データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ファイル名が長いと移動や削除ができない?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ファイル名が長いと移動や削除ができない?
パソコンをはじめとするあらゆるコンピューターのシステム上で取り扱う
「ファイル」(File)というデーターは、見る人、PCともに、判別のため全てに
『名前』を付けるのが必須になります。

ファイル名は基本的には半角英数字で付けます。また大文字で付けた名前でも
通常での使い方やインターネットへのアップロード等は問題ありません。

ひらがなやカタカナ、漢字でファイル名を書いて保存する事も出来るのですが、
一部のアプリケーションソフトで開けなくなったり、サイトにアップロードが
出来なくなる場合もあり、またOSに重要なファイルの名称を書きき直してしまうと
システムに障害が出てしまう場合もあります。

なので基本としては半角英数字で名前を付けるようにするのが確実です。

しかし、ファイル名を何十文字~百文字以上とやたら長く表記して保存すると、
別のフォルダや外部記憶ディスクに移動する時に

ファイルまたはフォルダの移動エラー
「~ を移動できません。指定されたファイル名は、無効または長すぎます。
別の名前を指定してください。」

というエラーメッセージが出て失敗する場合があります。




【英数字の入れ方】

WindowsXP以降の近年のOSならある程度のロングファイルネームに対応しています。

その限度の文字数は半角英数字で255文字、日本語の全角文字で127文字です。

なのでその文字数を越える名称を付けてはいけません。また実際にはそれより
短くてもエラーが出てきます。(ファイル名+フォルダ名で半角255字を越えるため。)

なお、Windows XPや7より大分前のOSやMS-DOSのパソコンの場合は最大で半角8文字が
限度だったりと、ずっと短い制限のために移動や削除が出来ない事もあります。

データの読み込み速度などにも若干影響が出かねないため、ファイルの名称は
なるべく短く、わかりやすく付けていくのがベストです。

また、インターネット上にアップロードする予定のファイルなら、なるべく
その画像や映像、文書の内容にちなんだ名称を英単語やローマ字読み、数字に
ちなんで名前を付けた方が、ご自身にもユーザーにも分かりやすくできます。

 






ファイルの破損・エラー | コンピュータ関連
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-832.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.