データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【読み込みを軽くするために記録メモリのデータを整理】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


読み込みを軽くするために記録メモリのデータを整理
デジタルカメラやデジタルビデオカメラ、ノートブック型パソコンなどの
写真・動画撮影のためのレンズ機能が付いている電子機器で写真を撮って、
あとでUSBケーブルでパソコンに同期して接続した時、
異常に読み込みが重くてなかなかフォルダが開かない、といった事はありませんか?

最近のデジカメに使われているSDHCメモリーカードやコンパクトフラッシュ、
内蔵フラッシュメモリは、数十GBもの大容量での保存が可能で、
jpegやpngなどの写真画像ファイルをはじめ、あらゆるデータの大量保存ができます。

もちろん非常にたくさんの写真が撮れたり、多くのアプリケーションやファイルを
ダウンロードして保存できたりと、とても便利でなのですが、
使っていくうちに一つのフォルダ内に何百何千と大量にファイルが増える事もあります。

特に写真を保存しているフォルダを、PCから同期して専門のソフトウェアを使わずに
大容量の保管先専用フォルダを開く時などに、
一枚一枚が重い写真の画像を一度に何千、とフォルダでプレビュー表示すると、
読み込みして開けるまでに数分~10分以上かかってしまいます。

CPUやメモリの性能が低いパソコンで読み込もうとすると特に重くなりやすく、
時間がかかりやすいだけでなく、読み込みエラーで開けない事もあります。

また、外部記憶メディアと本体、コンピューターにも若干負担が掛かりやすいです。




過去ファイルの整頓


なので、定期的にすべてのデータをチェックして、撮影に失敗した画像や
不要になったファイルは順に削除していくと、ある程度減らして整理ができます。

また必要な分も別の記憶カードかハードディスク内にバックアップを撮って、
デジタルカメラの本体やメモリーカードに大量に保存している分は一括で消去して、
空き容量を大きく空けると、再び一気に読み込みを軽くすることができます。

今までに撮った思い出の写真をUSBケーブルによるアクセスを通して
お使いのパソコン本体のハードディスクの新規フォルダーに移行したり、
デジタルビデオカメラなどの機器でいつでも見れる事も大変便利です。

また、メールやアプリケーションも数多くあるとやはり助かりますね。


ですが今までのファイルを全部そのまま取っておくと、特に見たいものや
よく使うものを開く時に、一覧から探したりスクロールして見なければならず、
時間がかかって面倒になってしまいます。

なので、よく見たいものだけ残して、あまり見ないものだけを本体から消去して
時々、整理整頓をすると、日々の操作も大分楽になります。

その際、何百、何千というたくさんのファイルやソフトウェアを一個ずつ見て
削除していく作業なので、間違えて必要なものまで消してしまうミスをしてしまう
可能性が高いので、必ず先にバックアップしてから整理を行うように注意してください。

 






メモリーカード | スマートフォン
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-836.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.