データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ジャンプリストの履歴データを消去するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ジャンプリストの履歴データを消去するには?
MicrosoftのOS「Windows 7」には『ジャンプリスト』と呼ばれる、
よく使う項目へのアクセス時間短縮のための便利な機能が搭載されています。

スタートメニューに表示されている各アプリケーションソフトのアイコンの右側にある
矢印マークにマウスカーソルを当てると、「最近使ったもの」という欄が出てきます。

ここ最近で開いて使ったファイルが表示されて、その項目を押すと
該当のアプリケーションで対象のデータをすぐに開く事ができます。

また、デスクトップ下側のタスクバーにあるウェブブラウザやソフトウェアのアイコンを
右クリックすると、同じように「最近使ったもの」といった名称の項目欄が出て、
ここ最近で開いたウェブページやファイルにすぐにアクセスできて、大変便利な機能です。

しかし、ジャンプリストにはよく訪問するページやよく開くファイルの履歴が残ります。

そのため複数の人が使う共有パソコン等では特に、プライベート的に他の人に
あまり見られたくないような履歴が残っていると困る、という場合は、
ジャンプリストに項目が表示されないように設定したり、個別に削除する事も可能です。




まず、スタートメニューからコントロールパネルをクリックして
「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」を開きます。

[スタート]メニューのタブに合わせて、「プライバシー」の項目にある、

ジャンプリストの設定

・最近開いたプログラムを[スタート]メニューに保存し表示する
・最近開いた項目を[スタート]メニューとタスクバーに保存し表示する

の2つのチェックを外して、適用⇒OKボタンを押します。
これでジャンプリストに履歴データは残らなくなります。

また、ジャンプリストの中の見られたくない項目のみを選んで削除するには、
スタートメニューまたはタスクバーのジャンプリストを表示して、
消去する項目を右クリックして「この一覧から削除」で表示しないようにできます。

間違えて必要な項目を消去すると、元データは消えないのですがごみ箱には行かず、
もう一度フォルダから手動で開き直してリストに加え直す必要があるのでご注意下さい。

 






ウィンドウズ7・8・10 | 便利ツール
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-867.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.