データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【メモリーカードのファイルが消えて認識しない状態とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


メモリーカードのファイルが消えて認識しない状態とは?
メモリーカード[memory card]は半導体メモリ(電気を通しやすい導体と
電気を通さない絶縁体の中間物質[semiconductor]を用いた記録装置)
を使ってデータを記録する、小型の保存用電子機器です。

USBメモリ、内蔵フラッシュメモリ、SDカード、コンパクトフラッシュ、メモリースティック、
マルチメディアカード、xDピクチャーカード、スマートメディア、SSDといった記録カードは
数十MB~数百GBの容量を保管できるので、一時的なファイルの持ち運びに便利です。

そのかわりデータの保持期間があるため、長期保存にはやや向いてない一面もあります。

microSDカード

USBメモリやSDカードにファイルを一度保存してから5年~10年~と長い時間が経って
その間全くコンピューター上で読み込みや新しい書き込み、上書き保存をしていなくても、
データがいつの間にか消えて認識しない状態になってしまう事があります。

メモリーカードは数千回~一万回くらいの書き込みの繰り返しが可能とされていて
それほどすぐに製品としての寿命が来るわけではないので、
購入してから数ヶ月~2,3年以内くらいの間なら大抵は問題なく使用できます。

しかし何もせずに長期間、引き出しや棚、収納庫に閉まってある状態でも
「トンネル効果」という現象のために、機器の内部にある「セル」から
電子がほんの少しずつすり抜けてしまい、次第にファイルを保持できなくなっていきます。




そのため、久々にメモリーカードを読み込んで開いたら、
書き込んだはずのファイルが無くなったり破損している、というトラブルもありえます。

なので、USBメモリやSDカードなどのメディアはあくまでファイルの持ち運び用として
使用して、バックアップ用には外付けHDDやDVD-RW/RAM、MOなどの
『ディスクメディア』を使い、更に保存する機器を2箇所以上にして管理する事をお薦めします。


また、一万回以上ファイルの書き込みを繰り返して書き換えの上限回数を超えていたり、
電子機器にとってあまりよくない環境の場所に長時間置いていて壊れていた場合は
同様に急にファイルが読み取れなくなったり、
もしくはメモリーカード自体がデバイスに認識しないケースもありえます。

一度、スタート⇒コントロールパネル⇒システム⇒[デバイスマネージャー]と開いて
各種機器の一覧の正常でないマークの項目が映っているか確認して、
メモリーカードに該当しそうな項目であればそれを削除してから、再度接続して下さい。

ファイルがセルから消えてしばらく経っていたり別のもので上書きしてしまうと
元に戻せる確率はその分低くなってしまいます。

しかしメモリーカードの寿命や物理的な損傷のためにデバイスに認識しない場合などで、
内部の回路や拡張子ファイル自体に故障や欠損がなければ、
専門のデータ復旧サービスにて、内部ファイルの抽出と移し変えができる見込みもあります。

 






メモリーカード | 記憶メディア
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-877.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.