データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Windows8のパソコンのデータを復旧するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Windows8のパソコンのデータを復旧するには?
Microsoft社より開発・販売されているWindows8.1(ウィンドウズエイトポイントワン)の
オペレーティングシステムには新しいスタート画面をはじめ、数多くの便利な機能があります。

[※お知らせ:大変おそれながら、ページの内容を変更させていただきました。]

Windows 8

またウィンドウズ8には従来通りOSの機能でインターネットや電子メールを使えたり、
アプリケーションのインストールや、エクスプローラーでのフォルダへの拡張子の保存といった
数多くの電子ファイルの使い方ができるため、取り扱うデータの量も膨大になります。

そのため、時には間違えてデータの一部を削除や上書き保存のミスをしてしまったり、
増設したハードディスクや分割したセカンダリ・パーティションのボリュームなどの
初期化を行って大事なファイルを全部消してしまった、というトラブルも起こりえます。


まず先に、Windows 8をインストールしたパソコンの本体が物理的に故障してしまい、
内蔵されたハードディスクが一緒に壊れていたり、
ノートパソコンやタブレット端末からHDDやSSDがうまく取り出せないほど破損した場合は
自力で中身のファイルを拾い上げるのは非常に困難になります。

その際にはすぐに壊れたパソコンやタブレットコンピューター本体を
全国各地で営業されています「大手のデータ復旧サービスセンター」に出して、
物理障害からの復旧の対応コースで診断してもらってください。

※液晶モニターが割れて画面が映らなくなっただけで
 電源とOS自体はまだ普通に起動できる状態であれば、

 リモートデスクトップでネットワーク接続ができる別のパソコンから
 無線LANルーターなどでアクセスしてシステム上からドキュメントなどの
 領域のデータを自身でバックアップして復旧できる場合もあります。


オペレーティングシステム(プラットフォーム)はほとんどのバージョンや
メーカーの製品にしっかりとデータのバックアップ機能が備わっています。

そしてそれらは最初に機種を購入してからセットアップを始める手順の中で
すぐに簡単に設定できるようになっていたり、
一部の機能で最初から自動的なバックアップが標準で出来ている事もあります。




バックアップ機能を使ってファイルを復元


例えばWindows 8で新しく使えるコントロールパネルの機能の一つ
「ファイル履歴」を、使い始めた最初のうちに有効に設定して「オン」にします。

ファイル履歴の詳細設定

これで、ライブラリなど特定の領域に保存された
テキストやメール、写真、ムービー、ブックマークなどのデータが
パソコンを開いて一定時間が経つたびにUSBケーブルを介して自動的に、
更新分のデータが外付けハードディスクやRAIDに保存されていきます。

ファイル履歴の保存

なので、もしWindows8のパソコンが壊れて買い換えなければならなくなっても、
後で新しいPC本体や別の端末から外付けHDDを使って接続して、
データベースに保存されているデータを手順に沿って引き出して復旧できます。

保存先のフォルダーの場所は外付けドライブ:⇒FileHistory⇒ユーザー名
⇒ユーザー名-PC⇒Data⇒C⇒Users⇒ユーザー名⇒Documents、など。

また、パソコンにMicrosoft Officeの「OneDrive」(SkyDrive)をインストールして
マイクロソフトのクラウドストレージサービスと同期させる事で、
データの一部をネットワーク上にバックアップする事もできます。

OneDrive

Windows 8が入ったデスクトップパソコンやノートパソコンで蓋を簡単に取り外せる
本体ケースの製品なら、たとえパーツのどれかが故障してOSが開けなくなっても、
まだ内蔵のハードディスクが無事なら、自身で取り出してデータを救出する方法もあります。



オンラインのサービスで購入してインストールしたOSのアプリケーションなども、
コントロールパネルの「システムイメージバックアップ」を使って、
ファイル履歴と同じように定期的に一括でデータのバックアップができます。

システムイメージバックアップ

他にも市販の「自動更新バックアップソフトウェア」や「データ移行ソフト」など
便利なデータの保護用ユーティリティーの製品もたくさんあります。


別のWindowsパソコンからデスクトップが正常に開かないパソコンのデータを
リモート接続して読み取って、そちらの内蔵ハードディスクドライブや外付けHDD、RAIDに
全部自分でバックアップを取って後でいつでも復旧できるようにするには、

予めリモートの設定を行っておいて、無線LANルーターなどを通して
同じネットワーク回線のサービスでインターネットに接続します。

内蔵のHDDやSSDのフォルダーをエクスプローラーの「ネットワーク」の項目から開いて、
中身のファイルを開いてコピーなどを行て復旧します。


内蔵の2.5インチ型のSSD(フラッシュメモリ)を取り出して別のパソコンで開く時は、
一例として、まず2.5インチ型のSSDの変換マウンターを購入します。

次にデスクトップパソコンの空いたドライブベイに増設する形でつなげ直して、
電源ケーブルの空いたコネクタとSATAケーブルをインターフェースに差し込みます。

パソコンを起動してローカルディスクの別のボリュームとして読み込みします。

(メーカー製品ごとにケースの中の記憶ディスクの配置場所や大きさ、
ドライブベイの数などが違うのでこれらの方法とは手順が若干違う場合もあります。)



ちなみにリモート接続で別のパソコンからアクセスしても、
「システムの復元」や「シャドウコピー」、「Time Machine」といった機能は
そのパソコン本体専用のシステムなので、ネットワーク上のデバイスに使って
消えたデータをバックアップしたり復旧させる事はできませんのでご注意ください。

Windows8上で必要なファイルを削除した時は、
基本的にまず「ゴミ箱フォルダー」に移動するので、まずはそちらを開いてみます。

「ゴミ箱」にもなくて「元に戻す」も効かずバックアップも取れていなかった場合は、
「データ復元ソフト」の機能でスキャンをかけて復元できる見込みはあります。

外付けハードディスクやUSBメモリ、USBカードリーダーで読み込みSDカードやCFなど、
リムーバブルディスクとしてWindows8のエクスプローラー上で認識できる外部記憶装置も
同じくドライブスキャンで、削除したデータの痕跡を読み取る方法なども使えます。


しかしシステムの種類やバージョンによってパソコンと互換性(相性が合わなかったり
機能の性能が不足していて、作業が上手くいかない可能性もあります。

また、下手にWindows8のレジストリやProgram Filesなどフォルダの中身をいじると
OSのシステムに破損が起きてかえって故障がひどくなったり、
データの以前の痕跡が消えてしまう危険もあります。

なのでくれぐれも無理な検出の仕方などは行わないように十分慎重に行ってください。

パソコンやハードディスク自体が物理的に機種が壊れてしまい
ご自身でどうしても元に戻せない場合は、
全国各地の「データ復旧サービスセンター」の業者の受付に出して
診断をしてもらって、ファイルを修復してもらう事をおすすめします。

 






ウィンドウズ7・8・10 | Windows8
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-884.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.