データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【モニタがひび割れて映らないデジカメの写真を復旧】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


モニタがひび割れて映らないデジカメの写真を復旧
デジタルカメラの裏側には、カメラ本体のファインダーに映っている
写真のファイルとなる画像を覗き込んで確認したり、撮影した写真を閲覧したり
カメラの設定モードを変更するために見る『液晶モニター』の画面があります。

このモニタ画面は上記の通り様々な事に使う非常に大事な部品なのですが、
長く使用しているうちに、ふとした事で強い衝撃を受けると液晶にヒビが入って
レンズが割れてしまい、映像が一部もしくは全部が見えなくなる事があります。

液晶レンズが割れる主な原因
  • 固い床に落とした。
  • ポケットの中で何かにぶつけた。
  • 座った時に強く圧迫してしまった。
  • 足で踏んでしまった。
  • 肩に下げている時何かに当ててしまった。


近年の一眼レフカメラなら、液晶モニタを回転させて本体に閉じる仕様なので
表側のカバー部分で使わない時はまだ保護する事が出来ます。

しかし、コンパクトサイズのデジタルカメラの製品の場合、本体裏側などに付いた
閲覧用の照準合わせのレンズやモニター画面が常にむき出しになっているため、
外部からのダメージを受けやすい点もあります。

モニタが割れて壊れたカメラ

上の写真のように表面のモニタまたはその奥にあるパネルや電子機能にヒビが入ると、
電源を入れてもほとんど画面に映像が映らず、真っ黒な状態になってしまいます。




ですが、このモニタが壊れて映らないだけなら一応、まだデジタルカメラの機能自体は
大抵はふつうに動くので、写真や動画を撮ったりファイルを保存する事はできます。

しかしファインダーが見えないのでどのように画面が映っているか確認できないため、
撮影した被写体が多少ずれて映っているかもしれません。

モニタが割れるまでに撮影した写真画像のファイルなのですが、
これらはデジカメを普段どおりUSBケーブルをコネクタに差してパソコンに接続して、
PCからデバイスを通じてSDメモリーカードやxDピクチャーカードなどのメモリーカードか
または本体の内蔵フラッシュメモリを読み込んでみましょう。

デジカメの中身までが故障していなければいつも通りにメモリーのフォルダを読み込めるので、
マイピクチャなどに新しいフォルダを作成して、コピーして写真を回収しましょう。

デジタルカメラが正常にパソコンに外部デバイスとして認識されて、
WindowsのエクスプローラーやMac OS XのFinderに表示できればデータの救出が可能です。


大事な写真ファイルがバックアップできたらその後、画像を削除して接続を外します。

メモリーカードもカメラ本体から引き抜いて、故障したカメラをメーカーのサポートか
近くの修理サービスに出して、修復して直してもらえるか問い合わせをされてみてください。

モニタにひびが入るのをある程度防ぐためには、別売の破損防止フィルターを買って、
薄く透明なフィルターを貼ると、ある程度の衝撃をガードできます。

また一眼レフカメラのレンズ部分にも別売の保護用レンズを取り付けられます。

しかし、もしも相当に強い衝撃を受けてしまいカメラの内部機能まで壊れて
本体内蔵メモリが読み込めなくなったり、メモリーカードが取り出せなくなったら
カメラの修理サービスまたはデータの復旧サービスに注文をする必要も出てくる事があります。

 






デジタルカメラの写真画像 | レンズの話
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-835.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.