データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【HDDを別のパソコンに入れ替えてUbuntuでデータ移行】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


HDDを別のパソコンに入れ替えてUbuntuでデータ移行
Windowsがトラブルを起こして開かなくなってしまったパソコン本体を
何とかして起動させる方法のひとつに、LinuxディストリビューションのOS
Ubuntu」(ウブントゥ・ウブンツ)からPCを立ち上げる手法があります。

Ubuntuデスクトップ画面

Ubuntuは誰でもすぐにインストールができるOSなので、
CDーRやDVD-R、USBメモリなどの外付けのデータ記憶メディアに焼きこんで、
OSを丸ごと書き込みする形でブートオプションの方で使う事もできます。

なのでWindowsが起動しようとする前にBIOSのBOOT設定をDVDドライブやUSBの方を
優先して読み込むように変更する事で立ち上げすることが可能です。

しかし、もしもWindowsだけでなくパソコン本体の別のパーツ、メモリやCPU、クーラー、
マザーボード、電源ユニットなどが故障していて起動自体ができない、
もしくは起動しても数分以内にすぐに電源が落ちてしまう、という場合について。

たとえば、CPUやファンの部品に破損があると冷却などができなくなって
電源ボタンを押してからすぐにまた電源が落ちてしまいます。

また、もしUbuntuを開く事ができてもCD-RのディスクやUSBメモリといった
外部の記録媒体から読み出ししているので、ハードディスク上にセットアップを
しっかり行ってあるWindowsに比べて読み込み速度が遅くなりがちです。

そのため、ある程度の時間の間Ubuntuの起動が持続できなければ
HDD内部のデータのチェックとバックアップによる移行作業ができません。

特に、数年~10年以上年前の年代のスペックの低いパーツを使ったマシンで、
さらにそれの一部が経年の劣化や破損で壊れていたら、
Linux系のOSからでも正常に開けない場合もよくあります。




そのような場合には、そのPC本体に搭載されているハードディスクドライブを、
正常に動く他のPCに一時的に増設する形で入れ替えて開く方法もあります。


PCケースからの取り外し



HDDの取り外し

まずは外側のコネクタに差し込んであるすべてのコンセントやコードを外して、
ドライバーで螺子を外してPCケースを空けます。

念のためどこかの重要なコードや止め具が外れていないか一通り点検します。

次に、もう一台予備のパソコンをお持ちなら そちらもケースのカバーを空けて、
内部を確認します。

ここで、両方の本体に付いているHDDに差し込まれているケーブルの形状や
コネクタの形が同じタイプ、それとも違うタイプであるかを確認して下さい。

(サイズが2.5インチか、3.5インチか、またはSSDか、マザーボードのどの部分に
 どのようなコネクタの形状で接続されているか、方式は何であるか、など。)

両方が全く同じであれば交換が簡単に行えるのですが、もし購入したメーカーが
それぞれ別の企業製のPCで差込口などが大きく違っていたら、少し面倒なのですが
マザーボードのコードを一時的に入れ替え、など手間取る作業が必要な事もあります。

もし同じメーカー製のデスクトップパソコンを更に他にもお持ちでしたら、
そちらの本体の方と交換した方が楽にHDDの一時的な換装の作業が行えます。

ドライバーで止め具の螺子を外して、HDDを固定するステンレスのカバーからも取り外し、
同じようにして外したもう一台のパソコンのハードディスクと入れ替えして取り付けます。


そしてそのパソコンの電源を起動して、そのPCに最初から搭載されている
WindowsやMac OS Xを開きます。
そのままUSB外付けHDDなどの外部記憶メディアを接続して、
内蔵ドライブ内で必要なデータのバックアップを行ってください。

しかしパソコン本体の交換作業をしてもやはりWindowsが開かない場合は、
一度、他の正常なパソコンを開いてインターネットに接続してから
UbuntuのOSをCD-RかUSBメモリに焼いて、書き込む必要があります。

(UbuntuのOSをセットアップして起動し、データを回収する手順の解説はこちら。)
http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-684.html

そして、そのHDDでUbuntuを無事に起動できたら、外付けハードディスクなどの
USBメディアに、必要なファイルやソフトウェアをコピー&ペーストして移行し、
すべてのデータの回収が完了したらシャットダウンして終了です。

後はまたPCケースを横にして、入れ替えたハードディスクを交換して元に戻します。


ですが、もしもBIOSが破損していたりHDD自体が物理的に壊れていたら
UbuntuやKnoppixなどの別のOSも開けず読み込み自体が不可能になります。

その場合には壊れたハードディスクをPCから取り外して、専門のデータ復旧サービスで
診てもらって、データを抽出してほかの記録装置に移行してもらう必要があります。

 






Linux・Ubuntu OS | ubuntu
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-842.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.