データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【新しいiPadのデータをiCloudからバックアップして復元】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


新しいiPadのデータをiCloudからバックアップして復元
Apple(アップル)より開発・販売されているタブレット型コンピュータの
iPad(アイパッド)は現在、初代からiPad2、そして第3世代の「新しいiPad」が登場しています。

新しいiPadを購入して初めて起動してユーザー登録や設定を行う時に、
現在アップルより提供されているクラウドサービスの『iCloud』(アイクラウド)
という新機能を使えるように設定する事ができます。

iCloudはパソコンやタブレット端末の記録装置の中ではなく、
ネットワークを通してアプリケーションやデータを管理できる
クラウドコンピューティングのサービスです。

新しいiPad本体

この機能を使えばGoogleドライブやOneDriveなどオンラインストレージの
バックアップサポートと同じく、もしもiPad本体を紛失してしまったり破損させてしまった場合や
パソコン本体のHDDなどが壊れてしまった場合でも、バックアップのファイルを
管理会社のアップルの方に保存してあるのでいつでも引き出せる利点があります。




iPadからの設定


iCloudを使うにはまず、新しいiPadを購入してApple IDにユーザー登録してから
サインインするとiCloudw使用するか否かの画面が表示されますので、
ここで『使用する』を選びます。

iPad上でiCloudの設定を管理するには「設定」⇒「iCloud」でサインイン状態を、
確認し、バックアップの各項目がオンになっていれば自動的にネットワークを通して
データの保管が更新されていきます。

次にパソコンからiCloudを見る場合は、まずアップルのページから
iTunes(アイ・チューンズ)のソフトをダウンロードしてインストールします。

(MacのOSでは最初から入っていて、Windowsではダウンロードの必要があります)

iTunes同期画面

iTunesをインストールして起動してからiPadをUSBポートに接続すると、
左側メニューのデバイスの項目にiPadが表示されますの。

そのアイコンをクリックして、右側メニューの「Cloudでバックアップを作成」
という選択ボタンを指定して「同期」をクリックし、保存先を変更します。

Windowsから管理する手順


WindowsでiCloudを使うには、iTunesをインストールした後で
「すべてのプログラム」から「Apple Software Update」を開き、
「iCloudコントロールパネル」にチェックを入れてインストールします。

次にコントロールパネル⇒表示方法:大きいアイコン⇒iCloud
⇒新しいiPadを起動した時に設定したApple IDでサインインします。

次の管理画面で、メールやアドレスデータ、ブックマークなど同期したい項目に
チェックを入れて、適用をクリックして自動更新設定を変更できます。
(ただ、こちらはiPadからも変更できるのでインストールしなくても設定できます)

これで、万が一iPadの中にある連絡先や写真画像、メールなどの貴重なファイルを
間違えて削除してしまったり、本体が水没や圧迫などで破損したとしても、
新しいiPadを購入した時にアカウントを通じてCloudのバックアップから
以前と同じ状態に元通り復元する事ができます。

 






クラウドストレージ | クラウドコンピューティング
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-844.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.