データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Windows Liveメールのアカウントを復元するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Windows Liveメールのアカウントを復元するには?
Microsoftより提供されている電子メールクライアントソフト『Windows Liveメール』は
他のソフトウェアと同じく、パソコンにインストールしてハードディスクのフォルダに
電子メールアカウントやアドレス帳、メッセージなどのデータを保存します。

そのため、もしお使いのパソコンでWindowsにシステム障害が起きて起動画面が
開かなくなったり、内蔵ハードディスクがヘッドクラッシュや老朽化、衝撃で
故障してしまい読み込みできなくなると、アカウントを失ってしまう危険があります。

WindowsのOSを再セットアップしたりHDDを新品交換すると、初期化されるなどで
電子メールの内容を含めたそれまでの全データを実質失ってしまう事になります。

そんなトラブルによるデータ消失を防ぐために、Windows Live メールには
作成した個別アカウントのデータをバックアップする保存機能が搭載されています。




まずはWindows Live メールを起動して、最初に一番左上のページマークのアイコンをクリックします。

下に出てくる項目の「電子メールのエクスポート」にカーソルを当てて、
@マークの「アカウント」を選択して押します。

Windows Live メール

「アカウント」のバルーンが開いたら、お使いの電子メールやhotmailなどの
サービス名が書いてある(規定のアカウント)などの項目を選択して、「エクスポート」をクリックします。

「.iaf」(インターネットアカウントファイル)という拡張子を
外付けHDDやDVD-RW/DVD-RAM、USBメモリなどの外部メディアに保存します。

これでアカウントデータのバックアップは完了です。

パソコンにシステムの破損や故障などのトラブルが起きてしまい 新しく整え直したPCに
以前に保存していたWindows Live メールのアカウントを復元するには、

インストールし直したWindows Liveメールのソフトを起動して、
左上アイコン⇒電子メールのエクスポート⇒「アカウント」で『インポート』を選択します。

前にバックアップを取っていたiafファイルを選択して「開く」を押すと、
以前に作ったアカウントが項目に加えられてまた同じようにPC上に復元されます。

この機能でバックアップを事前に取っていなかった場合は、「システムの復元」を
使ってみましょう。タイミングが良ければそこから問題が出る前の状態に修復できます。

もしシステムの復元などを用いても元に戻らない重度の論理障害が起きていたり、
ハードディスクが壊れて読み込みできない物理障害が起きている場合は、
専門のデータ復旧サービスセンターにHDDを出して、診てもらうことを推奨します。

 





電子メールの復活 | メールトラブルの簡単解決法
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-860.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.