。)

これらのセットアップ作業が一通り終わったら、もしもインターネットから
有害なプログラムが侵入してきたり、データ記録メディアに万が一ウイルスプログラムが
混じっていたとしても、巡回機能が検知して早期発見による安全な隔離・駆除ができます。

必ずコンピューターウィルスやその他有害なプログラムの対策機能が有効になった後で、
外付けHDDやDVD-R、USBメモリなどのデータ記録装置を接続して読み込んだり、
クラウド(オンラインストレージサービス)から保存データをセットアップしたり、
他のハードウェアとパソコンを同期させたりして、データの移行作業を行ってください。

 





セキュリティ対策方法 | ウイルス対策

 
 ※問題解決のご質問、訂正の箇所、新規掲載のご要望等は、トップページの概要事項の項目の、
 メッセージの投稿用フォームにて幅広く受け付けています。









URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-885.html
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.