データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Google Chromeのお気に入りのバックアップと復元手順】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Google Chromeのお気に入りのバックアップと復元手順
[Google Chrome] (グーグル・クローム)とはGoogle社からリリースされている、
インターネットを閲覧するウェブブラウザのアプリケーションソフトウェアです。

MicrosoftのInternet ExplorerやmozillaのFirefox、AppleのSafari等と同じく、
インターネット上からパソコンにツールをダウンロードして、いつでも使用できます。

そしてGoogle Chromeにも他のウェブブラウザと同じように、よく見るホームページや
また訪れたいウェブページをお気に入りに追加しておく「ブックマーク機能」があります。

ですが、ブックマークしたページの一覧を記録しているデータは
ネットワーク上ではなく、パソコンのOSをインストールしている内蔵HDD(Cドライブ)の
内部に自動的に作られた専用フォルダに作成されて、保存してあります。

もし急にコンピューターがシステムの破損や部品の故障などで障害を起こして
動かなくなってしまうと、せっかくお気に入りに追加したブックマークの一覧を
失ってしまうおそれがあります。

そのため、Google Chromeのブラウザで作ったお気に入りも、いざという時のために
バックアップをして、いつでも復元できるようにする事も大切です。




エクスポート⇒インポートの手順


まず、パソコンを起動して、デスクトップ上にあるGoogleChromeのアイコンで
普段のようにブラウザを開きます。

ツールバーの右上にあるレンチアイコンをクリックして、
ブックマークの項目⇒ブックマーク マネージャを押します。

次の画面にある[管理]の項目を押して、表示されるメニューの一番下にある
HTML ファイルにブックマークをエクスポート」を選択します。

Google Chrome

「bookmarks_(作成日時).html」という名称のファイルが出てきますので、
それを外付けハードディスクやUSBメモリなどの外部記録装置に保存します。

このファイルをウェブブラウザで開くと、『Bookmarks ブックマーク バー』という
タイトルの下に、それまでお気に入りに追加したウェブページの一覧リンクが
表示されていますので、これでいつでも各ページに入り直す事ができます。

(その際のウェブアドレスはこのようになります。)
C:\Users\ユーザ名\Documents\bookmarks_保存した日付.html

そして、何かパソコン上でトラブルがあって、お気に入りを復元する必要が出たり、
買い替えなどで別のPCに移行する時には、今度は管理メニューの
HTML ファイルにブックマークをインポート」を選びます。

エクスポートで保存した「bookmarks_(作成日時).html」のファイルを選択して、
[開く]を押すと、ブックマークバーに[インポートしたブックマーク]というフォルダが
表示されますので、それを開くと以前の「お気に入り一覧」が元通りに開けます。

インポート


bakファイルのバックアップ


また、アプリケーションのフォルダに書き込まれているブックマークの拡張子ファイルを
直接コピーしてバックアップする方法もあります。

まず、(Windows7の場合)[スタート]から[コンピューター]を開いて
エクスプローラーのアドレスバーに
C:¥Users¥ユーザー名¥AppData と入力して進みます。(¥は小文字に直して下さい)

そこからLocal⇒Google⇒Chrome⇒User Data⇒Defaultのフォルダに進み、
[Bookmarks]と[Bookmarks.bak]という名称の読み取り専用のファイルを
コピーして、外部記録メディアに保存しておきます。

後にパソコンに不具合が起きてリカバリーやHDD交換などでデータを失ってしまった際に、
修理後のPCの中にGoogle Chromeをインストールし直します。

そして全く同じフォルダを先述の手順に従って開いて、[Bookmarks]と[bakファイル]を
貼り付けて上書きします。

これで以前のお気に入り一覧に戻っているかブラウザを開いて確認して、復元完了です。

もちろんソフトウェアを使ったHDDのフルバックアップ等でも保存はできるのですが、
後で新しいコンピューターで使い直す際にはもう一度Google Chromeを
インターネットからダウンロードして、必ずインストールをし直しましょう。


またグーグル・クロームの独自の便利機能として、取得しているGoogleアカウントに
同期して別のPCから同じアカウントを用いて共有でお気に入りを使用する方法もあります。

これにより、2台以上の複数のパソコンにお気に入りをバックアップして
管理する事も可能です。

注意点として、ログインして共有している分のお気に入りは一度削除すると、
他のパソコンで閲覧している分のブックマークもすべて同時に消えてしまうので
複数人、複数台のパソコンで一つのアカウントを管理している場合は十分に注意してください。


ですが、上記の方法でバックアップを取っていないうちにデータを失った場合は、
OSが何とか動かせるか修復できそうな状態なら、「システムの復元」や「シャドウコピー」
といった機能を使って以前のコンピューターの状態に戻す作業を試してみて下さい。

ハードディスクが物理的に故障してCドライブの全ファイルが丸ごと読み込めなくなった時は、
内蔵HDDをパソコンからドライバーで外して抜いて、各地のデータ復旧業者に
郵送か持ち込みで出して診断してもらい内部データを抽出してもらう事で、
一定の割合で丸ごとDD内部のファイルを回収できる見込みがあります。

 






インターネットトラブル | Google Chrome
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-873.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.