データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【読み込みできない時に別の装置に移し変えて接続する方法】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


読み込みできない時に別の装置に移し変えて接続する方法
CDやDVD、ブルーレイなどのディスクメディアや、SDカード、メモリースティック、
xDピクチャーカード、スマートメディアといったメモリーカードの記録媒体は、
主にその電子メディア媒体の単独ではデータの読み取りや書き出しを行う事ができません。

これらの媒体はパソコンなどに内蔵された「ドライブ装置」や「メディアプレーヤー」、
「レコーダー」、「デジタルカメラ」などの「使用している機器本体」といった
専用の機材に挿入して、モニターに表示してパソコンにデータの読み込みを行います。

ディスクやメモリーカードに傷や汚れがいなければ普通は読み込みできるのですが、
たまに専用の読み取り装置に何らかのエラーや故障が起きて、
一時的に、または何度機器への差込みを行っても読み取れない場合があります。

ディスクの読み込み

不調の原因としてはオペレーティングシステムやアプリケーションのエラーですね。

機器が認識できなかったり、ハードウェアのトレイやソケット部分に異物が入り込んだり、
製品の寿命でパーツが老朽化して壊れる、など多くのケースがあります。

しかし、上記のようなメディア媒体は読み込み可能な専用の装置を2種類以上個人で
簡単に入手ができている場合も多く、他の機材から別に読み込んでみる方法もあります。




例えば音楽用のCDや映像用のDVD、Blu-rayディスクは、
DVDドライブ(またはBlu-rayドライブ)が内蔵されてたパソコンに挿入すれば
メディアプレーヤーのソフトウェアをインストールしている事で再生ができます。

また、SDカードやメモリースティックといったメモリーカードの多くは
USBカードリーダ/ライター」を所持していれば、
デジタルカメラや専用アダプターなどの機器がなくても代わりにPC上で開けます。

または写真の現像を取り扱っている店舗や、店頭のコピー機にも各種メディア媒体の
読み取りのための挿入口が設置されていますので、もし記録メディアか読取装置の
どちらに問題が出ているかわからない時は、そちらで読み取って確認もできます。

ハードディスクドライブがパソコン本体の別のパーツの不具合・故障などの原因で
認識されない場合も、2.5インチか3.5インチのそれぞれのサイズに合った
「外付けHDDケース」に移し変えて、別のパソコンにUSBケーブルから接続すれば
読み込みして復活できます。(それぞれ製品や使い方によって例外もあります。)

読み取り装置はわりと安価で入手できるものも多いので、もし急に何かのメディアが
読み込みできなくなって困ってしまった際には、臨時用として別の装置から
データ記録メディアを開いて復旧を行ってみる方法が使えます。

しかし、カートリッジやカバー―ケースからディスクメディアのフラッシュメモリの
「取り外し」が通常できないように設計された製品は、パソコンのUSBポートや
専用のオーディオ機器、ドライブ装置といった機材でしか読み込みできない物が多いです。

なので、メディア媒体か読取装置のどちらに問題があるか見分けるのが限られる事もあります。

重要なファイルを書き込みしている記録媒体に不具合が出てどうやっても読み込みが
不可能になった場合、もしバックアップを取っていなかったら、
それ以上の読み込みの繰り返しは控えて、専門のデータ復旧サービスセンターに
送付をして内部のデータを復元・回収してもらう事を推奨します。

 






移行・移動の仕方 | 記憶メディア
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-882.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.