データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【spモードメールをパソコンから手動でバックアップ】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


spモードメールをパソコンから手動でバックアップ
NTT docomo(ドコモ)の契約でXperiaなど「Android」(アンドロイド)のOSが
搭載されているスマートフォン(多機能型携帯電話)では、
「spモードメール」という電子メールのサービスを使用できます。

このspモードメールで受信・送信・下書き等をして保存したメールのデータは、
現段階では通常、そのままの状態ではクラウドサービスなどに
自動的にバックアップされるような機能が登場していません。

そのため、もしもスマートフォンを紛失してしまったり、うっかり間違えて削除してしまい
メールを失ってしまうトラブルを防ぐためには、
ドコモユーザーの方自身がしっかりと、定期的にバックアップを取っておく必要があります。

この説明ではフォルダから手動で簡単にバックアップをする手順について紹介いたします。


まずはAndroidのスマートフォンを開き、spモードメールのアイコンをタップします。
「受信メール」か「送信メール」「未送信メール」のボタンを長押しすると
SDにコピー」という項目が表示されます。

それをタップして、形式選択で「eml(バックアップ用)」の項目を選びます。

上メニューの「コピー」を選んで「OK」をタップすると、
「export」のフォルダにすべてのメールのデータが書き込まれます。




PCに接続


次にお持ちのパソコンを起動して、XperiaなどAndroidのスマートフォンを
USBケーブルで接続してデバイスに読み込みします。

【※Windows7の場合】

[スタート]メニューから「コンピューター」に移動して、
スマートフォンの「PHONE CARD」(内蔵SDメモリーカード)のアイコンを開きます。

次にその中の「private」という名称のフォルダを開きます。

Androidのフォルダ

次に「docomo」⇒「mail」と移動して、「export」というフォルダを開きます。

spモードメールのフォルダ

その中にすべてのメールのデータがコピーされていますので、すべて選択して、
パソコンの中かまたは外付けハードディスクなどの外部記憶装置の中に
新規フォルダを一つ作成して、その中にペーストします。

これでメールのバックアップは完了です。

後に何かのトラブルがあってスマートフォンの初期化や買い替えをする事になった時、
再び同じようにUSBポートの経由でパソコンに接続します。

今度は[スタート]⇒[コンピューター]⇒[PHONE CARD]⇒[private]⇒[docomo]⇒[mail]
⇒[import]
と開いて、そこにバックアップしておいたメールを貼り付けします。

スマートフォンとパソコンとの接続を外してspモードメールを開き、
メニューキーを押して、「取り込み」をタップします。

「受信メール」「送信メール」「未送信メール」それぞれの項目を押すと
各メールのファイルが表示されますので、元に戻したいメールにチェックを入れて、
「取り込み」を押すと、受信箱や送信箱に以前のメールが復活して見れるようになります。

バックアップを取っていない時に何かのトラブルが起きてメールが見れなくなった時は、
状況に合わせて契約先のdocomoまたは開発元のSONYなどの
カスタマーサポートセンターに、問い合わせをされてみてください。

もしもSDカードのデータを本体と共に失ってしまった場合は、
SDカード自体がまだ手元に残っていれば、各地のデータ復旧会社に診てもらい、
内部の各フォルダにあるファイルを復元してもらえる見込みもあります。

 






電子メールの復活 | 携帯メール
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-879.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.