データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【取り消し機能でファイルの状態を元に戻せない時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


取り消し機能でファイルの状態を元に戻せない時は?
WordやExcelなどのMicrosoht Officeシリーズの文書作成・編集ソフトウェアや
写真・動画・グラフィック画像の作成・編集ソフトをはじめ、コンテンツ制作のための
アプリケーションソフトウェアのほとんどは、「手順ミス取り消しの機能」が付いています。

ソフトでの作業中に間違えて誤字や脱字を入力したり誤変換をしていた場合、
あるいはうっかりテキストやレイヤを一部分か全部丸ごと削除してしまった場合などに、
そのミスを取り消しして一段階戻る「アンドゥ」というツールで直せます。

主にメニューバーの「編集」の項目にあって、取り消しした作業を更にやり直しする
「リドゥ」(一段階進む)というツールとワンセットで使えるソフトが多いです。

取り消し機能は作業中のファイルを上書き保存してしまった後でも、
アプリケーションソフト上でそのファイルを閉じていなければ、
またメモリに作業の工程がデータとしてワンアクションごとに記録されたままです。

アンドゥできる回数の上限を超えない範囲内なら、取り消し(一段階戻る)を繰り返し
行う事で、編集ミス前の状態に戻していく事ができます。

元に戻す上限回数の変更


しかし、例えばアンドゥの上限回数が8回までや、20回までとソフトの機能で
設定されていた場合、そこから前の作業ミスの分は元に戻す事ができません。

なので、念のために取り消しできる上限回数を環境設定で変更できるソフトなら、
できる限り多くの回数分を記録するように設定する事をおすすめします。

ただしメモリの容量をその分消費するため、メモリも4GBや8GB、余裕があれば
16GBなどに増設しておくと安心です。




ただしメモリ容量が大きくても巨大なサイズの画像データを非常に細かい指定で
編集・加工する作業の場合は、時には1回のアクションだけでも相当な容量を使い、
パソコン全体の読み込みが遅くなって、メモリ超過でアンドゥができない事もあります。

画像などのファイルはあまり全体サイズを大きくしすぎたりレイヤを増やし過ぎないように、
拡大された容量の数値を時々見ながら無理なく作業していくように注意して下さい。


最後まで取り消しできずに途中で巻き戻し作業が止まってしまったり、
上書きしてソフトを閉じてしまった場合、メモリからも編集前の状態のデータが
消えてしまい、どうやっても元に戻せなくなる事が多いです。

bakファイル作成機能や差分更新保存のシステムでバックアップ分を取っていても
そちらの方まで自動的に一緒に上書きされていると、なおの事、修復ができなくなります。

「システムの復元」などの、数時間おきや一日おきに定期的なバックアップを取るツールなら
運が良ければタイミング次第で編集前のファイルの状態に戻せます。

ですが、一時メモリにしか書き込まれていなかった差分のデータは
どこにも痕跡が残らないため、どのような方法でもほぼ復旧できないケースも多いです。

その場合は残念ながらその作成中のファイルをもう一度途中から、または最初から
手順を思い出して作り直さなければならないため、作業中は日々、十分に注意して下さい。

 





上書き保存を元に戻す | ソフトウェア関連
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-874.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.