データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【紙焼き写真をデジタル化して保存する方法】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


紙焼き写真をデジタル化して保存する方法
まだデジタルカメラが普及していなかった頃に、フィルムを使って撮影する
アナログ式のカメラ(写真機)で撮った紙焼き写真を、デジタル化してコンピューター上の
データ形式として保存しておきたい、という場合について。

まず、前に使用していた普通のフィルムカメラやインスタントカメラ、使い捨てカメラ
などで撮った写真をすでに現像してもらっていて、紙焼き写真が手持ちにある場合は
『スキャナー』を使った画像の検出を行ってみましょう。

スキャナーで読み込み


スキャナーは家庭用として使うものであれば、プリンターとセットになった
家庭用の『複合機』を電気店で購入して、パソコンにインストールして使うと便利です。

もちろんスキャナー単体としての製品も発売されていますので、
業務用として様々な用途で使っていく場合は機能に特化した製品がおすすめです。

複合機をPCにセットアップしたら、まずはプリンターとパソコン両方の電源を入れて
デバイスに認識させます。

デジタル化して保存したい紙焼き写真をスキャナーのガラス面に裏返して置いて、
ふたを閉じます。

スキャナーで読み込み

その際、小さいごみや埃が映らないように、スキャナーと紙焼き写真を両方とも
軽く拭き取ってから、ガラス面に置きましょう。





次に、複合機本体のメニューから「スキャン」という項目を十字キーで選択して、
「OK」を押すと、画像のイメージ読み取りが行われます。

スキャン機能

またはプリンターに同梱されているCDに入っている専用のアプリケーションツールを
インストールして、その読み取りツールから操作してスキャンする方法でもできます。

また、Photoshopなどのグラフィックソフトや写真編集ソフトをお持ちでしたら、
そのソフトウェアのメニューにある画像読み取り機能で写真をスキャンして
デジタル画像としてすぐに編集できるように取り込みを実行する事もできます。

これらの方法で写真をスキャナー機能から読み取ったら画像置き場のフォルダに
「名前を付けて保存」をして、紙焼き写真のデジタル化が完了します。

サンコーの
『ネガフィルムや紙焼き写真をデジタル保存できるUSBフィルムスキャナーPS9700 USPS97BK』
など、より専門的なスキャナーの機材も販売されています。


プリンターやパソコンをご家庭でお持ちでない場合は、外のコンビニやネットコーナー、
デジタルコンビ二、写真屋に持っていってコピー機の機能などでスキャンを行い、
USBメモリーなどの記録メディアに画像データを書き込む方法でも保存できます。

昔に撮った時の「ネガフィルム」がまだ残っていれば、そちらを
写真屋に持っていって、現像とともにデジタル上のデータを取ってもらう方法もあります。

ネガフィルムや紙焼き写真も時間とともに劣化していきやすいため、
日光が当たらず、高温や低音にさらされにくく、湿気の少ない場所に保管するように
心がける事も大事です。

 






デジタルカメラの写真画像 | カメラや写真について
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-856.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.