データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【論理障害のデータ喪失とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


論理障害のデータ喪失とは?
パソコンのハードディスクやSDカード、USBメモリ、DVD-RAM、メモリースティック
といったデータの記録装置にトラブルが起きて中のファイルやフォルダなどが
消えてしまうアクシデントには「論理障害」と「物理障害」という種類があります。

今回はそのうちの『論理障害』について解説いたします。

コンピューターのハードウェア的な問題である物理障害に対して
論理障害とは、コンピューターのソフトウェア的なトラブルを指します。

例として、誤ってファイルを削除してしまったり、
HDDやサーバーのダウン等のファイル読み込みのエラー
コンピューターウイルス障害といったデータ破損の事です。

主なデータ消失の実例
  • ゴミ箱を空にして削除
  • リムーバブルデイスクから消去
  • 誤ったフォーマット
  • ファイル拡張子の破損
  • OSの起動障害
  • コンピューターウイルス感染
  • 上書きミス

論理障害ではプログラムやファイルの拡張子そのものが消失している場合が
大半でゴミ箱から拾い上げたりアンドゥで元に戻せない事が多いです。

OSの機能やデータ保管用ソフトウェア、bakファイル、クラウドサービス等で
バックアップを取っていなかった場合は更に復元が少し難しくなります。




しかし、ファイルが消えてから何も書き込みをしていない状態であれば、
ハードディスクドライブ内部のブロック「セクタ」部分などに
前のデータの痕跡が残っていてまだ無事である事も多いです。

そのため、データ復元ソフトウェアからの検出やシステムの復元の実行、
といったツールを用いて論理障害の復旧作業を実行する事も出来ます。

またWindowsのシステムファイルが起動障害を起こして
OSのデスクトップ画面が立ち上がらなくなった場合は、
Linuxディストリビューションの「Knoppix」や「Ubuntu」を立ち上げて、
Cドライブに残ったファイルを外付けHDDなどに移す事もできます。

しかし削除してからしばらく経っていろいろなファイルを上書きした
ハードディスクやUSBメモリ、また破損した拡張子やプログラム等は
個人ではどうしても修復できない場合も多いです。

データ復旧のサービスは論理障害のトラブルにも物理障害と同じく
対応されていますので、そんな時には専門業者に依頼をして
喪失したデータの復元を行ってもらうのが最も確実な解決方法です。

 






物理障害・論理障害 | データ消失
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-859.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.